« 天気は悪そうです・が・・・取り敢えず朝駆け・・・^^; | トップページ | ターボフィルター交換後の、スパークプラグのチェック・・・ »

バイクに、”USB電源”の設置と、スマホとGPS・レーダー用のステーの自作

バイクに、”USB電源”を取り付けてみました・・・

バイクに乗車中は、”モト・GPS・レーダーLCD”と”スマ-トフォン”を活用する事があります。
半日程度の活動なら、機器本体の内臓バッテリーでもなんとか大丈夫ですが、一日中走るとなると内臓バッテリーだけでは足りなくなります。

今の所・・・バイク自体が小型車、そして私の場合は通常ツーリングで許される時間も午前中と言う事が多いいので、朝駆けメインでそれほど不自由は感じてませんが、バイク購入しもうすぐ一年・・・そろそろ行動範囲が広がった時に備えて電源の確保をしてみました・・・
(広がるんかいな~~??^^;)

ただ・・・USB電源を付ける事が出来ても器具類を固定出来ないと、これまた意味がないので、実は難しいハンドル廻りの器具設置方法を先に考えました。
約一ヶ月前からコツコツと準備してきましたが、その一つとして以前ブログ内で紹介した、、
”モト・GPS・レーダーLCD”用のステーの自作 ↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-0e23.html


その後、そのステーを少し大きめに作り直し、ハンドルのトップブリッジに取り付けました。
因みに・・・前回仮付けした時のステーは、今では自家用車に取り付け、遠出の時は”モトGPSレーダー・LCD”を取り付けています。

RS125のトップブリッジの状態・・・
G
前回、自作ステーを仮付けした時の様子・・・
Gg6
今回は、ベースの大きさを一回り大きくしたものを本付けします・・・
この画像は、”モト・GPS・レーダーLCD”を取り付けてますが、この左側にφ22.2mmのハンドルのパイプ径とじサイズのステーを取り付けスマホを取り付ける予定です。

新たに製作したステーですが、取り付けるに当たってクッションを車体との間に入れます・・・
U01

そして、トップブリッジ部分に結束バンドで固定します・・・
U1

拡大してみるとこんな感じ・・・
U02
出来ればもう少しスマートな取付方法があれば良かったのですが、今は取り敢えずこれで進めます・・・
U03


そして、このコックピット廻りの何処にUSBユニットを取り付けるかですが・・・・
G
バイクも小さいせいかあまり余裕がありません・・・
メーターの横辺りも考えたのですが、ハンドルを一杯に切るとスペースが無く、かなり窮屈なので断念・・・・それに取り付け方法も難しそう・・・
実はいろいろなステーを作ってみたのですがどれも上手く行かず・・・

最終的に・・・・フロントブレーキのリザーブタンクの横に・・・
U2

この黄→の取付ボルトを利用します・・・
U4_2
M6サイズのボルトナットで締め込まれていますが、このナットは緩み止め機能が付いてます。ナイロンナットも用意したのですがナットはこのまま継続使用し、ボルトは長いものに変更します。

USB電源ユニットと、スマホホルダーを取り付ける為の自作したステーです。
U04
材質はアルミニウム(A2017)、長さは長・短変えてますが、外径をハンドルに合わせ22.2mmにしています。
内径は18mmの座繰りにしキャップボルトを差し込む様にしています。

取り付けた様子・・・
U5

長・短、仮付けしてみましたが、長いステーだとメーターの視認性が悪くなりそうなので短い方を今回は選択・・・
U6

ステーの中からキャップスクリューを入れ、リザーブタンクのステーを挟み込み反対側から先程の回り止め機能の付いたナット(Uナット?)で止めました。
U7

そして、USBユニットを取り付けてみました・・・down
U8
メーターのディスプレイの右が何とか隠れない程度に・・・

側面は、こんな感じ・・・down
U9

ここからは苦手な配線廻りの処理に・・・coldsweats01
USBユニットからの配線はトップブリッジからイグニッション・キーの傍を通して下へ・・・
U91_2
アルミフレームの前方にあるメインハーネスが通っている穴(黄→)を通して車体の中へ・・・
青〇で囲ったのがUSBユニットの配線・・・キボシ端子加工した赤いリード線が+側へ、黒いリード線の環の部分がバッテリーの-へ

但し、バッテリー直につなぐと放電しっぱなしになり、バッテリー上がりの原因になるのでプラス側をイグニッション・キーと連動にます。
その方法として・・・テールランプはLEDに変更してあるので、それから取ろうか思いましたが、テールランプのハーネスが、他の複数のハーネスとしっかり綺麗に被覆されているのでこれを剥がすものcoldsweats01・・・って事で手っ取り早くヒューズから取る事に・・・

アプリリア”RS125”のヒューズは、20・15・7.5Aの3種類
20A・・・・バッテリーからイグニッションスイッチ、レギュレター、時計
15A・・・・イグニッションスイッチからすべてのライト、ホーン、ソレノイド、排気デバイスモーター
7.5A・・・イグニッションスイッチからイグニッション、スターター、ロックアウト

