« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

朝駆け・・・狩音ダム、畑ダム

11月30日(日)・・・前日の予報では低気圧typhoonが近づく中、午前中は何とか晴れていてくれそうでしたが、30日の朝起きて雨雲の動きをチェックすると・・・、
9時半から薄い雨雲が掛かり、10時半にはかなりの雨が降りそうな予報に変わっていました・・・coldsweats01

悩んだ末sweat02、何時もの角島辺りの急ぎの往復なら9時過ぎには帰れるので7時前に出発・・・

ご存じの通り、日本の天気は基本、西から変わって来ますが、ここ山口県の西部は本州の一番端にある都合、西には対馬海流が流れる響灘と言う海に面しており、その西の海の雲の様子を見ていれば大体のこれからの天気が掴めます。
黒い雨雲が海に見えてくれば大急ぎで帰れ~みたいな・・・sweat01

下関から見て東の内陸部の方を朝駆けするもの良いのですが、天気が怪しい時に東に走れば帰りは当然の事、西に走る事になりますが、天気が明らかに悪くなる時は下手をすれば雨雲に向かって走る事になります。内陸部の山の中を走っていると余計に天気が掴めません・・・coldsweats01
その点、下関市の西の端と言っても良い角島から、視界の良い海を空を見れば大よそのこれから天気が掴めるので、天候に不安がある時は角島で休憩してその後の方向を考える事が多いい私です・・・coldsweats01

そして・・・出発時はかなりの雲が掛かっていましたが、角島に近づくにつれ日も上がり雲も切れ天気が思ったより良く、青空が・・・sun
T1
灯台下まで行って、何時ものパン1個とコーヒーの質素なモーニングを味わい、行先を考えます・・・

海を眺めて天気が下り坂の様なら素早く帰還するつもりでしたが、思いのほか天気も良く日が上がるに連れ、ますます青空が・・・annoy

それならもう少し走って、向津具半島方面かなとも思いましたが、一度は走ってみたい日置町~俵山温泉に出る”R281”を行く事に・・・
(向津具半島を走った後にR281に乗っても良いのですが、そこまでの時間的余裕はこの日はなさそうです・・・)

気温もそれほど寒くはありませんでしたが、それでも東風が少しあったので寒く感じて早目に角島灯台下を離脱・・・

島戸港経由でR191に出て阿川~粟野・・・広域農道・みのりロード、へ・・・・

みのりロードからは”R491”からも大坊ダムをかすめて俵山温泉に出るルートもありますがこの度は見過ごして更に先へ・・・

”R288”から俵山方面の看板を見て”R281”に乗ります・・・

”R281”にもダムがあるのですが、このルートの目的は、また違うダム巡りです・・・

綺麗に舗装された”R281”を走ってると”狩音ダム”の看板が見えるのでその案内に沿って走ると・・・・迷うことなく到着・・・scissors
T2
綺麗な水が流れる音だけ響きます・・ear
T3

ダム湖を眺めます・・・天気予報は9時頃は晴天とあり予報通り・・・
T5

ダムの下方の村を眺めますeye
T6
でも、予報ではこの後、天候が悪化、急激に雨雲がrain・・・とあるんですよね~coldsweats01

堰堤には蛍のデザインが・・・eye
T7
きっと、この季節に来ると綺麗なんでしょうね~
でも・・・夜になるとこの辺り・・・鹿に狸に猪も出ると思います。それに野生のニホンザルもみのりロード上で見た事があるので夜は要注意?かな~sweat01

駐車場は貸切状態・・・・
T8
天気・・・予報とは裏腹に異常に良いんですよね~~coldsweats01

その後、ダムを離脱し農道を走り”R281”へ戻ります・・・

と、・・・・ここでトラブルが・・・coldsweats01

農道を戻る途中、スピードが乗り過ぎ、自分でも”いけないな~!”と気が付き減速し掛かった時・・・
緩い下りのカーブに直面・・・普通なら過度のスピードでも何てことなく廻るカーブの深さでしたが、よく見ると一面に砂利がeyesweat01・・・ヤバッ!!。。。
これでは、車体が思った通り倒せず、思わず急ブレーキsign03

前後のブレーキがロックすれすれで流れながら(途中ロックもしてましたが・・・)アスファルトから前輪が畦道に掛かったところで停止・・・sweat01
あわや、田んぼに突っ込んで落ちるところでした・・・・coldsweats01

でも、最後に・・・その勢いで車体が右に傾き・・・それでも、右腕でグッとこらえながらジヮ~と車体が地に着いた?様な気がしましたが右腕の力を緩めずに思いっきり踏ん張りながら車体右に降りてそのまま起こそうと思いましたが、右手はグリップを握ったままで持ち替えず力を入れたまま・・・起こそうとすればアクセルが廻ります・・・sweat01
そのまま力を込めたまま、一旦キルスイッチを切りエンジンを止め、再度ゆっくりと車体をお越し、シート越しに左手でサイドスタンドを出し反対側に無事起こしました・・・

恐る恐る・・・車体右側を見ると・・・全く問題なく傷一つなく無事でした~~coldsweats01
右手に力を入れたままだったので、カウルが地面に強打する事となく、倒れて地面に当たったにしてもジワ~と置いたぐらいで済んだ状態だったようです。それでも右手の力を緩める事はなかったので殆ど車体に荷重が掛かってなかったようです。

いやはや・・・やっぱり、安全運転ですねcoldsweats01

RS125・・・コーナーでは、曲がる為の動作(体重移動等)を的確に入力すれば素直に曲がってくれますし、後ろブレーキ等で微調整も可能ですが、体が強張ったり、スピードが乗ってるのに気を抜くと、直ぐに修正がなかなか出来ない所があります・・・sweat01

この後、初心に帰って安全運転で走行します・・・coldsweats01

”R281”をそのまま、俵山は山の方へ走って行くと・・・もう一つダムが・・・

”畑ダム”という名前だそうです・・・eye
T9

苔生して木々に囲まれ、言われないとダムと気がつかないかも・・・
T91_2
紅葉も少し見れます・・・eye

T92

ダムの傍を取って更に山の中へ・・・dash
T93
R491で俵山に行くよりは道幅も広く走り易いのですが、季節がら2日前の雨のせいもあって、この後は路面は落ち葉でびっしり・・・coldsweats01
何時滑るか判らない状態なのでさっきの事もあり安全運転です・・・sweat01

山中を走ってると何やら綺麗なトンネルが・・・eye
T94

このトンネルを過ぎ、少し行けば道幅も広くなり、麻羅観音の傍をかすめ無事俵山に出ました~・・・


俵山に出た後は、”R34”に乗り豊田町方面に・・・

走りながら帰路へのルートを考えようかと思いましたが、豊田湖を抜けた辺りで西の空が少し怪しくなってきています・・・cloud

あれほど綺麗な晴天が・・・雨雲レーダーの動きの通りに・・・typhoon
て事は・・・最初の予報通り、やっぱり10時過ぎには雨が降るって事・・・sweat01

この後は、何処を走ろうか考えずに、道の駅にも寄らず最短距離で帰路へ・・・dash


家に着く信号2つ前でとうとう雨粒がシールドに・・・sweat02
それでも駐輪場に滑り込み・・・本降りになる前の10時半には無事帰還・・・sweat01
走行距離150キロの、思いがけない”ドキドキ”、”ハラハラ”の朝駆けでした~coldsweats01



でも・・・返った後、気が付くと右腕が少し痛い!・・・・

ひょとして・・・田んぼに突っ込みそうになった時に右腕一本で耐えたからかな~~coldsweats01



無事帰る・・・・scissors、これが一番って事が身に染みた朝駆けでした~~coldsweats01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紅葉狩りへ、朝駆け・・・狗留孫山、石柱渓、大寧寺、他

