« チャンバー交換後の排気漏れ・・・? | トップページ | ”デロルト・PHBH28”キャブレタ-、メインジェットの交換と、アイドリングとエアースクリュ―の調整 »

2ストロークオイル・・・

2ストロークのバイクにとって、必要不可欠なものの一つが2ストローク用エンジンオイルです。
O2_3

『4サイクルエンジン』の場合、エンジン内の潤滑・冷却・ギアへの潤滑を1種類のオイルで行いますが、、構造の違う『2サイクルエンジン』の場合は、ギアへの潤滑はギアオイルを入れますが、ピストンへの給油・冷却は、2スト用エンジンオイルによりガソリンと事前に混合され燃焼され排出されます。

もう少し話すと、4サイクルエンジンのミッションやクラッチはクランクシャフトと同じクランクケース内にあって基本特に内部で仕切られていません。
対して、2サイクルエンジンのクランクケースは吸入工程の一部で混合ガソリン(2ストオイルが混合)が使用されるので、クランクの潤滑はその混合ガソリン内の2ストオイルが請け負っている事になり、ギアケースとは基本完全に分離されています。

その2スト用エンジンオイルは、燃焼室でガソリンと一緒に燃やされる為に、サイレンサーから白煙を上げて走ったり、オイルを撒き散らし?ながら走る原因になるわけですが、バイクの種別?や使用用途、ガソリンへの添加方法により各メーカーからいろんなタイプのオイルが発売されています。
個人により、好みや思い入れにより選ぶオイルはまちまちですが、私が気になっているオイルの規格を取り敢えず比較する為に上げてみます。

因みに”RS125”のエンジンオイルの仕様には・・・
推奨オイル・・・【”Agip SPEED 2T” もしくは、-L-EGD、JASO FC、A.P.I TC、同等またはそれ以上の性能の市販の合成オイル】・・・とあります。
そして、RSの場合は基本、”分離給油式”なので、ここでは混合式の事は考慮せず、分離給油式で考えていきます。


その中の規格、”JASO”とは・・・
自動車技術会(JASO)制定した2サイクルエンジンオイルの品質基準を表わす記号
正式には「JASO M345」と呼ばれる規格で、1994年7月1日より運用が開始。

品質の基準を表わすのは以下の3段階
FA・・・・・・・・・・ JASOの定める最低限の性能を有する2サイクルオイル(2003年に規格削除)
FB・・・・・・・・・・ FAより潤滑性、清浄性に優れる
FC・・・・・・・・・・ FBよりさらに排気煙、排気系閉塞性に優れる(スモークレスタイプ)
FD・・・・・・・・・・ FCの基本性能にさらに清浄性能を高めたオイル(2003年に規格追加)

”A.P.I”のTCは、大まかに言うと”JASO”のFCに・・・、”A.P.I”のTC+が、”JASO”のFDクラスと考えればいいそうです。


そして、オイルのスペックを表わす数字が・・・(以下、自分なりに調べて述べてますが、間違った見解や、表記があるかもしれませんご容赦を・・・)

《動粘度》
粘度と密度の比を動粘度と言い、潤滑油の場合mm2/sで表わされ、40℃と100℃での数値が書いてあります。
簡単に考えれば、40℃の時はエンジンが暖まってない時、100℃の時は暖まっている時と考えて、数値が高ければ硬く粘い?という事だそうです。
そして、40℃で数値が高ければ始動時の走り初めが重く、小さければ軽くなりレスポンスが良くなります。100℃で数値が大きければ温まってからのオイルの油膜がしっかりくっついていて、小さければその温度での油膜が少ないと考えられるそうですが、ここでもレスポンスが良いのは油膜が少ない方と言う事になるかと思いますが、油膜がそれなりにくっついておかないと焼き付きという問題も出て来ます。
また、極端な例を言えば分離給油式に於いては動粘度があまりにも高いものは、流動性が悪くオイルが回りずらくなり、その結果エンジンも廻りにくくなる事も考えられますし、最悪の場合は焼き付きと言う問題も出てきます。逆に低すぎるとレスポンスは良いかもしれませんが高温・高付加時の油膜の形成が少なくなり焼けやすくなる事が考えられます。(しかし、その場合は排気煙も少なくなる)
ただ、使用しているバイクの排気量や、それに伴う緒性能に違いあり(小さ排気量のバイクの場合は動粘度が低い方が好まれる?)、使用目的においても市街地走行、レース走行等によって選択肢が変わってくると思います。
混合式の場合はオイルラインが存在しないので、動粘度に対する考え方は一緒でしょうが選択するオイルも変わってくるかもしれません。

《粘度指数》
40~100℃での動粘度の変化率を示す数値で、粘度変化が大きいほど小さくなる。
よって逆に数値が大きいほど40℃と100℃の変化が少なく品質の優れたオイルと考えられるそうです。

