« 日本丸と海王丸の寄港・・・ | トップページ | いまだに雨続きですが・・・少しでも朝駆け・・・ »

”エアーフィルター”を交換しました。そしてプラグも交換し試走・・・・

”アプリリア・RS125”、中古車両・走行距離1800キロで購入しましたが、今現在の走行距離は1万キロを超えたので、エアーフィルターを交換してみました。

Ff1_2

”エアーフィルタ―”の、これまでのメンテナンスの履歴としては・・・
購入時にショップさんの方で、エアーフィルターを交換されています。
今年、2014年5月11日・・・走行距離7600キロでフィルター清掃
因って・・・メンテナンスとしては前回の清掃から約2500キロ、フィルターの交換は約8000キロで交換と言う事になります。

前回フィルター清掃時の詳細は・・・↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-1dea.html


この度、交換するに当たり使用するエアーフィルターは・・・down
F1
”デイトナ・ターボフィルター 標準品”
因みに・・・ターボフィルターにはフィルター自体の目の大きさが、”標準・細目・極細目”の3種類あるそうですが、この度は標準サイズの目の物を使用します。
シートの大きさもLサイズ・Sサイズの2種類ありますが、これはLサイズ(250×400mm・税抜2,800円)
このLサイズでは、RSのフィルターであれば最低でも2枚は取れるはず・・・


作業に入ります・・・手順は
  1、 ガソリンタンクを起こし燃料パイプ・燃料残量警告灯コネクターを外す
     そして、ガソリンタンクの取り外し・・・(タンクが傷付かない様に養生)
  2、 エアーフィルターケース(蓋)・スポンジフィルターの取り外し・・・
  3、 フィルターの採寸~ターボフィルターを所定のサイズにカット
  4、 2ストオイルの塗布・・・
  5、 フィルターケース内の清掃後、フィルター及びケース(蓋)の取り付け
  6、 組み付け・・・各配線・ホースの接続し復帰、その後ガソリンタンク取付・・・・
  7、 エンジン始動、出来れば試運転・・・
以上・・・

それでは作業に・・・ここからの作業は前回フィルターを清掃時にアップした時と同じですが、作業中の画像を残しておくと後々不具合が出て、振り返る必要があった時に画像でチェック出来るの利点があるのでアップします。

まずはガソリンタンクの取り外し・・・
F2
シートを取り外し、ガソリンタンクを起こします・・・

燃料残量計のコネクターを外し、2本のフューエルホースを外します。
F4
取り外した2本のホースは、復帰時には必ず同じ場所に挿します。

タンクを取り付けているヒンジのボルトナットを緩めます。
F3

タンクから出ている2本のドレンホース?を忘れずにタンクを取り外し易い場所まで抜いときます・・・
F5
シート下に廻って・・・

チャンバーの傍、車体下にまで這わされています、ある程度まで前もって抜いときます・・・
F6

後は、タンクを傷つけないように注意して取り外します・・・
F7
この後、傷対策用に厚手の布等で上から覆います。

シート、タンクを取り外した様子・・・
F0011

エアクリーナーボックス
F01
〇の4ヶ所のボルトを抜きます・・・

ボックスのカバーを取り外し・・・
Ff1

フィルターの上部・吸い込み側が見えてきます・・・
F9
この上をチェックしたところ、フィルターガードの隅、矢印の所に何やら転がっています・・・
eye
F001
何かの種子??、跳ね上げたものが吸い込み口から入ってのでしょうか?coldsweats01
その他にも、細い葉の切れ端の様なものも少しありました。


フィルターガードを取り除き・・・
F91

フィルター本体を取り除くと、下側のフィルターガードが見えます・・・F92
下側のフィルターガードには、フィルターに浸み込ませた2ストオイルが少し付いています。F93
前回清掃時に極力薄く染み込ませて、”少なすぎるかな~?”と思っていましたが、それでも結構オイルは付いてます。
付け過ぎるとボックスの下部に垂れてオイル溜りが出来る事があるそうですが(実際に、前回掃除した時には少し底に垂れていました)、そこまでない所を見ると、それなりに適量だったのかもしれません・・・

ボックスの中からキャブレターの吸い込み口を見て見ると・・・eye
F94
それでも、ボックスの底にはありませんでしたが、このダクトの中にはオイルらしい溜りが見えます・・・

フィルターをカットしていきます・・・
F95
フィルターガードを当ててカットしますが、ガードより3mmくらい大き目にカットしました。

F96
こんな感じ・・・

裏側はこんな感じ・・・down
F97

側面から見ると・・・
F98
ターボフィルターは2層になっていて、画像の上側の黒い部分が細い目になっていて、下側の黄色い方が荒い目になっています。
黄色い荒目の方はかなりスカスカです・・・

ターボフィルターと、これまで装着していた汎用のフィルターを重ねて比較してみます。down
F993
上がこれまでのフィルターで下がターボフィルターです。
厚みは汎用のフィルターが15mm、ターボフィルターは20mmですが、黒い細目の部分がターボフィルターは薄くなっていて吸入効率はかなり良くなる気がします。