3連休・・・、初日の土曜日こそレーシングカートショップへ部品の調達に出かけてましたが、翌・日曜日は120キロ、月曜日180キの朝駆けに・・・dash

行先は相変わらず西山口の更に西のいつものエリアですが、季節がら紅葉でも追っかけてみる事に・・・dash

日曜日は、11時から法事で10時前には帰る必要があるので朝は6時半に出発!
Mg1
海に面した所は気温もそれなりにあって走り易いのですが、山を一越え内陸部に入ると気温もぐっと下がって朝靄が・・・(同じ市内でも最低気温は10度近く違う場所も・・・sweat01

この日は、直ぐ近くのここへ・・・上り口には綺麗な紅葉が・・・eye
Mg5
さらに上がると、ここにも・・・sign01
Mg2

上がり切った先は・・・≪内日第二貯水池≫ (第一貯水池の直ぐ上にあります)
Mg3
左に取水塔が見えます。内日第一貯水地の取水塔は煉瓦造りでしたが、こちらは鉄筋コンクリート造りです。
どちらの取水塔も平成10年登録有形文化財に指定されました。
Mg7




この日はこの後、何時もの角島へ駆け、灯台下で海を眺めてのいつものモーニングを取った後、足早に帰路へ・・・sweat01
Mg6

その道中で・・・eye
Mg8
ここも何時も走ってるんですが気がつかなかったな~~think


そして、翌日曜日・・・安岡~川棚温泉はR244の吉見温泉当たりを走っていると・・・
Mg9
この時期、ここだけちょっとした別世界・・・・scissors

川棚温泉~R262(クスの森の紅葉も気になるが傍をかすめて)~”楊貴妃、虚無僧の墓”を過ぎたところで右折しR260へ・・・暫くは登りの良い道ですがその内に山道へ・・・sweat01
R491に乗り山中は”川棚越え”は、決して道は良くありません、突然の対向車に注意sign01
Mg91
時間帯によっては鹿、イノシシも・・・coldsweats01

今日は華山に上がるR262へは行かず、そのまま直進し上杢路子方面に・・・dash
Mg92

お蕎麦と田楽の美味しい~”重兵衛茶屋”に出たところで左折し、狗留孫山登山口へ・・・upwardleft
Mg93

道中、この時間でも靄っている所があるくらい、ここ狗留孫山は霊山です・・・
Mg94
山道をくねくね上がり(華山ほどではありません)狗留孫山登山口へ
Mg95
下の方は山や木々の影、水辺で靄って少し気温が低かったですが、上に行くほど日が照って気温が上がってるのか、登るにつれ暖かく視界が広がります・・・sun

そして、登山口へ・・・sweat01
Mg97
駐車場・トイレも綺麗に整備され、トイレの注意書きには・・・eye
Mg98
今年の6月9日に、”重兵衛茶屋”より”みのりの丘”に少し下った辺りでクマの目撃情報があり(その時は、この前日にその辺りを雨の中走りました^^;)今でもこの様な張り紙が・・・sweat02

でも、今日はここから見える紅葉は綺麗です・・・sign01
Mg99
空気も新鮮sign02、そりゃ~熊もいるよね~coldsweats01

駐車場の紅葉も綺麗・・・です。sign03
Mg96

その後、ここを離脱し、上杢路子~”旧殿居小学校維新分校”の前をかすめ大峠~下杢路~みのりの丘へ方面に・・・
Mg991
この道中、道が綺麗なんですよね~scissors、走ってて楽しいです happy01

このまま”R435”に出て、豊田町の町内を通り抜け”R34”に出て石柱渓へ・・・
この間、車に前を塞がれる事なく快適に走行・・・dash
豊田湖右回りで”R38”へ右折・・・

石柱渓に到着・・・
Mg996
いい感じで、モミジッてます・・・

石柱渓でゆっくり散策したいところですが、そこまで余裕はないので(いつか奥まで行ってはみたいけど・・・・)せめて入口の紅葉を・・・coldsweats01
Mg992
紅葉のトンネルを降りて・・・

川面から眺め・・・eye
Mg994

少し離れて堪能し・・・
Mg993
こんなに綺麗なのにアベック一組と自分だけ・・・アベックは奥の方へ散策に行かれました・・・お邪魔するのは悪いのでやっぱり引き返しますsweat01

帰り際にもう一度、目に焼き付けて・・・happy02
Mg995

足早に離脱します・・・sweat01
Mg997

今日は於福の方へは出ずに、そのまま、”R268”を走り山間の道へ・・・

道中にある、”台ヶ原サイホン”にもほんの少し紅葉が・・・
Mg998
その傍をさらに奥へ・・・山頂?までは少し狭い道ですが注意して走れば何てことありません・・・

突然、何やら大きなプラントが・・・eye
Mg999
”ハガサプラント”って書いてます。
調べてみると、何でも堆肥を短時間で作る設備だそうで、生ごみや枯木、枯草、浄化センターからの脱水汚泥、海産廃棄物、家畜の糞尿等々の有機廃棄物をバクテリアで分解し堆肥を作ってるプラントとの事・・・
全国で15ヵ所稼働していて長門のこの奥地にその一つがあるそうです。

これを横目にしながら奥へ・・・少し上がった所にこんどは”長門粗大ごみ処理工場”が・・・

そこから今度は道路は長い下りです・・・それも右に左に何度も何度も・・・coldsweats01
それなりに楽しんで走ってると、ブラインドカーブから大きなトラックが・・・sweat01
一応、マージンを取って走ってはいますが、一瞬ちょっとこわばりますね。
ゴミ処理施設があるだけに、どうもパッカー車が時折登って来ます、処理場が稼働している時間帯や曜日によっては要注意ですね!
向こうもこんな所をバイクが走って来るとは思ってないでしょうから・・・coldsweats01

山口県西部の山間部は、土砂災害用の工事車両が走ってたりして、以外に大きいダンプとかが車線一杯の山道を走ってたりすることもあるので要注意です。

そのまま”R268”を行くと、美祢~長門に抜ける”R316”に出ます。左折し長門方面に・・・

湯本温泉の温泉街を横目に見て”R34”に左折・・・
次の目的地は・・・大寧寺(たいねいじ)です。
Mg9991

言わずと知れたこの辺りでは有名な紅葉狩りの場所です。
Mg9992
自然石を積み上げた、盤石橋は防長三奇橋の一つだそうです。(岩国・錦帯橋、山口・虹橋)

観光客も乗りつけますので、独り占めしたければ早い時間がお勧めです・・・
Mg9993
今がちょうど見ごろの様ですね・・・
Mg9994
1410年から歴史があるるそうで西の高野と言われ、”守護大名・大内義隆”、”関東管領・上杉憲実”の墓があるそうです。
Mg9995

奥に行くと、”長門・豊川稲荷”がありますが、家族連れがおられるので遠目で失礼しました。
Mg9996

奥の墓所にも寄りたかったのですが大型観光バスが入って来たので足早に離脱する事に・・・sweat01
Mg9997
どうも私は一人で行動する時の方が落ち着きが無いようで、何時も時間に追われたツーリングに体が馴染んでしまった様です・・・coldsweats01

ここを離れ、再度”R315”に出て、長門市街を目指します。

そして、湯本温泉から市街地に入ってすぐのここに・・・
Mg99995
”近松門左衛門の碑”と、”赤崎神社楽桟敷”(あかさきじんじゃ・がくさじき)

実は、ここに寄るのは初めてです。バイク乗りの方が多く寄られていて、何時も素通りしていた傍にこんな所があるのを知りました。

少し迷って、道路際に近松門左衛門”単林子近松翁の碑”の看板を見つけ階段を上がった所、その碑を発見・・・
Mg9998
近松門左衛門・・・その昔、教科書で習いましたが出生地は諸説あるようですがここ長門の深川が有力だそうです。
その碑の傍を抜け細道を奥に行くと、二つ上の画像の楽桟敷の案内板を見つけました。