《流動点》
オイルが冷えて固まる凝固点から25℃高い値。この数値が低いほど低温に強いと言う事になります。

《引火点》
オイルに火を近づけた時、瞬間的に発火する最低温度。
2サイクルオイルでは潤滑後に綺麗に燃えてもらわないと、カーボンやデポジットの発生原因になるのである程度低い事が理想。
ただ、あまりに早く燃えてしまうと高回転・高付加時の被膜形成に問題も出て来るかもしれません。

簡単に言えば、分離給油式に於いては動粘度は流動性を確保できるくらい高(硬)すぎない方が良いが、しっかり油膜が形成される程度は高くないと困る。
粘度指数は低温時高温時も遜色ない様に高く、発火点が低いものが煙も少ないオイルと言う事が言えるそうです。(そう簡単な物ではないでしょうが・・・)

何だか書いていて頭がこんがらがって来ますね・・・

そして、以下、各オイルのスペックを書いてみます。
(数値は出来るだけ各メーカーの発表している物を取り上げましたが、中には他の方のサイトで表記されてたものを引用しているものもあります。因って違った数値や、書き違いもあるかもしれません・・・・)

まずは、”アプリリアRS125”推奨品のオイル・・・
”Agip SPEED 2T”(JASO FC)は・・・
40℃動粘度  :   55.0
100℃動粘度 :    9.7 
粘度指数    : 162.0
流 動 点(℃)     :  -54.0
引 火 点(℃      :  82.0 
   
(半合成油)

現在使用中のオイル・・・
”MOTUL710-2T”(JASO FD)
40℃動粘度  :   46.4
100℃動粘度 :    8.9 
粘度指数    : 175.0
流 動 点(℃)     :    ?
引 火 点(℃      :  88.0    
(全合成油) 
  

以下その他のオイル・・・
”MOTUL510-2T”(JASO FD)
40℃動粘度  :   71.5
100℃動粘度 :    9.8 
粘度指数    : 118.0
流 動 点(℃)     :    ?
引 火 点(℃      :  117.0 
(半合成油)
   
   

”ELF-MOTO2-TECH”(JASO FD)
40℃動粘度  :   75.3
100℃動粘度 :   11.3 
粘度指数    : 142.0
流 動 点(℃)     : - 36.0
引 火 点(℃      : 108.0
(全合成油) 

”YAMAHA オートルーブスーパーRS”(JASO FC)
40℃動粘度  :   64.6
100℃動粘度 :    8.89 
粘度指数    : 112.0
流 動 点(℃)     :  -40.0
引 火 点(℃)     : 122.0
(全合成油)

”WAKO'S V2R”(JASO ?)
40℃動粘度  :   66.5
100℃動粘度 :  1 0.3 
粘度指数    : 143.0
流 動 点(℃)     :  -27.5
引 火 点(℃)     : 104.0     
(全合成油)   

”CASTROL Power1-2T”(JASO FD)
40℃動粘度  :   43.2(32.0?)
100℃動粘度 :   7.6(8.3?) 
粘度指数    :  146
流 動 点(℃)     : -51.0(-15.0?)   
引 火 点(℃      : 73.0(119?)    
(全合成油)   

”CASTROL Power1-Racing2T”(JASO FD)
40℃動粘度  :  43.0
100℃動粘度 :   7.6 
粘度指数    :  ?
流 動 点(℃)     : -51.0   
引 火 点(℃      :  73.0    
(全合成油)

”YACCO MVX1000 2T”(JASO FD)
40℃動粘度  :  75.0
100℃動粘度 :  11.3 
粘度指数    : 142
流 動 点(℃)     : -51.0   
引 火 点(℃      : 110.0    
(全合成油)

”YACCO MVX500 2T”(JASO FD)
40℃動粘度  :  76.0
100℃動粘度 :  10.9 
粘度指数    : 131
流 動 点(℃)     : -36.0   
引 火 点(℃      : 114.0   
(半合成油)

他にも、スズキ、ホンダ、広島高潤、モトレックス等の気になるオイルもあるのですがスペック等を調べきれなかったのでまた後日機会があれば取り上げるかも・・・

今回は取り敢えず、以上判ってるもので比較をしてみます。

★粘度指数の高い順(低温時と高温時の変化が少なく品質のすぐれたもの)
Motul710>Agip Speed2T>Castrol power1-2T=WAKO’S・V2R>YACCO MVX1000 2T=ELF-MOTO2-TECH>YACCO MVX500 2T>MOTUL510-2T>YAMAHA-RS

★40℃の動粘度が低い順(低温時、エンジンが温まる前のレスポンスが良いもの)
Castrol power1-Racing<Castrol power1-2T<Motul710<Agip Speed2T<YAMAHA-RS<WAKO’S・V2R<MOTUL510-2T<YACCO MVX1000 2T<ELF-MOTO2-TECH<YACCO MVX500 2T