試しに、日にかざして透かしてみると・・・
ターボフィルターの荒目の方から見るとこんな感じ・・・down
F99

ひっくり返し黒い細目のフィルター側から見ると・・・eye
F991
かなり透けて見えます・・・sweat01

汎用のフィルターをかざしてみると・・・
F992
全然、透けず日の光が見えません・・・sweat02
こうして比較してみると、ターボフィルターはかなりスカスカ?に感じます・・・
それだけ吸入する空気量が増えそうな気もします、2ストだけに燃調が薄くなり焼けつく事が無いか逆に心配になります・・・^^;

ターボフィルターはドライで使えますが、一応2ストオイルを手に取りフィルターに軽くすり込みます
F994

ボックス内を掃除して・・・
F996

下側のフィルターガードをセットし・・・
F997

2ストオイルを軽くすり込んだターボフィルターをセットします
F995
黄色い荒い目を上にして、キャブレター側を黒い面(細目の面)にしてセット・・・

フィルターがボックスの縁までしっかり合っていて隙間がない事を確認します。
F998
上側のフィルターガードをセットし・・・・

上部カバーを取り付け・・・・
F9991
フィルター交換自体の作業は終了です・・・

上部カバーに見える2本の吸い込み用のダクトを取り外せば吸入量が増え?吹き上がりが良くなるそうですが、この度は吸入効率の良い?ターボフィルターに交換した事と、ダクトがあってもゴミがフィルター上部にあった事を考慮して今回もこのままの状態にします。F999
エンジン内も、目視で特に異常がないか確信します。
特にスロットルケーブルの取り回し、キャブレター側の燃料ホースの接続等も問題が無いかしっかり確認します。



そして、スパークプラグを交換・・・
前回は5月の下旬に約8560キロで交換しています
その時の記事・・・↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-81e8.html

今現在の走行距離は、10100キロなので、かなり早めの1500キロでの交換となります。取り外したプラグ・・・
S
NGK-BR10EG
そんな気はしてましたが、かなり燻ぶっているみたい・・・coldsweats01
S1
前回交換時は、”BR9EG”から”BR10EG”へ交換しましたが、どうも私の乗り方では、”BR9EG”の方が良さそう・・・
S2
因って・・・今回は新品の”BR9EG”へ戻しました・・・



この後・・・、台風が近づいてるにも係わらず、天気も持ちそうなのでちょっと試走へ・・・
Ss1
軽く、農道とちょっとした峠へ・・・
Ss3
思いのほか空気が澄んでいました。
でも、空を見ると雲が重い・・・
Ss4
台風接近に伴う前線の雲でしょうか~
Ss5
よく通る道ですが最近は素通り・・・、久々に景色を眺めましたが良い景色でした・・・


そして・・・・エアーフィルターをターボフィルターに換装した感想・・・・

最初に、エンジンの掛かりが軽く?感じました。
そして、走り出してみると・・・エッ!!吹き上がりが良くなった??
いえ、気のせいではなく確かに良くなった気がします。   

この10日間、度重なる台風接近に伴い天候不順でバイクに乗っていませんでしたから、以前のイメージが判りかねはしましたが、感覚がおかしくなった?と思うくらいエンジンが吹き上がります。
そして、音も前は低速域では、2スト特有のパア~ンと言う音は元々なく、ゴロンゴロン・ホゲホゲって湿りがち?の感じだったのが、多少乾いた良い感じの音に変わった気がします。
チャンバー、サイレンサーの抜けが良くなったんじゃネエ~!と錯覚するほど・・・

自分なりに考えるに・・・ターボフィルターにして吸気効率が以前のフィルターよりは上がった事で、今の暑い季節、濃いめになりがちな燃調が空気量が若干でも上がった事で薄めにに寄り、結果として最適な燃調になった気がします。
確かに、暑くなってこの方、サイレンサーの出口も多少ヌメッと排ガスが付くようになり、燃調が薄めになる冬場の乾いた感じからここ最近はどうも濃いい気がしてなりませんでした。最近はそれに伴い、エアースクリューを気休めに薄めの方向に1/4~1/2程度回してました。

結果として・・・ターボフィルターに交換した事は正解だったようです。

ただ、注意する事として、もし燃調が薄めになっているとしたら、高回転時の焼き付けが心配になるので暫くは注意が必要です。
暫く走ったら、スパークプラグのチェックが必要ですね・・・それとまだ先ですが燃調が薄めになる冬場も注意が必要かもです・・・・


因みに・・・ターボフィルターに交換する事で吸入効率が上がり、感覚的に吹き上がりが軽くなる事はあるかもしれませんが、感覚的な事であって馬力がアップするって事はないでしょうとの事です。
そして、私の場合はいい結果になった気がしますが、何も特に感じるほどの効果が得られなかったという方もおられますので、フィルターの交換はショップさん等の助言のもと行うほうがよろしいかと思います・・・・・自己責任で・・・

Ss




更に余談として・・・アプリリアRS125用にイギリス製”パイパークロス”という商品名でターボフィルターと同じく複数の目を持った専用?のフィルターもあります。
こちらも是非、実物を見たいのですがまだ機会がありません。

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 日本丸と海王丸の寄港・・・ | トップページ | いまだに雨続きですが・・・少しでも朝駆け・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/60123121

この記事へのトラックバック一覧です: ”エアーフィルター”を交換しました。そしてプラグも交換し試走・・・・:

« 日本丸と海王丸の寄港・・・ | トップページ | いまだに雨続きですが・・・少しでも朝駆け・・・ »