細道を抜け出ると・・・・ありました。sweat01
Mg9999
なにやら古代文明の様な石積みが・・・eye

皆んなが観覧する為の桟敷なんでしょうね、上手い具合に登り易いように右に左に道が折れてます。

ともあれ頂上に・・・sweat01
Mg99992

最上段から下を眺めます・・・
Mg99991
楽桟敷って、自然の地形を利用して作られた野外の桟敷席の事だそうです。
ここは、16世紀の終わり頃に作られた?様で、当初はただのすり鉢形状だったのが時間を経て、石積みがされたりと今の様な形状になったと言われているそうで、”国の重要有形民俗文化財”に登録されてるそうです。

下に降りて眺めてみると・・・eye
Mg99993
一人何だか演じて見たくなる気は・・・・・・・私には、ムリムリsweat01
でも、ここで演じたら観衆は見下ろす感じで見やすそうでね。

角度を変えて見てみます・・・eye
Mg99994

て、ここで休んでいたら・・・家から”いつ帰るの?”のメールが・・・sweat01

”では、2時間後に”・・・と返信メールしてここを離脱です・・・coldsweats01

広域農道”みのりロード”を経由し”R191”へ・・・阿川から島戸港経由で角島へ・・・
寄り道しますsweat01

何せ、3時間近く何も口に入れてません・・・せめてコーヒータイムでもと、何時もの灯台下でコーヒーターム・・・confident
Mmmmm

ここで、数台の大型バイク乗りの方と遭遇・・・お一人の方が・・・
『これ、速いでしょ~sign02!?』と・・・言われましたが・・・
大型のそれも・・・ハヤブサ乗りの方に言われてもね~、なんと返していいのやらsweat01
『”いえ、所詮125ccですから・・・いいとこ250ccと似たようなもんです・・・下道しか走れませんが大型と違いアクセル全開できるのが救いです・・・』
みたいな事を返すのがやっとでした・・・coldsweats01

いや~~、まじ、ほんとにこの界隈、廻りを見渡すと・・・大型バイクばっかりです・・・・
余裕が無い私にとっては・・・・こっちが羨ましいくらいです・・・・coldsweats01

そんな、こんなの会話もありながら~・・・でも、バイク乗りの方に話しかけられると普段廻りに居ないだけ何だか嬉しいですね。happy01

缶コーヒー一本、飲んだ後は足早に離脱・・・12時過ぎには無事帰還でした~~


今度は、家族と紅葉狩りにでも行くかな~~

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キャブレターのニードルのクリップ位置の確認と、プラグチェック・・・他

巷では3連休・・・私もこの度は3日間お休みを頂きましたが、法事が有ったり、試験期間中の息子もおり、特に遠出をする事もなくバイクを磨いたり、簡単にメンテナンスをしたりで時間をつぶしてます・・・sweat02

そこで購入以来、手つかずだったキャブレターを見てみる事に・・・eye
M6
見ると言っても、トップカバーを取って中の構造を確認するだけですが・・・coldsweats01

来月、チャンバーを換装した時にメインジェットを交換する予定ですが、せめてニードルのクリップ位置ぐらいはその前に見ておこうかと、部品を飛ばさに様にと恐る恐るの作業です・・・

下は、デロルト製キャブレター”PHBH”の部品図です。
Phbh_parts1




取り敢えずトップカバーのボルトを2本取り外します・・・
M7
多少狭い場所なので、小さいボックスレンチがあれば便利です。
このレンチは、100金で購入した物ですが意外と使えます・・・scissors
キャブレターの頭(レンチの左)から画像手前に伸びているのがアクセルワイヤーです。

デロルト・PHBH28キャブレターはピストンバルブ方式、ズルズル?っと引き抜きます・・・
M9
構造は簡単?、手に持っている所がピストンバルブ(スロットルスライドバルブ)で、アクセルから来ているアクセルワイヤーが中を通っていてピストンバルブの中にある板を通してピストンバルブに固定されています。

ピストンバルブの右側の針の様なものがジェットニードルです。
M8
デロルトPHBH28のニードルの型番は、9477-X??、らしいですが何番なんだろ~?
もっと先が細く、精細なのかと思いましたが意外と太いんですね

M91
ピストンバルブを押してバネを縮め、ピストンバルブの穴に引っ掛けて止められているアクセルワイヤーのタイコの部分をずらして抜けば、ピストンバルブがトップカバー、アクセルワイヤーから分離出来ます。

アクセルワイヤーから分離し上から見たところ、eye・・・down
M92
右の穴がアクセルワイヤーが通っていたところで、真ん中に見えるのがニードル(ジェットニードル)の頭?です。

上の板を取ると・・・down
M93
ニードルのクリップが見えてきます・・・eye

クリップの位置は・・・
M94
上から2番目ですね・・・・
因みにクリップの型番:9596(¥300?)
でも、Eリングで対応できないでしょうか、今度探して見ます・・・

差し当たり、チャンバーを換装してメインジェットを#132に交換しても、濃くも薄くも出来そうな位置なので換装した後は、ニードルは触らずエアースクリュ―を調整して良ければ試走できるかもしれません。

この後、逆の手順をとって組み上げ・・・先程の板を置き、アクセルワイヤーを穴に通してピストンバルブの穴にワイヤーのタイコを固定、ピストンバルブの向きに気を付けてキャブレター本体に差し込みます。(ピストンバルブの下部の切れ込みが大きい方がフィルター側)
固定用のボルトを2本締めて、アクセルを廻して引っ掛かりが無い事を確認し、エンジンを掛けて問題ない事を確認して作業終了です。

因みに・・・キャブレター自体、私は初めて開けたので、これが正しいパーツの配置かどうかは判断できません、購入したショップさんでバイク購入時に不具合でキャブレターのフロートを交換しているので、今の状態はその時にショップさんで組み上げた状態です。



この後は、タンクを起こしたついでにスパークプラグのチェックです。
前回、走行距離12,278キロで、”NGK-R-BR9EG”から”BR10EG”へ交換しました。
M3

今は13,030キロなので、800キロ走行したことになります。
M4
アクセル全開で走った後でなく、通勤で渋滞の市内を走ったのが最後なので何とも言えませんが・・・
M5
多分・・・山間部でパ~ンと開けて走ればそれなりに焼けて来るでしょうから、暫くこのまま走ります・・・coldsweats01


更についでに・・・・
以前、バッテリー液補充用のボルトがねじ切れて、今は応急処置で自作のボルトで蓋をしていましたが、先日ショップさんで廃バッテリーからボルトを抜き取って頂いたので交換してみる事に・・・
右から3番目が自作のボルトです。down
M1

そして、今回廃バッテリーから取って頂いたボルト(左)・・・down
M2
て、言うか・・・ボルトのネジのピッチが違います・・・sweat01
外観は似ていたボルトでしたがこれでは合いません・・・coldsweats01
そう言えば”GS・ユアサ”のお客様相談口の窓口の方が言われてました、製造した国によりパーツが違うので、GS・ユアサに部品をお願いする時はバッテリー横の生産国をチェックするようにと・・・・
廃品から取るのも簡単にはいきませんね・・・今のところ問題ないので、結局このまま自作のパーツを使用し続ける事にしました・・・

タンクを起こしたついでにアルミのフレームの不断手に届かない所を、メタルコンパウンドで磨き、簡単にバイクを拭き上げ終了です・・・・・


次回は連休中の朝駆け、紅葉狩りツーリング?の様子でも・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カートショップへ!・・・デロルトキャブレターのメインジェットの購入

12月に予定している”バランサーギヤ”、”ウォーターポンプ”のメンテナンス・・・・、
そして、社外チャンバー及びサイレンサーへ交換するに当たり、燃調を見る必要があるのでキャブレターのメインジェットを購入する事に・・・sweat01


購入するジャンネリのチャンバーには、ウッドラフキーは付属しているらしいですが、キャブレターのメインジェットは付属していないとの事・・・
私の”アプリリア・RS125”のキャブレターは、≪Dellorto社製・PHBH28≫・・・、例によってパーツは市場では殆ど見かけませんネ・・・coldsweats01

