« ゴールデンウィーク明けの朝ツー・・・ | トップページ | ブレーキペダルの調整・・・ »

”アプリリア・RS125”、エアーフィルターの清掃・・・

去年の10月初めに購入した、”アプリリア・RS125”・・・

因みに納車前の画像・・・↓
A2
今年の3月で6ヶ月経過し、ショップの保証期間も終わりました。この後は不具合が出れば有償の修理になります。
125ccとは言え、外車と言うだけで国産車より割高な修理代に部品代・・・少しでも経費節減出来ればと思い、難しい事が出来るスキルはありませんが、最小限自分で出来そうなメンテナンスは手を出してみようかと、少しずつですが春先から行って来ました。


おさらいに・・・4月からの行ったメンテナンス・・・
 
 

  4月1日・・・アクセルワイヤーとクラッチケーブルの調整(購入後初)
    http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-d3af.html


  4月20日・・・ギアオイルの交換(購入後3回目)
    http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-6625.html 
O98

  4月29日・・・排気バルブの清掃(購入後初) 
    http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-da8e.html
D917


そして、今回は購入後初めて実施する”湿式エアーフィルター”の清掃です・・・・
因みに、アプリリアのメンテナンス表では、4000キロで清掃・8000キロで交換となっています。

エアーフィルターの清掃はバイク購入当初、キャブレターの調子が悪い時にショップさんでフィルターチェックをした所、切れ掛かってた上に、汚れがひどかった事で無償で交換してくれましたが(ODO:2000~2200キロ?)、その後は手を付けていませんでした。

購入時1800キロ(中古)だった”RS”も、今現在の走行距離は7600キロを超えてます、その時からだと(エアーフィルタをショップで換えた2000~2200キロ)5000キロ強は走ってる事になりますから、メンテナンス表から言えば清掃時期を過ぎてます・・・・^^;


≪作業手順≫ (作業日2014年05月11日、走行距離は7600キロ)

  1、 ガソリンタンクを起こし燃料パイプ・燃料残量警告灯コネクターを外す
     そして、ガソリンタンクの取り外し・・・(タンクが傷付かない様に養生)
  2、 エアーフィルターケース(蓋)・スポンジフィルターの取り外し・・・
  3、 フィルターケースの清掃
  4、 スポンジフィルターの洗浄・2ストオイルの塗布・・・
  5、 スポンジフィルター及びフィルターケース(蓋)の取り付け
  6、 組み付け・・・各配線・ホースの接続し復帰、その後ガソリンタンク取付・・・・
  7、 エンジン始動、出来れば試運転・・・

まずはガソリンタンク取り外し・・・
E1

ガソリンタンク固定ボルトを外します・・・シートも外しておいた方がいいでしょう・・・
E2

タンクをお起こし・・・
E3

中はこんな感じ・・・
E5

燃料ホース2本の取り外し・・・、
E6

燃料残量警告灯のセンサーの端子を外します・・・
E7

タンクのヒンジ部分のボルトを外し・・・
E8


タンク下から車体の下に垂らしているホースが2本あるので、タンクの取り外しと共に直ぐに抜ける程度まで引き抜いときます。
タンク下側の取り回し状況・・・↓
E91
その下、車体下の取り回し状況・・・↓
E9
今日もタンク内のガソリン残量は3.0L以下にしてあるので、安心して外せます・・・
外したタンクは柔らかい物の上に置き・・・(ここではバイクカバーの上に)
E92

傷か付かない様に上にも何かカバーなりを・・・
E93
ちょっとスマートではないかもしれませんが、大き目の古いバスタオル等で覆ってます。

タンクを取り外した様子・・・
E94
左から、バッテリー、クーランとリザーブタンク、エンジンのヘッド部分、フィルターケース、2ストオイルタンク・・・が見えます。

ここまでは・・・排気バルブを掃除した時の手順と同じです。2回目ともなると幾分手馴れてきたかな~^^

先に進み・・・フィルターケースをアップ・・・
E95_2

蓋を取り外すには、青〇の部分にある4ヶ所のボルトを緩めます。
E1111
スパナで緩めたいところですが・・・奥まったところにボルトがあり、スパナが入りそうな状態ではありません・・・薄肉のボックスレンチでも差込み、更にエクステンションバーで延長しないと掛けれそうにありません・・・^^;

シート側(2ストオイルタンク側)の2本・・・
E96_2
青のボルトは、相手側に雌ネジが切ってあるブラケットが固定されているので外すだけで取れます。
しかし、黄色いボルトが曲者!・・・
E98_2
ボルトの下側(裏側)は廻り止め機構が着いたナイロンナットで受けてます。依って、ボルトを緩めてもナイロンナット側をスパナで固定しないと空回りして緩みませんが、横からスパナを差し入れるスペースがありません・・・^^;
言葉では表しにくいのですが、車体の下側からスパナを縦方向に差し入れ、ナットを縦にかすかに挟み固定し、なんとかボルトを緩めました・・・^^;

これで何とかこちら側の2本を緩める事が出来ました・・・・締める時も大変そう^^;

