« ブログ開設8年目に突入、アクセス数100万に・・・ありがとうございます^^ | トップページ | 今日も早朝ツーリング・・・ »

”アプリリア・RS125”の排気バルブのメンテナンス用パーツの手配・・・

”アプリリア・RS125”は2ストロークバイクです・・・・
Yy

自分が乗ってるRS125のエンジンは、オーストリア・ロータックス社製ROTAX122クランクケースリードバルブ・・・(その他テクニカルデータの詳細はまた後日・・・)

2ストローク(2サイクル)エンジン・・・4ストロークエンジンと比較しメンテナンスが大変なようで、そのメンテナンスの一覧表は・・・↓↓↓(自分が手に入れたもので正規のものではないと思いますので参考にするのであれば自己責任で・・・)
E11
①点検。必要な場合は清掃・調整・潤滑・交換など。
②清掃
③交換
④調整
以上の様に事細かく記載されていますが、その中で排気バルブ関係の項目・・・
排気デバイス制御装置は8000キロまたは24ヶ月毎の調整・・・
排気バルブは4000キロまたは12ヶ月毎に清掃・調整となっています。

そして、今現在の走行距離は6,200キロを超え一度も排気バルブを点検していません・・・^^;

そして、その排気バルブは・・・↓↓↓
Table_45rs125

上記はシリンダと排気バルブの構造ですが、青く囲った部分が排気バルブの詳細です。
青→の部分に2本のキュップスクリューでこの排気バルブが取り付けられています。

この排気バルブ・・・その名の通りエンジンの排気側チャンバーへ繋がる位置に取り付けられていて、ソレノイドバルブを介しCDIで制御され回転数に応じて開いたり閉じたりしている様です。
そのおかげで高回転8000rpm前後からの急激な?加速を得てますが、排気側にある都合上、どうしても排気煙による汚れが生じてきます。
ただ、これが常日頃の走り方により違ってくるようで、エンジンの性質上、2ストオイルを含んだ混合ガスを低回転でくすぶらせて走るより、パワーバンド辺りの高回転域を使用して走行している方が綺麗に燃焼しバルブ自体比較的汚れにくくなる場合もあるそうです。
その点を考慮すると、乗り方によっては4000キロで清掃が必要な場合もあれば、4000キロ以上でも問題ない場合もあり、他の要因として使用している2ストエンジン用オイルとの相性も?・・・

ともあれ・・・一度取り外し、見てみない事には今の2ストオイルとの相性や、今の乗り方でどうなのか?等々よく判らないと言う事ですね!^^

今現在、自分のバイクは走っていて排気バルブの汚れによる引っ掛かり等も感じずスムーズに回ってる様な気もしますが、輸入バイクなだけに直ぐにパーツ等が手に入らない場合が予想されますので、何時メンテナンスが生じてもいい様に交換が必要そうなパーツを準備してみました。

注文手配した部品・・・

Oリング13(3×2.4) パーツNO.AP0230880(図中・部品No.5) 
購入価格¥1,000(税抜)
E2
 E5


バルブステムシール パーツNO.AP0230810(図中・部品No.6)
購入価格 ¥1,300(税抜)
E3
E4


ガスケット0.8    パーツNO.AP0250975  (図中・部品No.7)
購入価格 ¥690(税抜)
 E6
E7

取り敢えず排気バルブを外した場合、部品交換が必要そうなこの3点をバイクを購入したショップさんにお願いしました。
ショップさんで国内在庫が無い場合はイタリア発注になり・なる?、そうなれば1ヶ月近く?それ以上??掛かるやもと思いましたが・・・・この部分・・・やはり交換頻度が高いのかショップでの”国内在庫有り!”で1週間も掛からず手元へ・・・よかったです!^^

