« 走行距離:12,000キロ・・・メンテナンス項目 | トップページ | グリップ交換しました・・・ »

カウルのボルトの紛失(脱落)と、クラッチワイヤーへの給油・・・

先週末、土曜のプチツーの前の事・・・

バイクを何気に眺めてると・・・・カウルが微妙に開いてるではありませんか・・・
M4
この画像は既に直した状態ですが、青〇の部分が矢印の方向に3mm位?微妙に開いてました・・・
こんなだっだかな~sign02、と思いましたが反対側を見るとこの画像の様に綺麗に閉じていますthink

どうもおかしいsign02

裏側をライトを当てて見てみると・・・
M5
この様にボルトでしっかり止まっているはずか・・・・
右側のボルトが実は取れて無くなってました・・・
この画像は・・・ハイ、直した後の画像ですcoldsweats01


しかし、無くなったのを確認した時は合うボルトのサイズは??
N5
M5かM4サイズのボルトくらいか?首下の長さは?とかいろいろ考え、そのサイズのボルトを試しに入れてみましたが合う様子がありません・・・coldsweats01

そこで、脱落していない奥のボルトを外してサイズを確認・・・(最初からそすれば良かったたのですが、スタビドライバーを取りに戻るのが面倒で・・・sweat01

その結果・・・カウルの表側はミリサイズの六角穴付きトラスボルトを使用しているのですが、内側のここは+穴のトラスタイプのボルトと思いきや・・・同じトラスタイプでもタッピンネジであることが判明・・・サイズは4mm?の首下16mm・・・

でも・・・生産国イタリア、パーツはすべてがイタリア製ではないでしょうが、タッピンネジの規格が日本と同じかどうかsweat01、不安でしたが取り敢えずホームセンターへ直行・・・dash

M8
普通に売られているステンレス製の、4×16(トラスタッピンネジ)を購入・・・

使用してみたところ・・・くピッチも合い、何のストレスも無くすんなり締め込むことが出来ました。
使用されていたビスの規格?が一緒だったようで一安心、一件落着ですscissors
ビスは、まだたくさんあるのでこれから先脱落しても暫くは大丈夫・・・happy01

このついでに・・・12,000Kも越えた事だし、他のネジも増し締め・・・
Nn2
カウルを止めているボルト類は、4mmサイズの小さいボルト類が多いいですが、相手が樹脂なだけに締め過ぎには注意です・・・・先日のバッテリーのボルトの件もあるしsweat01

ここのキャノピーの周りも・・・
N2
増し締めしました~・・・

日頃からバイクをよく見てると何かあった時、???と気が付く事もあるので日頃からよく見とくといい・・・と、教訓になりました・・・

車体のフレーム廻りの増し締めは、工具も若干サイズが大きくなるので、また今度・・・


そして・・・プチツーから帰った後、バイクを拭き上げると共にクラッチワイヤーへの給油を・・・
簡易的ではありますが、それなりに動きが良くなります・・・
M7
シリンジかオイラーにミッションオイルを入れ、バイクに跨り、ハンドルを右に切り、車体も右にやや傾け(クラッチ側を少しでも車体の上方にする方が良いと思われます)、クラッチを握りワイヤーの遊びを調整するナットのスリットの部分から注油、同時にクラッチを放しワイヤを送ると・・・挿したオイルがワイヤーに流し込まれます。
この動作を数回繰り返し、右にハンドルを切ったままにして放置・・・
その間バイクを拭き上げ・・・
これを繰り返してるとそれなりにワイヤーに浸潤していき、かなり動きが良くなります。
かったるい方法ですが、バイクを磨きなら行ってます。
それに、ワイヤーを外さないので外してメンテした時と違い、後々に遊びの微調整をせずに済みます。


この後・・・・去年交換したグリップが最近急激に傷んでいる事に気が付き、交換する事に・・・それはまた次回に・・・



↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 走行距離:12,000キロ・・・メンテナンス項目 | トップページ | グリップ交換しました・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

リアブレーキペダルのスプリング(ペダルを戻すスプリング)も脱落しやすいみたいですょ!
自分のRSは入手時からありませんでした。
ホームセンターで適当なの選んで付けてます。

投稿: azuyuzu | 2014年10月18日 (土) 08時27分

☆azuyuzuさん、助言ありがとうございます。
先程リアブレーキのスプリングをチェックしときました。
今のところ大丈夫の様です^^
こんど採寸して、いざと言う時の為に近くのホムセンに近いサイズが置いてあるかチェックもしとこうかと思います。
ホムセン通い嫌いじゃないですし・・・・^^
でも、今はそれなりに調子はいいで様ですが走行距離が嵩むにつれ心配事も多くなるのも確かです・・・^^;
実際はいろいろ気になる所もあるのですが、RSに乗ってる方でないとなかなかピンとこない所もあるみたいで、ジャストな助言ってなかなか頂けませんよね~
聞く方もトンチンカンなこと言ってるかもしれませんが・・・^^;

投稿: ゾフィ | 2014年10月18日 (土) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/60496746

この記事へのトラックバック一覧です: カウルのボルトの紛失(脱落)と、クラッチワイヤーへの給油・・・:

« 走行距離:12,000キロ・・・メンテナンス項目 | トップページ | グリップ交換しました・・・ »