反対側・・・エンジン側(キャブレター側)の2本・・・
E97_3
 赤いボルトは下側(裏側)は廻り止め機構が着いたナイロンナットで受けてます。
しかし、こちらのボルトは横から手が入りスパナを差し込めまから問題ありません。
 E991_2

緑のボルトは、相手側に雌ネジが切ってあるブラケットが固定されているので外すだけで取れますが・・・
E99_2
こちらもレンチを差し込むスペースが・・・・余りありません^^;
赤いテープを巻いた物は、メインハーネスですが、これは結束バンドでフレームに固定されてますが結束バンドを切るか、無理すればスペースが幾らかは出来ますから、薄肉のボックスレンチがあれば差込み外せます。

何とか4本のボルトを外し・・・
E993
カバーを撤去・・・

やっと今回掃除する”スポンジフィルター”とご対面・・・
E994
見えてる格子状のフィルターガードが、スポンジフィルターの上下にあり、スポンジフィルター本体を挟み込み、先程外した上のカバーの淵がフィルターガードを固定する構造の様です。

フィルターガード、及びフィルター本体を取り外し、ウェスでケース内部を掃除します。
E995
内部に見えているインテークホースの淵に、ほんの少しのオイルが付着していましたが、ケース内はそれ程の汚れも見当たらず・・・

スポンジフィルターを清掃する間、ゴミが入らない様に綺麗なウェスでカバーしときます。
E996

適量の灯油を用意し、スポンジフィルターを揉み洗いします。
E997
5000キロは走っているでしょうが、そんなに汚れていませんでした。状態は良さそう・・・

因みに洗った後の灯油の状態・・・
E1212


灯油で洗った後は、傷つけない様に絞りつつ、ウェス等でよく灯油をシミ出させ、灯油分を出来るだけ除去します・・・

2ストローク用エンジンオイルを染み込ませます・・・
E998
オイルは家に置いてあるオイルを使用・・・もともと、2ストバイクだしネ^^
適量のオイルを垂らし揉み揉みしながらスポンジ全体に染み込ませます。
オイルが多すぎても吸入時のストレスにもなるし、極端に少ないとスポンジが劣化し易くなるとか・・・・劣化するとボロボロに崩れたスポンジがキャブの中に紛れ込んだりするそうです。
実際の所、どの位が適量か判りませんが、適当に揉み込んで、ウェスで押さえ付けて余分なオイルを取りました。
E999
実際、フィルター表面を触ってもオイルが手に染みついてくる感じはないくらいにしましたが、それでいいのかどうかは・・・???です・・・これで一応洗浄作業は終わり・・・

因みに・・・フィルターのサイズを測っておきました。
  約・・・、135×125×15t(mm) 

真四角かと思いきや・・・目を疑いましたが、実際は緩い台形の形状でした。

フィルターの蓋と、フィルターガード見ればお判りかと・・・
E9992
上は、ケースに合わせてガードを手で固定してみましたが、左下を見るとかなり隙間が空いています。
右側もカバーよりガイドの方が下は少し外にはみ出し気味・・・

下は、上のフィルターガードを左右反対にした正規の位置・・・
E9991

左下がケースに対し少し隙間が空いている様に見えますが、上の方を見て判る様に私が少しずれて持ってしまっただけで、ほぼピッタリ・・・
右側もケースがガードを押さえる位置にピッタシです。

当然の事・・・スポンジフルターも左右の向きがあるのでケースに収める時は、向きに注意し、隙間がない事を確認します。

そして、・・・先程のケースを固定するの4本のボルトをどうにか締め付けて・・・
E9993
E9994

外す時と逆の手順で・・・フューエルホースの接続、燃料残量警告灯のセンサーの端子を接続・・・ガソリンタンクを固定し・・・清掃作業は終了です・・・

そして、セルを回しエンジンの始動を確認し、正常にアイドリングされる事を確認しました。

最後に・・・この日は天気は良かったのですが、強風が吹きすさんでました。
砂埃が舞い、屋外でエアーフィルターを掃除するにはかなり無理な条件の中での強行でしたが、初めての作業・・・何とか無事終わる事が出来きましたとさ・・・・・・^^



E1111
試走の方は・・・時間が取れず出来なかったのでそれはまた今度・・・^^
余り汚れていなかった様ですし、清掃による効果の程は感じられないかもしれませんが、作業に慣れる事が大事なので、それはまたそれで良しとして・・・
それにこの日の強風・・・、RS125”は、フルカウルの上に車重がないので、強い横風を受けるとまるで帆を張った船の様にあおられます・・・^^;、
昨日は朝ツーにも行けたし、こんな日は無理せず家族サービスします。。。

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« ゴールデンウィーク明けの朝ツー・・・ | トップページ | ブレーキペダルの調整・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/59627021

この記事へのトラックバック一覧です: ”アプリリア・RS125”、エアーフィルターの清掃・・・:

« ゴールデンウィーク明けの朝ツー・・・ | トップページ | ブレーキペダルの調整・・・ »