それでも、ネット上ではデロルト製のパーツを扱っているショップさんはありますが、今度予定しているバランサーギヤの交換の際のパーツの頼み忘れが1点あったので、今回はデロルト・キャブレターの部品とROTAXエンジンのパーツが同時に手に入るカートショップさんを地元で探し手配して頂きました。

そして、私の住んでいる所で、お願いできそうなレーシングカート屋さんを探しTelしたのは・・・
K2
レーシングカートショップ”カートスポルト・Bravo(ブラーヴォ)”さんです。
場所は地元?と言えるかどうか・・・sweat01
お隣は北九州市小倉南区にあり、私の自宅からは距離的には車で1時間弱ありますが、バイク用品を眺めに”南海部品”やファミリー・ユサ”に寄るついでならば行き慣れたと言えるかも・・・小倉競馬場も近くにあるし・・・happy01
(実は、バイク用品店さえ下関市にはない有様で何時も北九州市へ・・・sad
K1
店内にはカートがたくさん・・・eye
何だかカート乗りの”熱さsign03”が伝わりそうな店内です。
初めての私に快く親切に対応して手配して下さり、3日後には既に入荷してたそうで時間が取れたこの週末に受け取りに寄りました。店長さん大きな方でとても優しい方でした。
この様なお店があれば、若けりゃカートに凝るのもありだったかな~~happy01
K3
お忙しい中、カートのロータックスのエンジンの話も少し・・・
金属バランサーギヤはカートでは数年前から使用されており、樹脂から金属に変わっても重量差?に因るフリクションロスや他の不具合も無く問題なく使用されているとの事でした。
そして、メンテンス中のロータックスのカートエンジンも拝見・・・画像は撮り忘れましたがRS125のエンジンに比べかなり小じんまりしていました。
カートのエンジンには、RSの様なクラッチが無いせいか腰下がかなり小さいようですし、チェンジペダルも無くバランサーギヤの取り合いがRSとは進行方向に対して反対側の右側にありました。
本当はもう少しお話ししたかったのですが、お忙しそうでしたのでほどほどで退散しました。
何でも何時も週末はカートコースへ行かれてるそうです、また機会があれば是非お願い致します。

そして、購入したパーツは・・・
K11

左端のOリングは・・・
Table_42rs125
NO.6  ”Oリング”(18×3.5)   価格¥250 
アプリリアパーツNo.AP0430460
バランサーギヤとクランクシャフトのベアリングとの間のスペーサー?クッション材?なのかな~
因みに・・・この”Oリング”、一般的な規格は”I-C0180G”の呼びでならば、
内径18mm、線形3.55(材質はNBRで充分?)
と言うのがあるので使用できるかもしれません。


そして、デロルトキャブレター用のメインジェット2点
K12
購入したのは、(各¥540)
 
   6413.130
   6413.132
RS125には、標準で#128が装着されてる模様で、今回はその上の2種類を用意しました。
K13
チャンバー装着時には、”#132”から試そうかと思っています。

因みに、ウッドラフキーは今回は換装しないかもしれません。
ショップさんのお話しでは、点火時期を変更するというのはリスクを伴うので、換装しないで乗り、チャンバー交換の違いのみを換装前・後で把握した上で、必要と思えば換装して比較した方が無難の様な事を言われてました。
ウッドラフキーを進角させても他の電装パーツ?等も触らないと本当に効果が出ない事もあり、進角させると高回転まで回してなくてもその下辺りでもかなりの付加?デトネーション?が知らない間に進行している場合もあるとか・・・私の拙い知識で理解したのはその様な事でした・・・coldsweats01



ともあれ・・・これで、パーツは一揃い・・・・後はチャンバーの到着を待つのみですネ・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウォーターポンプ、フライホイール引き抜き用の特工を製作?・・・

バランサーギヤ、ウォーターポンプのメンテナンス(パーツ交換)、及び、社外チャンバーへの換装用に治工具(特工)を3点ですが製作してみました。



その1・・・
11
ウオーターポンプはこの様に組まれています。

パーツはケーシングにオイルシール、Oリング、樹脂ギヤに樹脂のインペラ・・・・
ステンレスのシャフトにロールピンで構成されています。

柔らかいパーツで出来てるので、傷つけず組み込み出来るように治具を製作・・・



ウォーターポンプのピニオン及び、トラストワッシャーを固定するスプリングロールピンを入れる為の治工具・・・
T3
左の青い物が治工具です。材質はシャフトやピンを痛めない様に”MCナイロン”で製作。
シャフトの径φ10mmに合わせて掘り込み、4mmのピンが入る所に5mmの穴を開けました。
T4
こんな感じにシャフトを据えて、打ち込みます・・・。



その2・・・
ウォーターポンプのケーシングに、オイルシール(10×26×7)を入れる治具を製作・・・
T5
材質は同じく、MCナイロン・・・
ケーシング内にオイルシールを押し込む為の治具です。

使い方は、至って簡単・・・治具の外径を左右(上下?)、敢えてサイズを変えています。
T6
オイルシールの外径が”26mm”なので、治具の大きい方の外径を25.2mmと径で0.8mm(片肉0.4mm)小さくして、ケーシングの内径(オイルシールの外径の26mmとほぼ同じか、僅か+と仮定し)、これで干渉せずに入れ込む事が出来るはず・・・。

因みに、治具の反対側は径が小さい方は、外径24mm(片肉1mm)と更に小さくしてます。
T7
どちらを使いうかは作業時の使い勝手で・・・



その3・・・
フライホイール引き抜き用の治具
1000pxestrattore_rotax_122_cad_2
こちらの図面をネットで入手・・・

一応、”RS125・ROTAX122エンジン用”となっていました。

現車のカバーを開けて確認したわけでもなく、これを元で実際使用できるかどうかは判りませんが駄目もとでこれを参考にして製作・・・、



こんな感じ・・・
T1
外径74mm、厚み9mm、RSのフライホイールに抽出用にある6mm?のボルトが使用できる長穴を開けてます。
更に、ホイールの回り止め用に、2面幅19mmのボックスレンチ(メガネレンチ等)で固定できるように六角を削り出し、他にもユニバーサルホルダー等が使用出来るように11mmの穴も3ヵ所に加工してみました。
中央に入れる抜き取りようのボルトも、傷つけず面辺りする様に先端を角度をつけ削りました。
上手い事、使えればいいですが・・・^^;


この度は、全ての作業をショップさんに依頼する予定で、プロの方にはこの様な工具が無くとも対応できるでしょうが、何時か自分でも作業できるようにと少しづつ・・・・揃えるのもいいかなと・・・^^;


因みに・・・チャンバーは、GIANNLLI製、サイレンサーは同社のケブラーカーボン製に・・・
到着は12月初めから中旬・・・無事到着を祈ります

全ての作業を終えるのは年末でしょうか~・・・・、待ち遠しいです・・・・^^;


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランサ-ギヤ、ウォ-タ-ポンプのメンテナンスの準備・・・

この10月で購入後1年が経過・・・、1年間で約10,000キロを走行しdash、今や走行距離が13,000キロ目前までに・・・、
因ってこの機会に気になる所をメンテナンスする事に・・・sweat01
Aaa

気にな所はいろいろとあるのですが、差し当たり一番不安な樹脂製バランサーギヤと、同じく樹脂製ギヤとインペラを持ち、オイルシールを軸受代わり?にしている”ウォーターポンプ”廻りの部品を交換する事に・・・

交換するに当たり部品を手配する事となりましたが、一部を除いて揃って来ましたのでパーツの詳細をアップします。

因みに部品については、バイクを購入したショップさんと、ROTAXのカート部品をネット販売しているショップさんで揃えました。

以下その詳細と掛かった経費を・・・
因みに、自分で考察しての内容で間違い、勘違い、誤記等々あると思いますので参考までに留め、価格にしてもショップさんの置かれた立場や入手経路により違いもあると思います・・・それを踏まえ・・・
以後の内容に載って事を起こしても、一切責任は負いませんので悪しからず、自己責任でお願いします・・・
但し、ご意見、ご教授、有難く承りますので宜しくお願い致します。



