« サイレンサーのラバーマウントと、チャンバーの高耐熱シリコンガスケット処理・・・ | トップページ | 朝駆け・・・秋吉台の山焼き後のカルストロードへ »

カウリング固定ボルトとブッシュの脱落?・・・

先週の土曜日は仕事でした・・・sweat02

この日は、夕方まで晴れのち曇りsun/cloud、帰宅後の夜半から雨模様rain?・・・の様な天気予報でした。

翌日曜日は完全に雨予報だったので朝駆けは中止・・・しかしながら週末になるとバイクに乗りたくてウズウズしてくる習性sweat01?になり、通勤ラッシュが少ない土曜日と言う事で天気が持つかどうか、かなり不安もありましたがバイクで通勤と相成りました~

しかし・・・不安は的中するもので、昼過ぎからかなり雲行きが怪しくなり15時には雨がポツリポツリ・・・sweat02

帰宅する時にはかなり強い雨にrainsweat01・・・sad
気持ちを切り替え、雨の中を無事帰還・・・そして、バイクを拭き上げてる時に違和感が・・・sign02

サイドカウルと言うか、アプリリアのパーツリストでは”セントラルボディ”と言う名称に当たる部分が少しぐらついてるではありませんか・・・

よくよくチェックして見ると・・・eye
T0001
左側のこのカウル(セントラルボディ)は、青〇の各箇所でM5のボルト(フランジボタンキャップ)で固定されています。
よく見ると・・・この内の黄色←のボルトが脱落しているではありませんか・・・sweat02

因みに反対側(右側)のカウルのこの部分のボルトを見ると・・・こんな感じ
T7
今回、左のカウルのこれと同じボルトが脱落してる訳ですが、このカウルを止めてある先程の青〇5ヶ所のボルトの内、脱落したこの1ヶ所だけにはブッシュが入ってます。(他は入ってません)
この画像にもボルトの右下に縁が見えてますが、これをパーツリストで見ると・・・

Table_11rs125
赤↑のこの2点・・・
No.8
 アプリリアパーツNo.AP8152298 Screw w/flange M5×16mm
No.9
 アプリリアパーツNo.AP8121795 Tbush

パーツNo.が判っているので手配してもらう事も出来そうですが、取り敢えず製作して対応する事にしました。

寸法どりする為に、右側のカウルのボルトとブッシュを外します・・・
T4
左がブッシュ、右がプフランジボタンキャップ(材質SUS)

このブッシュのサイズは・・・
T6
ツバの部分の外径は13㎜厚みは1mm、ブッシュの部分の内径6.5mm外径8.7mm
全長9mmみたいな・・・
材質はアルマイト処理したアルミニウムの様です。


今回は、ジュラルミン(A2017)で製作・・・
T2
予備も含め、2個制作・・・アルマイト処理は予算の関係上致しません・・・

以下、比較画像・・・
T3
左:今回の製作品
真ん中:既存の純正ブッシュ
右:フランジボタンキャプ

ステンレス・フランジボタンキャップは今回は”モノタロウ”で手配してみました。


フランジボタンキャップが到着するまで、手持ちのキャップボルト(SUS)M5×16mmで仮止め中・・・
T9


購入し1年4ヶ月経過し、外装のボルトやビスの締め付け具合のチェックを1度はした事がありますが、年間1万キロ近く走行した事を考慮すれば、時間が取れればもう少し必要かもしれません・・・

特に再々取り外しする所や、高価なパーツ、重要な所は要チェックです・・・scissors

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« サイレンサーのラバーマウントと、チャンバーの高耐熱シリコンガスケット処理・・・ | トップページ | 朝駆け・・・秋吉台の山焼き後のカルストロードへ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
さすがですね、手作りとは。
ボルト抜けは私も経験あります。場所はジェネレーターカバーのボルトですが(・・;)
たまたま、カウルの引っ掛かっていたため、脱落は免れましたが、他のボルトも軒並み緩んでて焦りました。
このバイク、定期的な増し締め作業が必要なのかもしれません。そんな所もひっくるめて気に入ってるんでけどね。

投稿: kaminari5656 | 2015年2月25日 (水) 01時04分

☆kaminari5656さん、この程度の物であれば1時間も掛からないので製作してみました。
ただ、ジュラルミンは機械的強度はあるのですが耐腐食性は高くないので、本当はアルマイト処理した純正パーツの方が正解かもしれません。
”モノタロウ”で購入したステンレス・フランジボタンキャップは、フランジ部の外径は同じ様でしたが、ボタンの盛り上がった部分が少し小さく、既存の純正ボルトと並べると見た目は違って見えますが、この部分は奥まった部分なので問題ないかと思います。
目立つところは全替えが必要かも・・・こんど純正品も試しに1組購入してみるかもしれません。

kaminari5656さんも緩んでましたか・・・^^;
増し締め・・・車検が無いバイクだけに定期的には必要の様ですね ^^;
確かにそんなこと起きなければ良いに越したことがないのでしょうが、愛着の湧くバイクであることは間違いないですね!
でも、周りの人からは壊れて?ばっかり~の様な目もあるのは否めない所もあるようです・・・^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月25日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61186145

この記事へのトラックバック一覧です: カウリング固定ボルトとブッシュの脱落?・・・:

« サイレンサーのラバーマウントと、チャンバーの高耐熱シリコンガスケット処理・・・ | トップページ | 朝駆け・・・秋吉台の山焼き後のカルストロードへ »