« スマホ用ホルダーとGPSレーダー、USB電源の設置完了・・・ | トップページ | ウォーターポンプ、フライホイール引き抜き用の特工を製作?・・・ »

バランサ-ギヤ、ウォ-タ-ポンプのメンテナンスの準備・・・

この10月で購入後1年が経過・・・、1年間で約10,000キロを走行しdash、今や走行距離が13,000キロ目前までに・・・、
因ってこの機会に気になる所をメンテナンスする事に・・・sweat01
Aaa

気にな所はいろいろとあるのですが、差し当たり一番不安な樹脂製バランサーギヤと、同じく樹脂製ギヤとインペラを持ち、オイルシールを軸受代わり?にしている”ウォーターポンプ”廻りの部品を交換する事に・・・

交換するに当たり部品を手配する事となりましたが、一部を除いて揃って来ましたのでパーツの詳細をアップします。

因みに部品については、バイクを購入したショップさんと、ROTAXのカート部品をネット販売しているショップさんで揃えました。

以下その詳細と掛かった経費を・・・
因みに、自分で考察しての内容で間違い、勘違い、誤記等々あると思いますので参考までに留め、価格にしてもショップさんの置かれた立場や入手経路により違いもあると思います・・・それを踏まえ・・・
以後の内容に載って事を起こしても、一切責任は負いませんので悪しからず、自己責任でお願いします・・・
但し、ご意見、ご教授、有難く承りますので宜しくお願い致します。



≪バランサーギヤ≫
Table_42rs125
上記はRS125のクランクシャフト、バランスシャフトの詳細図ですが、バランスシャフトギヤ(以下、バランサーギヤ)は、”No.7”になります。
アプリリア・パーツNo.AP0234431

B0
右はギヤケース内に装備されている標準のバランサーギヤの画像です。
(画像はネットより拝借しておりますm(_ _)m)
オレンジで囲った所は、振動を押さえる為にクランクシャフトとバランスシャフトの位相を考慮した合いマーク、これを合わして組まないと凄い振動に見舞われます・・・^^;

樹脂製だけに耐久性が心配されるところですが、個人の使用状況・・・一般走行かサーキット走行か、的確なギヤチェンジやそれに伴う回転数をスムーズに維持できてるか等々・・・
又、ギヤオイル交換のタイミング等によるメンテナンス状況により大きく影響されるかもしれませんので一概に必ず不具合が起きるものではないと思われます。

ただ、私の場合・・・この辺りで一度ギヤケース内を開けて点検し、今の自分の走行でどの程度の状況か把握するのも一考かと思い交換に踏み切りました。

そして、今回は樹脂製バランサギヤの替わりに、新型と称して金属製のギヤがカートショップ経由で出ている情報を得る事が出来たので、この度は金属製ギヤに取り替えてみます。
B1
金属製バランサーギヤ・・・5,279×2=¥10,558(税抜)
(品番:234435)
因みに・・・樹脂製バランサーギヤ・・・¥2,546(1個)
以上、共にカートショップ経由での価格です。

アプリリア純正樹脂バランサーギヤはショップさん経由で・・・約¥5,200(1個?)でした。
(1個でこの価格なら金属製ギヤと変わりません・・・^^;)

金属ギヤですが、見た感じよく出来た作りでバリも無く、熱処理もしっかり入っている様です。それでも一応ギヤの歯先を砥石で軽く撫で刃先の当たりを良くしときました。

バランサーギヤは、クランク(ピストン)の上下動に対して、バランサーギヤを介して偏心したバランスシャフトを(RS125の場合は等速で)回し振動を抑える構造上、ギヤ自体は同じ物を表・裏で使用してます。
ただ、この金属バランサーは同じ”ROTAX社製”でもカートの”MAX125cc”のエンジンに使用されることを考えてなのか定かではありませんが、クランクシャフト、バランスシャフト、それに対するバランサーギヤの”合いマーク”ポンチの位置がRS125の”ROTAX122”エンジンとは違うようです。
因って、RS125に使用されている樹脂製のギヤから写し取る必要があると、実際に使用された方が有難い事にネット上で公表されていらっしゃいました。
私は差し当たり、ネット上で公開して頂いている画像から写し取りましたが、画像からだけに実際に正しく写し取られているかは装着時に付いているギヤで確認の必要がありますのでこの画像を鵜呑みにしないで下さいね・・・悪しからず・・・1歯ずれてる可能性も・・・