≪バランサーギヤ≫
Table_42rs125
上記はRS125のクランクシャフト、バランスシャフトの詳細図ですが、バランスシャフトギヤ(以下、バランサーギヤ)は、”No.7”になります。
アプリリア・パーツNo.AP0234431

B0
右はギヤケース内に装備されている標準のバランサーギヤの画像です。
(画像はネットより拝借しておりますm(_ _)m)
オレンジで囲った所は、振動を押さえる為にクランクシャフトとバランスシャフトの位相を考慮した合いマーク、これを合わして組まないと凄い振動に見舞われます・・・^^;

樹脂製だけに耐久性が心配されるところですが、個人の使用状況・・・一般走行かサーキット走行か、的確なギヤチェンジやそれに伴う回転数をスムーズに維持できてるか等々・・・
又、ギヤオイル交換のタイミング等によるメンテナンス状況により大きく影響されるかもしれませんので一概に必ず不具合が起きるものではないと思われます。

ただ、私の場合・・・この辺りで一度ギヤケース内を開けて点検し、今の自分の走行でどの程度の状況か把握するのも一考かと思い交換に踏み切りました。

そして、今回は樹脂製バランサギヤの替わりに、新型と称して金属製のギヤがカートショップ経由で出ている情報を得る事が出来たので、この度は金属製ギヤに取り替えてみます。
B1
金属製バランサーギヤ・・・5,279×2=¥10,558(税抜)
(品番:234435)
因みに・・・樹脂製バランサーギヤ・・・¥2,546(1個)
以上、共にカートショップ経由での価格です。

アプリリア純正樹脂バランサーギヤはショップさん経由で・・・約¥5,200(1個?)でした。
(1個でこの価格なら金属製ギヤと変わりません・・・^^;)

金属ギヤですが、見た感じよく出来た作りでバリも無く、熱処理もしっかり入っている様です。それでも一応ギヤの歯先を砥石で軽く撫で刃先の当たりを良くしときました。

バランサーギヤは、クランク(ピストン)の上下動に対して、バランサーギヤを介して偏心したバランスシャフトを(RS125の場合は等速で)回し振動を抑える構造上、ギヤ自体は同じ物を表・裏で使用してます。
ただ、この金属バランサーは同じ”ROTAX社製”でもカートの”MAX125cc”のエンジンに使用されることを考えてなのか定かではありませんが、クランクシャフト、バランスシャフト、それに対するバランサーギヤの”合いマーク”ポンチの位置がRS125の”ROTAX122”エンジンとは違うようです。
因って、RS125に使用されている樹脂製のギヤから写し取る必要があると、実際に使用された方が有難い事にネット上で公表されていらっしゃいました。
私は差し当たり、ネット上で公開して頂いている画像から写し取りましたが、画像からだけに実際に正しく写し取られているかは装着時に付いているギヤで確認の必要がありますのでこの画像を鵜呑みにしないで下さいね・・・悪しからず・・・1歯ずれてる可能性も・・・

次に下は、バランサーギヤを止めるサークリップ、上記詳細図の”NO.9”down
B3
左の方がアプリリア純正部品
  パーツNo.AP0245650(¥670×2)
右がカートショップ仕様のサークリップ
  パーツNo.945664(¥93×2)
共にシャフト径φ20㎜に効かす”軸用止め輪”の様なので、どちらを使用しても差し支えないとは思いますが、形状が違うのでサークリップを効かす金属バランサー及び樹脂バランサーの面形状により考える必要がありそうです。
この度は、いざと言う時の対応を考慮して2種類購入しました。


≪アイドルギヤ、ウォーターポンプ≫
Table_41rs125


部品番号No.10 アイドルギヤ28/13T
B4
上の画像の真ん中の四角の穴はオイルポンプを接続?する部分で、クランクシャフトに接続されたギヤをこの外周の歯で受け回る事により、オイルポンプ及びウォーターポンプを回しています。

下は、このアイドルギヤの裏の画像ですが、小さい方のギヤ部分がウォーターポンプのギヤと接続されウォータポンプのインペラを廻しています。
B5
カートショップで購入・・・パ-ツNo.634035(¥2,083)
因みに・・・アプリリアパーツNo.AP0634035(¥7,100)
多分、間違いなく同じものと思われますがこの価格差が・・・^^;


11そして右が”アプリリアRS125”、ROTAX122エンジンのウォータポンプの画像ですが、パーツの構成としては・・・

Oリング(26.7×1.8)×2
オイルシール(10×26×7)×2
トラストワッシャー(10.1×17×1)
ウォーターポンプピニオン16T
インペラ
スプリングピン(4×16)×2
ウオーターポンプ・ケーシング

オイルシール等を埋め込み、インペラ、ギヤを組み込む”ケーシング”(図面No.1)は単体としても購入できますが、”WaterPumpAssy”として画像の様に組まれた物も購入出来ます。(パーツNo.AP0293417?)
消耗した各パーツを交換せずに、ポンプをAssyとして購入すれば、古いポンプと差し替えれば済むようですが、価格は¥20,000~30,000?はしそうです^^;
因って今回は消耗しそうなパーツを交換する事に・・・
ちなみに・・・RotaxMAXのカートのエンジンは、レース毎のメンテナンスを考慮して構造を簡素にしてある為か判りませんが、ウォータポンプの構造がRSと異なりケーシングが無いようです、カート部品は”Assy”と注文すればインペラが付いたシャフトとして購入出来ます。

以下、購入したウォーターポンプのパーツ
B2
=カートショップからの購入品=
真ん中下・・・ウォータポンプAssy 
   パーツNo.220515(¥3,447)
  ★追記・・・このカート品のシャフトはRSのポンプのシャフトより短く使用できませんでした。但しインペラは共通部品で使用出来ました。
左上・・・トラストワッシャー(10,1×17×1)
   パーツNo.827590(¥164)
左下・・・オイルシール(10×26×7)
   パーツNo.230195(¥648×2)
右下・・・ウォーターポンプピニオン16T 
   パーツNo.234415(¥2,093) 

因みにアプリリア純正部品としてショップさんで購入すると、判っている物で・・・
ウォーターポンプピニオン16T 
   パーツNo.AP234415(¥3,700) 
インペラ
   パーツNo.AP0222195(¥1,500) 

   
=自分で手配=
 
右下・・・スプリングピン(4×16)
カートショップで、”ウォータポンプAssy”を頼めば”ウォーターポンプピニオン16T”を止めるスプリングピンも付属して来ると思いましたが付いてきませんでした。
Assyで付いているのは、組込み済みのインペラを止めた同サイズのピンのみでした。
個別に注文する必要があったようで、これだけ注文するのも・・・と言う事で会社に来る工具屋さんで”ステンレス・スプリングロールピン4×16”の内容で手配、まったく同じ物の様で使用に差し支えなさそうです。  
因みに・・・カートショップ・パーツNo.229200(¥352)
(アプリリアパーツNo.AP0229380 ¥???)

