« アプリリアRS125、”排気バルブ(デバイス)”の清掃・・・3回目 | トップページ | 久々に午前中だけですが、プチツーリング・・・・ »

バッテリ-液の補充でのトラブル・・・ボルトの折損・・・

前回の記事でアップしたように排気デバイスの清掃を行いましたが、その際にバッテリーを外したついでにバッテリー液の補充を行いました。sweat01
U99

”アプリリア・RS125”のバッテリーは、開放型バッテリーが搭載されています・・・eye
Hk98
型番は・・・YUASA・YB9-B(12V9Ah)

この日は排気バルブの掃除も終わり、最後の作業としてバッテリ-本体の中の液が均等になる様にバッテリー液を補充してました・・・・

各部屋に一通りバッテリー液を補充した後、蓋をしようとした時の事・・・・
樹脂製のボルトだけに、締め過ぎには要注意!、1本1本ジワ~とワッシャ代わりのゴムパッキンの押し具合を手で効きながらゆっくりドライバーを締めてると・・・・
その内の1本・・・この辺りで止めとこうと思ってた途端・・・・”パキッsign03”と音が・・・・coldsweats02
やっちゃいました~、しっかり樹脂製のボルトの頭を折っちゃいました・・・・sweat01

こうならない様に注意してただけに、かなりのショック、凹んじゃいました・・・sad

しかし・・・この直前に小雨が降りだし、早くバッテリーをセットし、ガソリンタンクを据えバイクカバーを掛けないといけません・・・coldsweats01

対応策は後で考えるとして、取り敢えず作業続行です・・・sweat01
Hk993
バッテリー、右から3番目のウェスを掛けた所が折れたボルトの所・・・
この後、ウェスを取り除き、M8のステンのボルトで蓋をして、上からガムテープで覆う事でこの日の応急処置とし、バイクカバーを掛け、簡単な台風対策をしてこの日の作業終了です。

この後・・・家に戻ってお付き合いのあるバイク屋さん2件にTEL・・・telephone

廃バッテリーの中に、部品取り出来るものはないか電話した所・・・最近溜った廃バッテリーを処分したばっかりだそうで・・・sad
その上、最近は密閉型が多く開放型バッテリ-自体が少なくなってるそうです。
当分、部品取り出来そうな状況でもなさそうでした・・・coldsweats01

それで・・・・翌日・・・・応急品として制作です・・・
Hk99_2
右が折れ込ませた既存のもの・・・左が製作したボルト・・・・

このボルト、規格がはっきりせす、M8サイズより少し大きく、試しにM8のボルトをバッテリー本体に挿すとスカスカだし、インチサイズの3/8では大きい?・・・5/16でもなさそうですし・・・?
ただ、ネジのピッチはM8の1.25mm近かったので、ネジの外径を合わせ少しネジを薄めにして製作して頂きました。金属のボルトでは正確にピッチが合わないと入りませんが、樹脂なのである程度は馴染んでくれそうって事で・・・

そして、家に帰って取り付けを・・・
Hk991
既存のゴムパッキンを付けて・・・頭には鋸を真一文字に入れマイナスドライバーが差せる様にはしました。

いい具合にきっちり効きました・・・
Hk992
取り敢えずはこれで暫くは大丈夫そう・・・・いずれ廃バッテリーから部品取りが出来れば交換するかもしれません。

因みに・・・GS・ユアサのお客様相談室でお聞きしたところ・・・
このボルトは、販売店や小売店の供給部品のリストにはないそうで、販売店・小売店では”取扱いできません”と言う事になるかもしれませんが、GS・ユアサのこちらの窓口(相談室)に問い合わせれば部品として送ってくれる事は可能と言う事でした。
ただ、ユアサの地方の支店レベルでは即答してくれないかもしれませんが・・・との事でした・・・・
そして、部品として取り寄せる上で大事な事も教えて頂けました。
バッテリーの型番は勿論の事ですが、バッテリー本体の横?かどこかに生産国が書いてあるそうで、その生産国が大事だそうです。
生産国によって使用(供給)されている部品が微妙に違うそうで、親切そうな窓口の方が”それが判れば、その製品についている部品を取り寄せ1本でも送って頂ける”との事でした。


ただ・・・バッテリ-は、バイクに組み込むと側面が見えず、取り外さないと生産国が判りません・・・こんな事なら側面の画像も撮っとけばよかった・・・無駄な画像も役に立つ?

生産国は、今度外した時にでも見てみます・・・・coldsweats01


メンテナンス・・・自分で出来れば確かに安上がりですが、私の場合は慣れない作業の連続で、何か不具合が出た時に対応できるキャパシティも無いので、内心は何時もビクビクして作業してます・・・coldsweats01

バッテリーのボルトを折ったくらいの私が言うのも何ですが・・・バイク屋さんって、凄いですね~~coldsweats01



↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« アプリリアRS125、”排気バルブ(デバイス)”の清掃・・・3回目 | トップページ | 久々に午前中だけですが、プチツーリング・・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

最近は開放タイプのバッテリーは本当に
珍しくなりましたね。

それにしても自分でネジを作るという発想が
驚きです。

自分でのメンテナンスは楽しい反面
自己責任でもありますから気を使いますね。
私なんてスカブの前タイヤを外した時に
なかなかはめられずに焦った事があります。

投稿: eddy | 2014年10月11日 (土) 08時05分

自己整備に破損は付き物ですょ〜(笑
プロだって壊しちゃう事ありますょ。

元々劣化してたとかありますから、あまり気になさらず。

自分も去年ブレーキキャリパーのブリードスクリュー破損させた時は凹みましたょ…

バイク屋さんの話では外車は国産程精度高くないので破損とかあるそうですょ。

投稿: azuyuzu | 2014年10月11日 (土) 18時13分

☆eddyさん、現在生産されてるバイクでは開放型ってありえないんでしょうね^^;
このバッテリーが悪くなった時には密閉型も考えますがまだ使えるのでこのままで・・・
私はネジは切れませんが、知り合いの旋盤氏の方に相談して巷にある規格のサイズではなかったのですが、これならいけるかな~ってところをお願いしました~^^
メンテナンスは不足の事態が起こった時には返って余計な経費も掛かりますよね~・・・ほんとに自己責任って辛いです^^;
私にはタイヤを外す作業は考えられません・・・きっと何かやらかしそう~~^^;

投稿: ゾフィ | 2014年10月11日 (土) 19時52分

☆azuyuzuさん、やっぱり破損はつきものなんですか~
それを聞いて少し気を取り直せそうですが、やらかした時はやっぱり凹んじゃいますよね・・・^^;
ブレーキキャリパーですか!、私もそこの所に手を出したいのですが、実はバイク屋さんにブレーキ廻りのメンテナンスの予約をしたばかりです
もう少し様子を見て勉強して、いつか出来るようになりたいです^^

投稿: ゾフィ | 2014年10月11日 (土) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/60456019

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリ-液の補充でのトラブル・・・ボルトの折損・・・:

« アプリリアRS125、”排気バルブ(デバイス)”の清掃・・・3回目 | トップページ | 久々に午前中だけですが、プチツーリング・・・・ »