次に下は、バランサーギヤを止めるサークリップ、上記詳細図の”NO.9”down
B3
左の方がアプリリア純正部品
  パーツNo.AP0245650(¥670×2)
右がカートショップ仕様のサークリップ
  パーツNo.945664(¥93×2)
共にシャフト径φ20㎜に効かす”軸用止め輪”の様なので、どちらを使用しても差し支えないとは思いますが、形状が違うのでサークリップを効かす金属バランサー及び樹脂バランサーの面形状により考える必要がありそうです。
この度は、いざと言う時の対応を考慮して2種類購入しました。


≪アイドルギヤ、ウォーターポンプ≫
Table_41rs125


部品番号No.10 アイドルギヤ28/13T
B4
上の画像の真ん中の四角の穴はオイルポンプを接続?する部分で、クランクシャフトに接続されたギヤをこの外周の歯で受け回る事により、オイルポンプ及びウォーターポンプを回しています。

下は、このアイドルギヤの裏の画像ですが、小さい方のギヤ部分がウォーターポンプのギヤと接続されウォータポンプのインペラを廻しています。
B5
カートショップで購入・・・パ-ツNo.634035(¥2,083)
因みに・・・アプリリアパーツNo.AP0634035(¥7,100)
多分、間違いなく同じものと思われますがこの価格差が・・・^^;


11そして右が”アプリリアRS125”、ROTAX122エンジンのウォータポンプの画像ですが、パーツの構成としては・・・

Oリング(26.7×1.8)×2
オイルシール(10×26×7)×2
トラストワッシャー(10.1×17×1)
ウォーターポンプピニオン16T
インペラ
スプリングピン(4×16)×2
ウオーターポンプ・ケーシング

オイルシール等を埋め込み、インペラ、ギヤを組み込む”ケーシング”(図面No.1)は単体としても購入できますが、”WaterPumpAssy”として画像の様に組まれた物も購入出来ます。(パーツNo.AP0293417?)
消耗した各パーツを交換せずに、ポンプをAssyとして購入すれば、古いポンプと差し替えれば済むようですが、価格は¥20,000~30,000?はしそうです^^;
因って今回は消耗しそうなパーツを交換する事に・・・
ちなみに・・・RotaxMAXのカートのエンジンは、レース毎のメンテナンスを考慮して構造を簡素にしてある為か判りませんが、ウォータポンプの構造がRSと異なりケーシングが無いようです、カート部品は”Assy”と注文すればインペラが付いたシャフトとして購入出来ます。

以下、購入したウォーターポンプのパーツ
B2
=カートショップからの購入品=
真ん中下・・・ウォータポンプAssy 
   パーツNo.220515(¥3,447)
  ★追記・・・このカート品のシャフトはRSのポンプのシャフトより短く使用できませんでした。但しインペラは共通部品で使用出来ました。
左上・・・トラストワッシャー(10,1×17×1)
   パーツNo.827590(¥164)
左下・・・オイルシール(10×26×7)
   パーツNo.230195(¥648×2)
右下・・・ウォーターポンプピニオン16T 
   パーツNo.234415(¥2,093) 

因みにアプリリア純正部品としてショップさんで購入すると、判っている物で・・・
ウォーターポンプピニオン16T 
   パーツNo.AP234415(¥3,700) 
インペラ
   パーツNo.AP0222195(¥1,500) 

   
=自分で手配=
 
右下・・・スプリングピン(4×16)
カートショップで、”ウォータポンプAssy”を頼めば”ウォーターポンプピニオン16T”を止めるスプリングピンも付属して来ると思いましたが付いてきませんでした。
Assyで付いているのは、組込み済みのインペラを止めた同サイズのピンのみでした。
個別に注文する必要があったようで、これだけ注文するのも・・・と言う事で会社に来る工具屋さんで”ステンレス・スプリングロールピン4×16”の内容で手配、まったく同じ物の様で使用に差し支えなさそうです。  
因みに・・・カートショップ・パーツNo.229200(¥352)
(アプリリアパーツNo.AP0229380 ¥???)