=バイクショップからアプリリア純正部品で購入=
真ん中上・・・Oリング(26.7×1.8)
   パーツNo.AP0430060(¥910×2)
この”Oリング”はケーシングの外径部に2ヶ所付けられるもので、前述したようにカートのエンジンではこのケーシングがありませんのでアプリリア純正部品として購入するしかないよです。¥910とかなり高価なOリングです・・・^^;

多分、ここまで揃えればウォーターポンプ廻りの消耗された部品をすべて交換できるのではないかと思われます。
ただ、気になるものが1点・・・ウォーターポンプのケーシング外径にある小穴から内部に組み込まれたオイルシールに、”モリコート111”と言うシリコンベースのグリスを注入する様になっています。
ベアリング構造でなく、オイルシールでポンプのシャフトを支持している構造上、このシリコングリスで潤滑させてる様でどうもかなり重要な部分の様です。
ショップさんでこのグリスがあればお借りする所ですが、ない様であれば購入する必要があるかもしれません・・・
この”モリコート111”・・・、国内の多くのネットショップで購入する事は出来ますが、¥6,000(150g)とかなり高価!どうするか悩むところです・・・^^;


カート屋さんは、ROTAXからの部品支給価格だから安く、バイクショップではROTAX⇒アプリリアからの純正部品として購入する為にアプリリアが介入する分、価格が上がるのでしょうか?、
パーツNo.事態は、アプリリアからの場合、頭に”AP”の文字こそが付きますが、カートショップからのパーツNo.の数字の番号自体は両社一緒なので同様のパーツ、材質も同じ?との噂もありますが・・・実際にその様にも思われます。(保証はありません、個人の見解です)

ケーシング以外、すべて交換の内容ですが、カートショップさんで揃えればアプリリアの純正”WaterPumpAssy”を購入するよりはかなり安価に上がると思います。
ただ、同じ”ROTAX”のパーツ商品と思いますので間違いはないかと思いますが、アプリリア純正部品として購入・使用しているわけではないので、組み換え・使用する上での不具合等は当然の事、”自己責任です”ので悪しからず・・・



≪クラッチカバー関係で手配した物・・・≫
Table_49rs125_3
No.10ガスケット
パーツNo.AP0250206(¥1,700)
実は、これだけがバイクショップさんの在庫切れでバックオーダー・・・
本国イタリア・アプリリア社?に手配中・・・^^;
多分納期は1ヶ月~1ヶ月半??らしい・・・
ギアケース内の部品がショップさん在庫としてあったのにガスケットが無かっただなんて・・・逆にこれだけはあるのでは思ってただけにガッカリです・・・^^;
何せこれがないと最後、組み上げれませんから・・・・^^;
他に手はない事も無いのですが、取り敢えず予備品として2枚注文して待つことにしました。

その他・・・No.9 オイルシール(12×22×7) B6
パーツNo.AP0250455(¥2,310)
チェンジペダルのオイルシールですが、どうせなら取り替えても良いかもしれません。

以上がこの度、用意しているパーツですが、今回は主にバイクを購入したショップさん経由で純正部品は購入していますが、国内に在庫があるものは1週間以内で手に入りますが、在庫切れの場合は1ヶ月以上掛かる事も・・・
RS125の場合は海外のネットショップからの購入も可能で、品数も純正品・リプレイス品共に豊富で価格も国内で購入するよりかなり安値で販売されています。
運送料を考慮すればある程度まとまった金額であれば利用するのも手だと思われます。
私自身まだ利用した事はありませんが、腰上のメンテナンス等を行う時は真剣に考えたいところです・・・。

Aaa12
因みに、これらバランサーギヤの交換、ウォーターポンプのメンテナンスは、場所さえあれば自分で頑張れば行えそうでもあるのですが、今回はショップさんにお願いしてプロの目から見た意見も参考にさせてもらうかと思ってます。

参考までにバイクを購入したショップさんで概算してもらった工賃は概算で・・・
  ウォータポンプの交換(メンテナンス)・・・¥23,000?
  バランサギヤの交換・・・¥21,000?
これらは部品はこちらで持ち込み、純粋にそれぞれ単体での作業のみの工賃です。
(私の場合、ギヤオイルも用意しています)
但し、ポンプ、ギヤを同時に行えば重複する作業は省けるので合算した数字よりは安くはなるそうです。
しかしながら、実際に作業する上で何らかの不具合があり、必要以上に手間が掛かった時はオーバーする事は当然あるうえ、私もまだ行った結果の資料でない上、ショップさんにより当然工賃は違うので鵜呑みにせず参考までに・・・
安いからと言っていい訳では無く、高価な工賃でもそれに見合った作業であればそれはそれで構わないと自分は思います。

”アプリリア・RS125”と言うバイク・・・この近辺でメンテナンスをしているショップは無く、購入したショップさんでもこの支店では初めて触る模様です・・・故に私自身も作業内容の詳細をショップさんと打ち合わせしなければならず資料をまとめる作業も継続中です。



更に・・・今回もう一つ作業をお願いする事に・・・sweat01

実は、社外のチャンバー、サイレンサーを手配しました。
手元に来るのは順調であれば1ヶ月後?の予定です。クラッチカバーのガスケットも1ヶ月は掛かりそうですし、1ヶ月後?全ての部品が到着した所で作業をお願いする事になりました。

チャンバー装着に際して・・・・
チャンバー装着する上で、ウッドラフキーは付属していましたが、メインジェットは付属しておらず、チャンバー等が入荷するまでにメインジェットを入手する予定です。
更にウッドラフキーを装着するとなると・・・フライホイール側を開けなければならないので工賃の上乗せもありそうです。。。^^;
それに、チャンバーの防錆処理も考えないと・・・・^^;

この1ヶ月の間、まだまだ事前に準備する事ありそうです・・・出来れば年内に何とか容になれば・・・いいかな~^^


チャンバーの詳細はまた今度・・・

Aaa1



≪参考資料≫
RS125メンテナンスマニュアル関連
http://www.carlsalter.com/pdfs/Aprilia_RS125%20Repair_manual_2006.pdf
http://apriliaforum.xrea.jp/manual/122,125%20Rotax%20Manual_Reparatie_1996.pdf
http://www.rs125.it/public/wiki/index.php?title=Categoria:Manuali_meccanica

アプリリアRSパーツ図面
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8vu0v16o3i5j
http://www.apriliagenuineparts.co.uk/catalogue-rs-125-2006-2010-62.php

RSパーツが入手できる海外ネット通販
http://www.pjme.co.uk/acatalog/Aprilia_RS1252.html
http://www.af1racing.com/store/Scripts/prodList.asp?idCategory=1508

ROTAX・MAXカートエンジンパーツ
http://www.next-one.org/index_lineup_top.htm
(カートのエンジンのパーツは、他にもRSに流用出来るパーツが多くある様です)

画像をお借りしたブログ
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/475044/car/1385066/2471981/note.aspx

金属バランサーギヤ参考ブログ他・・・
http://ameblo.jp/handsome-r/
http://motorbike.cocolog-nifty.com/rs125/


参考にさせて頂きましたサイト、ブログ等々まだありますが、幾つかを取り上げさせて頂きました。
ここに取り上げさせて頂いた事で問題がある様でしたら、その記述を直ちに削除致しますのでご容赦下さい。

 

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スマホ用ホルダーとGPSレーダー、USB電源の設置完了・・・

この8月から、バイクに”スマートフォン”と、”GPSレーダー・LCD”、を設置する計画を立てましたが、なんとか使用できる状態にはなったのでアップします・・・

これまでの流れをおさらいすると・・・

7月末に、”デイトナ MOTO・GPS・RADAR-LCD” を購入し・・・
R1
その時の紹介記事・・・
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-a59e.html


8月初めに、それを取り付ける為のステーを自作・・・
Nn4

Nn7

Nn8
その時の記事・・・・
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-0e23.html



9月に入り、”USB電源の設置”と”スマホ・ホルダー取り付け用のステー”を製作・・・
アルミ削り出しで大・小のステーを製作・・・down
U04

USB電源を取り付け・・・
U9
スマホ・ホルダーも何時でも取り付け出来る様になりました。
U996
その時の紹介記事・・・
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-2dd3.html


その後・・・、GPSレーダーは活用していますが、半日程度の”朝駆け”や”プチツー”ばかりなので、スマホのホルダーまで使用する事も無かったのですが、折角設置する為のステーも作っている事でもあるし、何時でも使用できるようにホルダーを購入しカウル廻りに干渉しないか確認しました。