でも・・・、購入したショップさんに排気バルブ辺りの交換が必要な部品を調べて欲しいと、この少し前からお願いしたてたのですが、私の住むエリアではRS125が出てないのか”パーツNo.がよく判らない・・・ムニョムニョ??”的な事を・・・^^;
しかも・・・”マニュアルに依れば排気バルブのメンテナンスが必要な距離のようですが・・・”と言っても”そうなんですか??”とあまり今すぐ取り合う気のない的な雰囲気だったので、後日、自分で図面とアプリリアの正規パーツNo.を調べ、簡単ですがリストを書いて手配をお願すると”社内のパソコンでパーツNo.を入力したところ、端末が受け入れたようなので取り扱いは大丈夫なようです”・・・と言う事で直ぐに手配!、この度の入荷と相成りました~^^;、(それならすぐに調べてくれよ~とも思いましたが、そこは大人の対応・・・ぐ~とこらえます・・・)

国産バイク・輸入バイクでも取扱頻度が高いバイクならそんな事は無いのでしょうが、地方では流通が少ないマイナー?なバイクではこれからもこんな苦労するのでしょうかね~~^^;
それに、ショップで分解・清掃した場合は費用どのくらい考えればいいですか?との問いにも・・・”手順がよく判らないし、端末データを調べても価格が出てこないので何とも言えません・・・”的な事でした・・・・^^; 
(販売したんだからもう少し真剣になってよ!・・・とも思いましたが、ここもグ~こらえて大人の対応・・・^^;)

タンクを外し、バッテリーを外し、クーラントのリザーブタンクを外せば排気バルブを外すことが出来るようですが・・・と説明しても・・・??でした。
上の分解図を見せ、作業スペースや工具、メンテナンスに慣れた方だと1時間ぐらい、掛かっても2時間くらいでは?と話してみましたが、このショップでは作業工賃が”外車だと時間当たり¥10,000です”と言われ(国産車だと7,000?8,000だったかな?)、”これでも他のショップよりは安いと思いわれます”と言われ・・・
それなら・・・”やっぱり自分で何とかするか~”と心に決めました^^;

バイクのメンテナンス・・・開けてみないとはっきりした事は判らない・言えない!!って事も判りますが、もう少し何とかならないものか・・・予算が無い貧〇人だけに強く言えないのが辛いです・・・^^;

そして・・・先日、タンクを起こして排気バルブ辺りをチェックしてみると・・・取り付けボルト自体は錆も出ず状態は良さそうで、外すものそれ程苦にならない様子でしたが・・・・
排気バルブとそれを繋ぐワイヤーを覆うゴムキャップ(図中No.10)が破損しているのを確認・・・
一部亀裂が入ってました・・・^^;
その為、再度ショップさんに部品の手配を依頼・・・これも、在庫があったみたいで1週間で入荷しました。(やっぱり、よく交換するんだね・・・きっと・・・^^;)

ラバーキャップ    パーツNO.AP0860460  (図中・部品No.10)
購入価格 ¥2,100(税抜)
E1

一度確認しといて良かったです、この部分は分解しないと付けれないので、掃除しても後日・再度分解って事になりますから・・・・^^;

ともあれ・・・これで分解する上での部品の準備は出来ました・・・・
後は・・・タールまみれのバルブの清掃用にキャブレタークリーナーでも用意すれば時間さえあれば実行に移せそうです

ただ、屋外の露天での作業になるので、天気の良い、ゆっくり時間が取れる休日に実行ですね・・・・ゴールデンウィークが終わる頃までには何とか・・・^^

それにしても・・・最近週末の天気が不安定で、クラッチワイヤー、アクセルワイヤーの調整後、パワーバンドに長時間入れて走っていません・・・ストレス溜るな~~^^;
思いっきり走りたい・・・です!

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« ブログ開設8年目に突入、アクセス数100万に・・・ありがとうございます^^ | トップページ | 今日も早朝ツーリング・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/59424423

この記事へのトラックバック一覧です: ”アプリリア・RS125”の排気バルブのメンテナンス用パーツの手配・・・:

« ブログ開設8年目に突入、アクセス数100万に・・・ありがとうございます^^ | トップページ | 今日も早朝ツーリング・・・ »