=バイクショップからアプリリア純正部品で購入=
真ん中上・・・Oリング(26.7×1.8)
   パーツNo.AP0430060(¥910×2)
この”Oリング”はケーシングの外径部に2ヶ所付けられるもので、前述したようにカートのエンジンではこのケーシングがありませんのでアプリリア純正部品として購入するしかないよです。¥910とかなり高価なOリングです・・・^^;

多分、ここまで揃えればウォーターポンプ廻りの消耗された部品をすべて交換できるのではないかと思われます。
ただ、気になるものが1点・・・ウォーターポンプのケーシング外径にある小穴から内部に組み込まれたオイルシールに、”モリコート111”と言うシリコンベースのグリスを注入する様になっています。
ベアリング構造でなく、オイルシールでポンプのシャフトを支持している構造上、このシリコングリスで潤滑させてる様でどうもかなり重要な部分の様です。
ショップさんでこのグリスがあればお借りする所ですが、ない様であれば購入する必要があるかもしれません・・・
この”モリコート111”・・・、国内の多くのネットショップで購入する事は出来ますが、¥6,000(150g)とかなり高価!どうするか悩むところです・・・^^;


カート屋さんは、ROTAXからの部品支給価格だから安く、バイクショップではROTAX⇒アプリリアからの純正部品として購入する為にアプリリアが介入する分、価格が上がるのでしょうか?、
パーツNo.事態は、アプリリアからの場合、頭に”AP”の文字こそが付きますが、カートショップからのパーツNo.の数字の番号自体は両社一緒なので同様のパーツ、材質も同じ?との噂もありますが・・・実際にその様にも思われます。(保証はありません、個人の見解です)

ケーシング以外、すべて交換の内容ですが、カートショップさんで揃えればアプリリアの純正”WaterPumpAssy”を購入するよりはかなり安価に上がると思います。
ただ、同じ”ROTAX”のパーツ商品と思いますので間違いはないかと思いますが、アプリリア純正部品として購入・使用しているわけではないので、組み換え・使用する上での不具合等は当然の事、”自己責任です”ので悪しからず・・・



≪クラッチカバー関係で手配した物・・・≫
Table_49rs125_3
No.10ガスケット
パーツNo.AP0250206(¥1,700)
実は、これだけがバイクショップさんの在庫切れでバックオーダー・・・
本国イタリア・アプリリア社?に手配中・・・^^;
多分納期は1ヶ月~1ヶ月半??らしい・・・
ギアケース内の部品がショップさん在庫としてあったのにガスケットが無かっただなんて・・・逆にこれだけはあるのでは思ってただけにガッカリです・・・^^;
何せこれがないと最後、組み上げれませんから・・・・^^;
他に手はない事も無いのですが、取り敢えず予備品として2枚注文して待つことにしました。

その他・・・No.9 オイルシール(12×22×7) B6
パーツNo.AP0250455(¥2,310)
チェンジペダルのオイルシールですが、どうせなら取り替えても良いかもしれません。

以上がこの度、用意しているパーツですが、今回は主にバイクを購入したショップさん経由で純正部品は購入していますが、国内に在庫があるものは1週間以内で手に入りますが、在庫切れの場合は1ヶ月以上掛かる事も・・・
RS125の場合は海外のネットショップからの購入も可能で、品数も純正品・リプレイス品共に豊富で価格も国内で購入するよりかなり安値で販売されています。
運送料を考慮すればある程度まとまった金額であれば利用するのも手だと思われます。
私自身まだ利用した事はありませんが、腰上のメンテナンス等を行う時は真剣に考えたいところです・・・。

Aaa12
因みに、これらバランサーギヤの交換、ウォーターポンプのメンテナンスは、場所さえあれば自分で頑張れば行えそうでもあるのですが、今回はショップさんにお願いしてプロの目から見た意見も参考にさせてもらうかと思ってます。

参考までにバイクを購入したショップさんで概算してもらった工賃は概算で・・・
  ウォータポンプの交換(メンテナンス)・・・¥23,000?
  バランサギヤの交換・・・¥21,000?
これらは部品はこちらで持ち込み、純粋にそれぞれ単体での作業のみの工賃です。
(私の場合、ギヤオイルも用意しています)
但し、ポンプ、ギヤを同時に行えば重複する作業は省けるので合算した数字よりは安くはなるそうです。
しかしながら、実際に作業する上で何らかの不具合があり、必要以上に手間が掛かった時はオーバーする事は当然あるうえ、私もまだ行った結果の資料でない上、ショップさんにより当然工賃は違うので鵜呑みにせず参考までに・・・
安いからと言っていい訳では無く、高価な工賃でもそれに見合った作業であればそれはそれで構わないと自分は思います。

”アプリリア・RS125”と言うバイク・・・この近辺でメンテナンスをしているショップは無く、購入したショップさんでもこの支店では初めて触る模様です・・・故に私自身も作業内容の詳細をショップさんと打ち合わせしなければならず資料をまとめる作業も継続中です。



更に・・・今回もう一つ作業をお願いする事に・・・sweat01

実は、社外のチャンバー、サイレンサーを手配しました。
手元に来るのは順調であれば1ヶ月後?の予定です。クラッチカバーのガスケットも1ヶ月は掛かりそうですし、1ヶ月後?全ての部品が到着した所で作業をお願いする事になりました。

チャンバー装着に際して・・・・
チャンバー装着する上で、ウッドラフキーは付属していましたが、メインジェットは付属しておらず、チャンバー等が入荷するまでにメインジェットを入手する予定です。
更にウッドラフキーを装着するとなると・・・フライホイール側を開けなければならないので工賃の上乗せもありそうです。。。^^;
それに、チャンバーの防錆処理も考えないと・・・・^^;

この1ヶ月の間、まだまだ事前に準備する事ありそうです・・・出来れば年内に何とか容になれば・・・いいかな~^^


チャンバーの詳細はまた今度・・・

Aaa1



≪参考資料≫
RS125メンテナンスマニュアル関連
http://www.carlsalter.com/pdfs/Aprilia_RS125%20Repair_manual_2006.pdf
http://apriliaforum.xrea.jp/manual/122,125%20Rotax%20Manual_Reparatie_1996.pdf
http://www.rs125.it/public/wiki/index.php?title=Categoria:Manuali_meccanica

アプリリアRSパーツ図面
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8vu0v16o3i5j
http://www.apriliagenuineparts.co.uk/catalogue-rs-125-2006-2010-62.php

RSパーツが入手できる海外ネット通販
http://www.pjme.co.uk/acatalog/Aprilia_RS1252.html
http://www.af1racing.com/store/Scripts/prodList.asp?idCategory=1508

ROTAX・MAXカートエンジンパーツ
http://www.next-one.org/index_lineup_top.htm
(カートのエンジンのパーツは、他にもRSに流用出来るパーツが多くある様です)

画像をお借りしたブログ
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/475044/car/1385066/2471981/note.aspx

金属バランサーギヤ参考ブログ他・・・
http://ameblo.jp/handsome-r/
http://motorbike.cocolog-nifty.com/rs125/


参考にさせて頂きましたサイト、ブログ等々まだありますが、幾つかを取り上げさせて頂きました。
ここに取り上げさせて頂いた事で問題がある様でしたら、その記述を直ちに削除致しますのでご容赦下さい。

 

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« スマホ用ホルダーとGPSレーダー、USB電源の設置完了・・・ | トップページ | ウォーターポンプ、フライホイール引き抜き用の特工を製作?・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