この度、購入したスマホ・ホルダーは・・・
M1_2
”ミノウラ・スマートフォンホルダー iH‐100‐S”
これ以外に、第一候補として”デイトナ・スマートフォンホルダー”もあったのですが予算の関係上、安価なこちら側を選択・・・coldsweats01

ステーに付けてみると・・・down
Mi2
こんな感じ・・・eye
Mi3
細かい事を言えば気になる所もありますが、何とか使えそう・・・

バイクにセットしてみます・・・
Mi4
GPSレ-ダ-を取り付け、スマホ用ステーをセット・・・

スマートフォン・ホルダーをセット・・・down
Mi5

角度を変えて・・・eye
Mi7

タンクとのクリアランスは、かなりある様に見えますが、セパハンなせいかハンドルを目一杯切るとこれでもギリギリです。
Mi6


”ミノウラ・スマートフォンホルダー iH‐100‐S”は、”デイトナ・スマートフォンホルダー”に似た作りですが、細かい所を見るとデイトナの方が良さそうに見えます。

ともあれ・・・これで遠出した時にスマホがバッテリー切れで使えなくなる事は避けれそうです。
但し・・・・バイクが出先で不動になるとお手上げですから、余裕を持って接続し早目に充電する事が大事かもしれませんね。


因みに・・・12,000キロを超えて来たのでバイクが不動にならない様に、ギアケース内のバランスギヤ、オイルポンプ、ウォーターポンプ廻りのメンテナンスをする為に準備中です・・・
出来れば社外のチャンバーも装着したいところですがどうなりますやら・・・^^;



↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝駆け・・・、”一の俣砂防ダム湖”と”華山”

11月1日(土)・・・世間では3連休の声もありますが、私は仕事でした。
2日の日曜日は法事、3日の月曜日は天気もやや回復し、時間も取れたので日課の朝駆けに・・・dash

週末は天気は荒れ模様rain・・・前日の昼から北寄りの風がかなり強く吹きだし、月曜日も同じく北寄りの風・・・typhoon

悩んだ挙句・・・取り敢えず何時もの方向に走りながら考える事に・・・sweat01
G1
市街は日が差していたのですが、広域農道”ブルーロード”のトンネルを過ぎた辺りでは冬の空・・・sweat01

山口県西部の山陰方面でも北寄りの冬の季節風が吹くと、この様な空模様になる日が多くなります。
何せ、この日の最低気温は下関市で10℃、豊田町では3℃・・・最高気温が16℃、とこの秋?一番の低さ・・・coldsweats01
服装も、上はスリーシーズン用のバイクジャケットとゴアテックスの中着を着込みハイネックのヒートテックの肌着、下はジーンズですがその下はスパッツと膝下にはサポーターとニープロテクターで武装・・・この時期では快適ですscissors

ここから道の下を見ると・・・eye
G2
酪農?牛が放牧されているんですね~taurus
広域農道が通ってから、この辺りも多少開けて?見えますが、本来なら農村の奥まった山間の谷底の様なところで、上畑の農村から入る道があるのですが一度はどんな山奥か行ってみたいと思ってたのがどうもここらしい・・・いつかこっそり行って見ようかな~~

この日は、ブルーロードを素直に終点まで行き、上太田から大庭山の農道をかすめ角島へ・・・

でも、素直に直行せずにここへ立ち寄ります・・・down
G3
山陰線・特牛駅・・・先日も農道を走ってたら偶然この前を通ったんですが、この駅は人気のないへんぴな所にあるんですよね~・・・・
それで今回立ち寄り撮影を・・・鉄道ファンではないですが山陰の駅って趣があるので機会があれば寄って撮るのも良い気がしてます。

そして、R191に出て・・・到着です!
G4
いや~、北風が強いので予想はしてましたが、荒れ模様wave・・・海もうねっていますcoldsweats01
取り敢えずトイレ休憩し・・・
G5
風で流されるのも嫌なので橋をゆっくり走り、”しおかぜの里”へ行っては見たものの、風が強すぎ直ぐに撤退・・・coldsweats01

でも、橋の途中で撮影・・・
G7
この様な日は、ここで冬の雲をバックに撮影するのがお気に入り・・・happy01

取り敢えず、こんな日は風の無い内陸部を目指すことに・・・
R191に出て阿川の農免道路に乗る前にここに立ち寄り・・・
G8
山陰線・阿川駅・・・
ちょっと前に?、タレントの阿川佐和子さんが”鶴瓶の家族に乾杯”で阿川さんのルーツ探しで立寄られてましたね~happy01

そして、ここも離脱し”一の俣”を目指します・・・dash
G9
農免道路を経由し・・・dash
G91
これでも県道・・・です・・・
G93
一面苔生した壁・・・eye
G94
一旦、前を素通りしましたが、面白そうな背景になりそうなので引き返し撮影・・・
でも、ここもこれまで何回か走ってるのですが、今まで気にならなかったのが不思議なくらい・・・注意力ないですね~sweat02
G92
水槽でも綺麗に苔を生やすの難しいのに綺麗に苔てます・・・・eye

田耕~殿居を経由し、R491”一の俣温泉”方面へ・・・

温泉街を通り過ぎ・・・ずんずん行きます・・・
すると・・・、目の前に綺麗に流れ落ちる水とダムが・・・eye
G98
”一の俣砂防ダム”だそうです。
その上流に湖?が”一の俣砂防ダム湖”、又は”蒼霧鯉池”とも呼ばれてるそうです。
G95
マイナーな様で意外とバイク乗りの方たちが立ち寄るみたいです。
水は綺麗で、鯉も泳いでいて水没林もあるせいか神秘的?な雰囲気を醸し出していて、何より静寂!
下のダムの水の落ち込みは激しいのに、この湖は流れも感じないくらい静かです!
G96
一人きりの時間が過ぎていきます・・・猿・熊、出るなよ~~何せ下関市でも、この辺りは出ても不思議でなくなって来てます。coldsweats01
G97
実は数ヶ月前に義兄とプチツーした時に雨の中、長門から山中を走り(R491)、この一の俣に抜け、この湖の前を通ったのですがその時は雨の中の山中酷道走りに疲れ、立寄る元気も無く、ソロでもないので素通り・・・sweat02
今回もこのまま奥に行けば長門に抜ける事が出来ますが、このバイクにはかなりテンションを上げて行かないと辛い酷道ですし、その上に雨上がりの後なので今回は無しで・・・coldsweats01

その代り、選んだのは下関市で一番高い山・・・華山(げさん)へ・・・fuji

再度、R435に出て、狗留孫山方面に右折R491へ・・・
”みのりの丘”で一旦、コーヒーブレイク・・・休憩します。happy01
この日、初めてのコーヒータイムです。

更にR491を進み大峠、旧殿居小学校分校前を通り過ぎ・・・・、
重兵衛茶屋をかすめ・・・
G99
お蕎麦とこんにゃくの田楽が頂けますが、今回は回避・・・
右に行けば狗留孫山へ行けますがそれはまた今度・・・

更に奥へ・・・左に折れれば華山の山道へ・・・
G9994
舗装はされ、道幅もそれ程狭くはありませんが、昨日の雨と強風のせいか季節がら枯葉の多いい事・・・sweat01
枝や小石には要注意・・・バキバキ言ってます・・・coldsweats01
それでも道中、バイクのグループや自転車で上がってる強者も多く・・・そんな中、負けじと頂上付近まで・・・dash
G991
ここは下関市一番の標高だけに、各テレビ局のアンテナが建っています。
もう少しで頂上ですが小休止・・・
G992
少し紅葉してるかな~・・・、この標高にしては思ったほど紅葉してませんでした。

それではもう少し上がって頂上へ・・・
G9995
後ろに見える、あのアンテナまで・・・upwardright

この道を上がってくるとアンテナのある頂上です・・・down
G9991
以前ここに来たのは、かれこれ20年前になるでしょうか~、かなり印象が違って感じます・・・
G998
アンテナばかり目が行きますが、実はここ・・・ハングライダーの飛び出し台(ランチャー台)があるんです。