20Aは常時通電なので、7.5Aか15Aと言う事になりますが、7.5Aはイグニッションに関する部分の様で、CDIからコイル等々点火系の大事な部分なので、今回は主にライト系のシステムに使われてる15Aを使用する事にします。

ヒューズの15Aに使われている回線をもう少し小分けにして、更に複数のヒューズを取ってくれてると助かるのですが、幾らテールライトをLEDにしていても、ヘッドライトをその分”HID”に換装してあるので安定供給という点では多少不安の部分もありますが・・・・止む負えず、、、coldsweats01

取り敢えず15Aのヒューズを抜いて極性を調べます。
キーを回し”ON”にして・・・
U92
検電テスターを使用し、こちらがわ(左側)は反応なし・・・

反対側(右側)に差し込んだところ、発光し通電を確認・・・
U93
因みに・・・キーを”OFF”にした時には通電していないことも確認します・・・

確認した所で忘れない様にキーを”OFF”にして作業再開・・・
こちら側が(発光した側)バッテリー(+)に繋がっているので、ヒューズ電源のリード線が出てる方をこちらに差し込みますdown
U94
でもここで問題が・・・ヒューズ電源から出ているリード線は考えてみると保護カバーがありません、これではちょっとまずいかな~と思いましたがリード線の保護の事は何も考えていませんでした・・・・coldsweats01

そこで思い出したのが・・・水槽の濾過用フィルターの13mmのホースを日差しから隠す為に流用していたスパイラルチューブを思い出し・・・
U95
全体を巻きました・・・
U96
エンジンが直ぐ傍にあるので、それなりに温度は上がりそうですし、被覆線剥き出しよりはいいでしょう~・・・取り敢えずはこれで勘弁してもらいます・・・


画像下側のヒューズの部分から、クーラントリザーバータンクの上を這わして奥のバッテリー(-)側に・・・
U98

USB電源ユニットからのキボシ端子加工した赤い配線と、ヒューズ電源からの配線をキボシ端子同士で接続し、USBユニットから出ている黒い配線の環の部分をバッテリー(-)に接続しました。down
U99

こんな感じ・・・down
U991
スパイラルチューブをテープで更に巻こうかとも思いましたが、暫く様子見る為にこの度はそのままに・・・

ヒューズの部分・・・
U97
ギリギリまでスパイラルチューブで巻きましたが、実はこのバイク・・・ヒューズの設置部分が剥き出しなんですsign03
幾らタンクの下にあるとは言え、せめてにカバーがあっても良いと思いますがcoldsweats01・・・
イタ車、故なんでしょうか??coldsweats01

因みに・・・バイクを左横から見て・・・down
U994
青←の所に穴と言うか、エンジンルームが見える隙間があり、そこから覗くと・・・eye
U995
ご覧の通り・・・先程の剥き出しのヒューズボックスが見えます・・・coldsweats01
(青色のリード線が見える15Aのヒューズは今回付け替えたヒューズ電源です)
そして、奥の黄色い20Aのヒューズは、常時通電していて時計の時刻を維持しています。
『長く乗らない時は、この20Aのヒューズを抜けばバッテリー上がりの対策になります』、と謳っていますが、タンクを起こさずともこの隙間からヒューズを抜いて下さい・・・というメーカー側の配慮でしょうか、それにしては???な気がします・・・coldsweats01
ひどい雨が降って中に入りこんだらどうなるんでしょう?大丈夫なんでしょうか?
いつかヒューズカバーを自作しようと思ってはいますが、いい案が思い浮かばずそのままの状態ですcoldsweats01


いよいよ試運転・・・

キーを”ON”の位置へ回し・・・
U992
USB電源ユニットをチェックします・・・
この”USB電源ユニット”は、通電するとLEDランプが点灯します。

LEDランプは点灯してますから通電してるようです。
U993
この後、スマートフォンを接続し、充電状態になる事を確認しました。

以上、いろいろ思うところはまだありますが、USB電源ユニットの設置はなんとか終了です。

そして・・・、”モト・GPS・レーダーLCD”と、スマ-トフォン用のステーを付けてみると
U996
GPS・レーダーの左上から出ているパイプが、スマホホルダーを付ける為の前述の外径22.2mmの長い方の自作アルミステーです。

角度を変えて見るとこんな感じ・・・
U997
GPS・レーダーを取り付けているブラケットと、このアルミパイプは、善し悪しはともかく脱着を容易にする為に蝶ボルトで固定しています。
但し、スマホ・ホルダーはまだ購入していません、物色中・・・coldsweats01


後々、変更点があればまたアップしますが、取り敢えず一段落かな・・・??



因みに・・・今回の作業の合間に前回エアーフィルターを交換して初めてスパークプラグの点検を行いました、それはまた後日・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 天気は悪そうです・が・・・取り敢えず朝駆け・・・^^; | トップページ | ターボフィルター交換後の、スパークプラグのチェック・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/60277112

この記事へのトラックバック一覧です: バイクに、”USB電源”の設置と、スマホとGPS・レーダー用のステーの自作:

« 天気は悪そうです・が・・・取り敢えず朝駆け・・・^^; | トップページ | ターボフィルター交換後の、スパークプラグのチェック・・・ »