純正パーツ、バイク屋さんから取り寄せると高くなっちゃいますよね〜!
正規輸入だとrotax→aprilia→ピアッジオジャパン→バイク屋さん。みたいな感じでしょうか…⁈
同じrotaxパーツなのにカートshopだと、rotax純正部品25%off!って時などありますからね。
自分も注文する時は迷わずカートshop でポチッとしますょ。

チャンバー装着楽しみですね!
メーカーにもよると思いますがチャンバー交換でメインジェット#130〜#132くらいだったと思います。
自分のは#135付けてますがコレは濃いと思います、それでも12000rpm回っちゃいます。テストで#138付けた時は真面に走りませんでした。薄い方向へは焼くと怖いので試していません。(≧∇≦)

以前は国内で簡単にジェット塁、通販で手に入ったのですが今は閉鎖されたようですね。

投稿: azuyuzu | 2014年11月16日 (日) 22時41分

☆azuyuzuさん、予想はしてましたが純正パーツ高いです^^;
カート屋さん、使えて助かります。25%offもあるんですか!!
今そうであれば余計に嬉しかったんですけどね~、今は5%offだったかな?^^
チャンバーはジャネリにしました、ご存知かもしれませんが”Spiralspinner”さんで購入しました。
メインジェットは付属していなかったので、ネットで注文できるショップさんがあるのでそちらに頼もうかと思いましたが、送料や代引き手数料がバカらしいので今日の事、隣の市のカート屋さんにTELしたら問屋さん?に在庫があり週末には手に入りそうです。
仰る通り、#130、#132を手配しております。
ウッドラフキーですが、RSのフライホイールはアプリリアの特工がいるのでしょうか、それとも市販の?フライホイールプライヤー?で外せるものなんでしょうか~ご存じでしたら教えて頂けたら嬉しいです^^;
チャンバーやその他の事は、またブログ内で少し取り上げる事になるかもしれません。

投稿: ゾフィ | 2014年11月17日 (月) 20時10分

自分のチャンバーはヤフオクで入手した物でして、ウッドラフキーは付いてませんでしたf^_^;

http://m.blogs.yahoo.co.jp/watase_ooxx/64834904.html
↑この方の画像を見る限りは市販の工具で大丈夫かと思います⁈

自分もフライホイールプーラーとか持ってたのですが以前友達のNSR250のクランク交換の時に歪ませてしまい、そのまま行方不明です…

車種に関係無く個体差により、呆気なくポロッと簡単に外れる物や、どれどけプーラーをねじ込んでも安価工具じゃ工具が削れて行くだけって事もある作業です。
インパクト使えば大概その衝撃で外れますょ。

投稿: azuyuzu | 2014年11月17日 (月) 23時06分

☆azuyuzuさん、お返事ありがとうございます。
この方のブログも拝見しましたが、そもそも市販のフライホイールプーラーに、どんなタイプがあるかすら私は知らなかったので画像を拝見してもよく判りませんでした。^^;
今、拝見するとユニバーサルホルダーと引き抜き用のプーラーらしい物が見れますね。
RSのサイトでロタックス122に使用できるプーラーの図面も入手できたので暇があれば作ってみます。
近々、ショップさんにも打ち合わせしに行くのでそちらでも聞いてもみるつもりです。
どこまで希望に沿って行ってもらえるか、わがままな要求みたいで少し気が引けてます。
同じRS乗りの方に相談できるなんて少し前までは考えられませんでした、azuyuzuさんに相談出来て感謝しております。
また今度、チャンバーで悩んだ時はいろいろご質問させて頂くかもしれませんが宜しくお願い致しますcoldsweats01

投稿: ゾフィ | 2014年11月18日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/60653392

この記事へのトラックバック一覧です: バランサ-ギヤ、ウォ-タ-ポンプのメンテナンスの準備・・・:

« スマホ用ホルダーとGPSレーダー、USB電源の設置完了・・・ | トップページ | ウォーターポンプ、フライホイール引き抜き用の特工を製作?・・・ »