このアンテナの裏を廻ると・・・
G993
何やら木造の踊り場が・・・eye
以前来た時はもう少し朽ちてたイメージでしたが、今は綺麗な踊り場に・・・

こんな感じです・・・
G994

ここまで来れば、もう少し眺めない手はありません・・・下関市の最高峰713mの頂上ですsign03
G995
ここは、先端の傾斜してる所・・・高所恐怖症ではありませんが、これ以上先は無理・・・sweat01
それに他に誰も居ないので、落ちても暫くは誰も気が付かないだろうな~~coldsweats01

右を見渡すと・・・eye
G996

左は・・・eye、何処を眺めてるのかよく判りません・・・sweat01
G997
後で考えれば、コンパスアプリを使えば方向が判り、何処を眺めてるか判ったかも・・・coldsweats01
ここで寝転がって暫しまったり・・・・したかったですが今日は止めときますhappy02

この他にもランチャー台がありますが、そちらへは立寄らず山を降ります・・・
G999
その道すがら景観を眺め・・・

どの辺りが見えてるかよく判りません・・・
G9992

この下の右に見えてるのは比較的大きい展望所・・・
G9993
ここには、お一人のスクータ乗りの方が先程休憩されていました。

私のバイク(RS)は、2サイクルのキャブレター仕様・・・これまで500Mちょっとの標高までは上がった事があり問題は無かったのですが、700Mを超える華山では果たして・・・不安もあったのですが、特に問題なくエンジンは廻ってました。
登りでは、ギヤも1~3速でしたが回転数高めのギヤを選択し回してれば問題ありませんが、少し落ちると多少もたついたのかな~程度・・・
一旦エンジンを止めて休憩した時は、再度エンジンを掛けるのにほんの少しですがボコついた感じがありました。

その後、この道をそのまま降り・・・川棚経由で11時半には無事帰還・・・170キロ弱の朝駆けでした~・・・・


紅葉はもう少し時間が掛かりそうですが、これから紅葉の中も走ってみたいですね!
それと共に徐々に寒くなって来るのでしょうが、私は寒さは比較的強い方だと思うので天気さえ良ければ、まだまだ朝駆けしますよ~~dash

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”アプリリア・RS125”、のユーロ規制?・・・

バイクを購入する際、経済的に維持費が安い?のが前提で、それでは車検が無い250cc未満?・・・sweat01

でも任意保険が?・・・それでは、ファミリーバイク保険で安く出来る125㏄以下・・・、sweat01

そんなこんなで125ccを見渡すと・・・eye
昔と?違い今の世の中スクーターばっかり・・・sad
更に、私が若い頃走っていたオフロードバイクの車種の少ない事・・・sweat02
250ccクラスを見ても・・・馬力は下がってるし大人しそうなバイクばかりで購入意欲がdown・・・wobbly

何時の間に、こんな世の中になっちまったんだsign02

そんな中でネットを徘徊し、出会ったバイクが”RS125”・・・dash
今時珍しい?、2ストローク・・・更にはこのクラスでは考えられない”30ps”を超える異常なスペック・・・sweat01
へ~~こんなバイクもあるんだね~・・・・happy02
Aa1

そして・・・購入に至りましたが、ショップさんで購入時に、”フルパワー仕様で32ps出ているバイクです”と言う話で購入しましたが、その時は”RS125”には”ユーロ規制”のあおりでいろいろなタイプがある事まで知らずに購入しました。

RS125は・・・、1992年は”EXTREMA”に始まり、エンジンには初期型の”ロ-タックス123”キャブレターも34口径の”デロルトVHSB34”搭載で出力34ps・・・・、
その後マイナーチェンジを経て、1996~1997年から中・低速域のトルクを改善し、クラッチをカセット式に変更した”ロータックス122”を搭載、キャブレターも”デロルトPHBH28”へ・・・
その後、足回りや外装をマイナーチェンジしつつ、2004年頃?から”ユーロ2”の規制でチャンバーに触媒が装着されパワーダウン・・馬力も21kW・28~29馬力へ
そして、2006年にフルモデルチェンジし今の容に・・・

”ユーロ2”から”ユーロ3”と排ガス規制に対応しながら最終的に2011年?頃まで製造されましたが、日本国内に正規輸入されたのは2008年まで・・・
2009年からは”ユーロ3”の規制で、キャブレターはVHST28に、CDIも変更、24馬力まで落ち、その後は排気デバイスが無くなり・・・15馬力まで落とされた様です。

そして、私のRSは・・・
E2
2009年 A EU  とあります。
2009年製 A? 2009年初期って事でしょうか?
EUは、EU仕様って事で、JJだと日本仕様・・・・
日本向けJJ仕様の正規輸入品は2008年までで、その表示だと”ユーロ2”のロータックス122、デロルトPHBH28搭載、CDIは日本デンソー製の29馬力タイプになりますが、私の2009年の並行輸入EU仕様と言う事になると、”ユーロ2”と、”ユ―ロ3”が混在するみたいで、私のRSは本当はどっちなの?と言う疑問もありました。

もう一つの銘板・・・
E1
車体NO.や、各出力・回転数時の音量表示?

CDIは・・・
E3
タンデムシートを取り除けば見る事が出来ます。日本デンソー製・・・・

”ユーロ2”規制に対応する為に、CDIで回転数を5000~6000rpm?以下に抑えてるのですが、日本デンソー製のCDIならば加工する事によって回転数縛りを取り除き、パワーバンドに入れる高回転での使用とそれに伴う排気デバイスの稼働が可能、フルパワー仕様(28ps)に変更する事が出来ます。
ショップさんでは購入時、”32psフルパワー計測”と言われてましたが、これはどう見ても誇大過ぎ、眉唾もの、よく言った・・・真に受けた私も??ですが・・・coldsweats01

そして、CDIの裏側を・・・
E4
しっかり配線をカットする加工が施されていますし、埋めた後が・・・

キャブレターも”PHBH28”なので、私のRSは”ユーロ2”規制のフルパワー29ps仕様って事で間違いないようです・・・それはそれで一安心。

でも、購入して暫く経ってショップさんのシャダイで計測したところ、後輪出力で21ps、実測最高速度140キロオーバーでした。(メーター速度は不明)
このショップさんのシャダイはかなり渋い数値が出るとは聞いてますが、後軸24~25ps位はあるのかなと思ってただけにこの数値にはこの時は少しショックで、本当は”ユーロ3”?ではと言う疑問も湧きました・・・

しかし、何度も言いますが購入時は店舗は違っても同じグループのシャダイで”32ps”計測ってsweat01・・・もともと29ps仕様なのにどんだけ・・・誇大表示?、普通なら返品ですよ・・・coldsweats01

その後、タイヤ・ドライブチェーン・エアクリーナーの交換、排気デバイスの清掃等々してますが、基本ノーマル車・・・1年経過した今現在で後軸出力でどの程度か試してみたい気もしてます。


自分にとっての”RS”・・・純正仕様にしてもこのクラスにしては出来過ぎのフレームとブレーキと足回りではあるのですが、そこは小型バイク・・・パワーはそこそこあり、2サイクル単気筒独特の音と加速、跳ねるサスペンションで、乗ってる本人は一般道ではギャップの度に飛び跳ね、実質スピードよりはスピード感とスリルを感じ、俺は早く走ってると錯覚を覚え?ます・・・軽い上り坂のストレートで大型バイクの圧倒的なパワーの前にあっという間に交わさた時は、ハッと目が覚める事もありました・・・
最近、大きいバイクにに乗りたい誘惑もない訳ではありませんが、金銭的余裕を考えるとそういう訳にもいかず・・・
250cc以下で考えると、高速道路で長距離をとはいきませんが、今現在の情勢では”RS”は充分に楽しいバイクではありますね~~
S







ただ、このバイクにも試乗してみたい・・・
Pic_5041


思いっきり廻すとどんな感じなんだろう~~

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »