« リセットはまだ!?、ソイルの入れ替え・・・ | トップページ | 門司港レトロの、『2011門司港レトロカーミーティング』・・・ »

我が家のエーハイムフィルター、清掃中・・・

夏が過ぎ、涼しくなって来たのでフィルターの掃除をボチボチ始めました・・・happy01

我が家のフィルターは殆どがエーハイム・クラシックフィルターです。
(サイドバーのカテゴリー、”フィルター”の項目をクリックして頂けると更に詳しく掲載しています)

先週、先々週と2週に渡って掃除したのが、30㎝キューブのこのフィルター・・・down
F2
先々週は右側の2213サブフィルターを掃除、サブフィルターの掃除から1週置いた先週は左の2211メインフィルターを掃除しました。
B1_2

ビーは主に30キューブで飼育していますが、この夏は調子を崩すことなく、フィルターの掃除後も急変を起さず無事に経過している様です。
ちなみに、この水槽は以前はこれらのフィルター以外にもエアーリフト式のスポンジフィルターを水槽内に設置してましたが、水槽内のレイアウトがしにくいのでさすがに撤去しましたcoldsweats01



そして、今日の掃除はこれ・・・40cm水槽用のフィルターですdown
F3
右側の2213サブフィルターは、上の30キューブ用の2211と一緒に先週に掃除してあります。
それから1週置いた今日は左の2211メインフィルターを掃除です・・・
ちなみに左端は30cm、40cm、60cm各水槽にCO2添加しているミドボンです。

簡単に掃除の画像でも・・・down
F4
ダブルタップを傷めない様に注意して取り外し・・・
気をつけないとダブルタップは、レバーをはじめ割れ易く、気がつかないで接続すると水漏れって事も・・・coldsweats01

やはりそれなりに汚れてますね・・・^^;

F5
掃除の際は、抜き取った飼育水で濾材は洗った方が良いとは言いますが、飼育水が水槽から抜けない時には、私は水道水をカルキ抜きした水で平気で洗ってます。
F6
但し、カルキ抜きした水道水の使用でも、この時期は水温がまだ低くないのでそのままですが、冬場の水温が下がった時にはカルキ抜きしている水道水とはいえ、かなりの低水温なので温度調整した水を使用しています。
水温の急変がバクテリアにどれだけのダメージを与えるかは知りませんが、一応配慮してます・・・

そしてセットし直して終了・・・down

F7
下から、リング濾材~粗目パッド~リング濾材~ウール、です。
我が家の濾材とパッドの構成は、真ん中の濾材がリングやサブストに変わっても、一番下がリング、その上の粗目パッドはどのフィルターも最近は同じです。
一番上のウールは、細目パッドでは目詰まりして消耗品みたいなものなので、ウールを手でちぎって薄めに敷いています。
そして、上蓋のOリング部とダブルタップのコック内には水漏れ防止と動きを良くする為にエーハイムのワセリンを塗っています。
ホースと器具の各接続部をチェックして水槽にセット、水を廻し始めたら数時間は水漏れが無いか定期的に目をやる事も必要です。
私は、セットした直後に長時間家を空ける事が無い時に掃除するようには心掛けてます。

来週からは、気が向いたら下の60cm用のフィルターの掃除でもしてみようかと・・・
F1
左側の2基がエーハイム2213メインフィルター(コンテナ無し濾材固定盤仕様)、右端が2215サブフィルターで真ん中の2213に連結しています。
もともとエーハイム500が2基でしたが、今では2213に変更し500は予備として今は使用していません。

我が家のエーハイムフィルターは以上ですが、新品で購入したのは2211が1基と、使用していないエーハイム500のみで、後のメイン・サブフィルターに使用している各2213、2215の6基は中古品で、ショップに状態の良い物が出た時に購入しました。(ある意味ショップ泣かせ?^^;)
出来るだけコストを抑える為ですが、使用に当たっては有難い事に全く問題なく稼働しています。happy01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ

|

« リセットはまだ!?、ソイルの入れ替え・・・ | トップページ | 門司港レトロの、『2011門司港レトロカーミーティング』・・・ »

フィルター」カテゴリの記事

コメント

ゾフィさん、はじめまして!
フィルターと苔のキーワードでこちらに辿り着きました。現在、EF-500が1台で60cmの水槽に熱帯魚沢山入れてます(笑)最近ろ過能力が落ちたのか苔に悩まされています。勿論フィルターの掃除、水槽の掃除、水換えは行っています。そこでサブフィルターの増設を考えており、ご質問があります。
・サブフィルター増設でろ過能力はあがりますか?
・サブで物理ろ過、メインで生物ろ過を考えています。考え方は大丈夫ですか?
・新たにEF-500追加し、インペラーなしでサブとして利用します。考え方は大丈夫ですか?
インペラー等の部品は予備品としてストックします。

心配なのはEF-500のメインがちゃんと機能するかです。特にモーターのトルク。

いきなり長文失礼しました。ご教授頂ければ幸いです。

投稿: マイティ | 2016年1月14日 (木) 14時07分

☆マイティさん、はじめまして^^
久々にアクアの方からのコメントで嬉しいですね~

”2213”であれ”EF-500”であれ、サブフィルターとして充分使用出来ますよ。
その時はインペラを廻す必要がないので取り去って予備品として保管した方が仰る通り良い方法だと思います。
EF-500メインで同じ容量の”EF-500”1本をサブで使用する事は問題ないと思います。
メーカーは推奨してなかったと思いますが私の場合
2211メイン~2213サブ
2213メイン~2215サブ
と言ったようにサブフィルターをメインフィルターよりワンランク大きいものを使用してましたが問題なく作動してました。
但しメーカーはメインフィルターより小さい容量のサブフィルターしか推奨してないと思いますので自己責任で・・・^^;
ただ今回のお話は同じ容量の物なので問題ないかと・・・^^

外部フィルターはサイフォンの原理を利用してるので、一度水面から落ちた水はモーター等の外部の力を借りずとも自然と水面と同じ高さまでは上がる事になります。
それはサブフィルターを何本にしても同じです。インペラを廻すのは極端な話し水面からシャワーパイプに上げる距離を上げるやるだけと言う事になります。
しかしながら、ご存知のようにフィルター内に濾材やフィルターパット等があるので当然負荷が掛かる事になり吐出量が落ちることになりますので追加するサブフィルターの数や容量はメインフィルターをどのくらいのサイズにするかということになります。
問題はサブフィルターの中の濾材の選定で、物理濾過を強化しようとするあまり、ウール類などを多く詰めない事です。ウールを厚く入れると目詰まりした時の負荷はかなり上がり水量が極端に落ちる危険性があります。
私の場合はフィルターの一番上に薄くウールを敷いてましたが負荷が掛かり水量が落ちない様に荒目のフィルターパットやリング濾材を多用してました。
勿論、フィルターの定期的な清掃は大事ですが清掃には注意も必要です。

参考までに・・・
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_260d.html

他にもカテゴリーから30、40、60、90cm各水槽の記事に入ると濾材を取り上げている記事もあると思います。

コケの要因は濾過不足もありますが、水槽にサイズに対して生体の数が過度に多くないか?
餌のやり過ぎ?
過度の水草の肥料?
過度の光量?照明時間は長くないか?
換水不足?
コケ対策用の生体、エビ、巻貝等、ネグロオトシン等を入れる。
全てが良くてもバランスを崩す時もあるので難しいですね・・・^^;
私もコケには悩まされました~~^^;

投稿: | 2016年1月14日 (木) 21時50分

ゾフィさん、ありがとうございます。
ここまで懇切丁寧に説明下さって、感謝感激です(^^)

早速EF-500で段取りに入りたいと思います。EF-500は付属品が多く、お買い得ですよね。
特にダブルタップが付いている点が嬉しいです。
サイフォンの原理は理解していたつもりでしたが、認識が変わりました。勉強になります。

もう一つ、ろ材についてです。よくネットで見かけるのですが、スポンジをカットして入れる様なことが書かれています。これは如何な感じでしょうか。なるべくコストを抑えたく思案中です。

最後にマイ水槽(60cm)ですが、
・生体:カラシン系30匹、グッピー8匹、コリドラス6匹、ヤマト4匹、
 サイアミーズフライングフォックス2匹、石巻貝8匹
・餌は最近2日に1回にしています。
・水草は入れていません。大きな流木が2本です。
・照明は夜の3~4時間位(ただ、リビングに設置で東に窓があります)
・換水は週1で1/4位(フィルターは放置気味で、最近では年末に掃除しました)

これからいくと、生体数が多すぎですかね(汗)

色々試行錯誤しながら、苔対策したいと思います。今後ともよろしくお願いします。
アクア系のブログ更新楽しみにしています。

投稿: マイティ | 2016年1月15日 (金) 17時05分

☆マイティさん、濾材ですがスポンジは古くから皆さん使用していますね!
私も検討した事がありますが使用した事はありません。
ただ、スポンジの選定ですが以前にカー用品の中に良いものがあると聞いたこともありますが、巷には化学的成分が表面に付着されている物もあるので注意が必要と聞いたことがある様な・・・?
アクアリウム用で販売されているものは問題ないかもしれませんね。
物理濾過能力は高そうですが物理能力が高いと言う事は目詰まりにも注意した方が良さそうです。
私はリング濾材とウールマット、荒目フィルターパットでやり過ごしてました。

生体の数は、60cm水槽と考えれば多いい気もしますね・・・
餌は一度に多くのエサを上げなければもう少し回数を増やしても良い気がします。
フライングフォックスは大きくなるので要注意です・・・それにあまり苔を食べないみたいです
私のお勧めはオトシンクルス・ネグロです。丈夫ですし長生き!地道に仕事してますし多く入れても問題ありません。
水草は入れた方が水槽内の環境のバランスが良くなると思います。底床が何だかわかりませんが水草を挿せなくとも佗び草の様なタイプもありますよ~
夜間の照明ならもう少し長くとも問題ない気もします。私は四季に応じて照射時間を変えてました。
日中の水槽への光の入り込みは水槽の設置場所を光が当たらない場所にするか、それが出来ないのであれば光が差し込む方向だけプラダンの様な板を水槽の壁面に当てて防いでました。
換水は水槽内の状態や、季節に応じて試行錯誤で自分なりのパターンを得るしかないかもしれません。
日頃から水槽内をよく観察し、飼育水の状態を見てれば何気に判る時もありますよ~
因みに・・・バクテリアってフィルター内の濾材だけでなく底床にも流木にも飼育水にも根付いてます。水槽内全体が一つの生態系でありバクテリアが巣食っていると考え水槽内の環境を考えたら良いかもしれません。
でも・・・それが・・・難しいんですけどね~
偉そうに書きましたが私もバランスを崩してコケまみれにした事が何度もあります・・・^^;

投稿: ゾフィ | 2016年1月15日 (金) 20時59分

ゾフィさん、こんにちは。
スポンジの件、一度チャレンジしてみます。
やはり、生体が多いですか・・・(汗)ここからオトシンクルス・ネグロを追加となるともっと窮屈になりそうですね~(涙)でも、働き者なら前向きに検討します。
水草は奥が深そうで、中々踏ん切りが付かずにいます。初心者でも大丈夫そうなのはありますか。因みに底床は大磯砂です。

水槽内の環境、バランス、注意深く観察していきます。これからもお邪魔じゃなければ色々相談させて下さい。

あっ、今朝EF-500をポチっとしちゃいました。到着が楽しみです(^^)

投稿: マイティ | 2016年1月16日 (土) 11時27分

☆マイティさん、オトシンネグロは大きさも小さく餌も殆ど必要としないので、増えたところでそれ程影響のない魚だと思います。
それよりも他の遊泳漁が多い気がしないでもありません・・・
ただ、濾過が効いてれば何とかなるかもしれませんね
私が60cmレギュラー水槽を維持してた時は、メインフィルター+サブフィルターの組み合わせを2セットで廻してました。
この時は生体がレッド・ビーだったのでかなり濾過を強化した仕様でした。
そこまでしなくとも良いかもしれませんが、調子は良かったですよ~
大磯で水草を育てるなら簡単なのは陰性の水草で活着性のあるアヌビアスやミクロソリウム、ボルビティス等なら流木や石に巻くだけですし、肥料分や光量をあそれ程必要としません。
有茎種は大磯では難しいですが、侘び草なら入れるだけでそれなりに育つのでお勧めです。
今も流木がある様ですが、アヌビアスやミクロソリウム等の水草を巻いてやれば生体も落ち着くと思いますよ~
水草の育成になるとこだわってくるとそれなりに揃えるものも増えて来ます。
水槽の設備って金銭的にも掛かりますし、私は時間を掛けて少しづつ増やしました。
楽しんでいればきっとその内いろいろと充実してきますよ~^^

投稿: ゾフィ | 2016年1月16日 (土) 18時38分

ゾフィさん、こんばんは。
日曜日の夕方に到着したEF-500を今やっとセッティング終了しました。水流は1台の時とほとんど変わらないです。若干インペラーの音が増したかな〜って感じです。これも落ち着いたら無くなりますかね。サブにはエーハイムメック+スポンジ+リン酸除去剤を入れてみました。これでしばらく様子を見てみます。水草も挑戦していきますね。ありがとうございました。

投稿: マイティ | 2016年1月18日 (月) 00時32分

☆マイティさん、セッティングお疲れ様です。^^
インペラの音はサブフィルターのせいではないと思います。
多分、その内静かになるのではないでしょうか・・・
エア噛みならフィルターを少し揺するか、ダブルタップを閉じたり開けたりを繰り返しエア噛みを取る方法もありますが、あまり深く気にしない方が良いかもですね・・・
リン酸除去剤ってあるんですね~勉強になりました。
これで少しは改善されるといいですね!


投稿: ゾフィ | 2016年1月18日 (月) 21時32分

ゾフィさん、こんばんは。
ゾフィさんでも知らない事があるんですね(^^)苔の原因の一つとしてリン酸を疑ったので入れてみました。また、早速水草をセッティングしました(笑)ミクロソリウム、アヌビアスナナ、ウィローモスを流木に結びつけました。上手く活着欲しいです。水質も含めて今後が楽しみです。サイアミーズフライングフォックスがウィローモスをつついているのが気になりますが…(笑)

投稿: マイティ | 2016年1月18日 (月) 23時50分

☆マイティさん、こんばんは!
私も多くはありませんが添加剤は使用した事がありますがリン酸塩を低下させる物は無かったです。
ミクロソリウムやアヌビアスは光量が少なめでも育つので良い感じに育つといいですね
モスは光量がなくとも育ちはしますが実は光量が強い方が綺麗に育つタイプも多く様子を見てみるお良いと思います。
でも・・・サイアミ―のエサになるこもですね・・・^^;

投稿: ゾフィ | 2016年1月19日 (火) 19時47分

ゾフィーさん、こんにちは。
水槽セッティングから1週間。今の所快適です(^^)アドバイスありがとうございました。さて、自分も記録に残そうと思い、blogを立ち上げました。良かったら見て行って下さい。ゾフィーさんのblogのリンクをはらせて貰って良いですか?これからもよろしくお願いします。

投稿: マイティ | 2016年1月23日 (土) 10時21分

☆マイティさん、調子が良さそうでなによりです。
でも、継続してじっくり様子を見た方が良いかもですね。

リンクの件、宜しくお願い致します。
こちらもリンク貼らせて頂きますんね^^

投稿: ゾフィ | 2016年1月23日 (土) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/53002783

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のエーハイムフィルター、清掃中・・・:

« リセットはまだ!?、ソイルの入れ替え・・・ | トップページ | 門司港レトロの、『2011門司港レトロカーミーティング』・・・ »