★100℃の動粘度が低い順(高温時のレスポンスは良いが油膜が少なめなもの)
Castrol power1-2T<YAMAHA-RS<Motul710<Agip Speed2T>MOTUL510-2T<WAKO’S・V2R<YACCO MVX500 2T<YACCO MVX1000 2T=ELF-MOTO2-TECH<Castrol power1-Racing

★引火点が低い順(燃えやすくその為に煙が少ない、高回転・高付加時の油膜形成に注意が必要かも?)
Castrol power1-Racing=Castrol power1-2T<Agip Speed2T<Motul710<WAKO’S・V2R<ELF-MOTO2-TECH<YACCO MVX1000 2T<YACCO MVX500 2T<MOTUL510-2T<YAMAHA-RS

こうして比較してみて・・・
自分なりの見解を上げてみますが、全てのオイルを実際に使用した事は私はありませんし、僅かこれらの数値だけで全てが分かる事もないと思います。
自分なりに思った事を書いてみますが、決して真に受けない様に、素人の戯言と見て下さい。また実際に使用しての比較ご意見あれば是非宜しくお願い致します・・・・


”アプリリアRS125”に乗っている方の間では、あまり評判の良くない?カストロールですがこれらオイルの中では、”Castrol power1-2T”は、40℃、100℃の動粘度が低めで、始動時も走行時もレスポンスもよく粘度指数から見ても品質も安定している事が伺われます。(実際そうなんでしょうか?)引火点も低い事からJASO・FDを所得しているだけに排気煙も少なさそうです。ただ、他も物に比べ動粘度が低いのでパワーバンドに長時間入れて走ると油膜切れ?の心配があるかもしれません。
同じカストロールの”Castrol power1-Racing”は、40℃の動粘度も低く始動時のレスポンスは良さそうで、引火点も低く良く燃焼しそうですが、Racingと謳っている?だけに100℃の動粘度が他の製品と比較してかなり高めで、高付加時の油膜をしっかり形成させてるって事でしょうか・・・

この中のオイルで似ているのが、RS125の推奨品”Agip Speed 2T”と”Motul710-2T”・・・(Agipは推奨品と言っても、アプリリアと言うかピアッジオグループ?なので致し方ないところでは?とも聞いてます・・・^^;)
粘度指数もこの中では高く高品質?、動粘度から見ても低温時も高温時も数値はやや低めでレスポンスも良く、引火点も低めで良く燃焼し排気煙も少ないオイルと言えるのか?
更に、”Motul710-2T”はコンぺ゚ティション・ユースとも謳っていて、メーカーサイトでは、
≪MOTUL 710 2Tは、2ストローク・バイク用エンジンオイルの最高峰モデルである MOTUL 800 2T FACTORY LINE 並みの強力な油膜特性を保ちつつ、ガソリンとの混合性能を向上して分離給油型2ストローク・エンジンにも適応させた分離・混合両用の2ストローク・バイク用100%化学合成オイルです。
アンチ・スモーク性能とアンチ・デポジット性能に最も厳しい、JASO FD規格を取得。さらには、エステルを配合することにより、燃焼時のスモークとデポジットの発生を最小限に抑えます。≫と記述しています。
私が今現在使用しているオイルは、この”Motul 710-2T”ですが、チャンバーを換装する前の印象では、オイル自体も柔らかくサラサラで、軽くエンジンが回って煙も少ない印象でした。サイレンサーからのオイルの垂れも無く、内部のパンチングパイプも多少しっとりしている程度で煤けた感じもべっとり濡れている事も無くかなり好印象でした。
バランサーギヤやチャンバーを換装した時に、ショップさんでシリンダー内を内視鏡で見て頂いた時に、14,000キロ走行?にも係わらず、シリンダー内は綺麗だってそうなので”Motul 710-2T”はメーカーの謳い文句の通り、分離式に向くようにオイルの粘度を低くし、良く燃え、それでもって高付加時においてもオイルの被膜をしっかり形成させるような製品なのかもしれません。
ここまで褒めちぎってもどうかと思いますが、私がここまで使用して特に不具合を感じなかった事もあり、私の中では取り敢えずこれが他のオイルとの比較となるのはやむを得ないと思いますので、いろいろと厳しいご意見もあるかもしれませんがご容赦を・・・

2ストバイク乗りの方に評価の高い?ヤマハの通称”アカ缶”こと、”YAMAHAオートルーブスーパ-RS”ですが、粘度指数は低く始動時から高温時の動粘度の違いが大きいようですが、特徴としては、始動時はそれなりのレスポンス、100℃の動粘度は低めの設定で柔らかくレスポンスは良い様にしつつも引火点を高めにして、柔らかくも油膜がしっかり乗っているという仕様なのでしょうか?・・・

”WAKO'S V2R”も似たような傾向にありそうですが、こちらは高温時は引火点はそれほど高くなく、100℃の動粘度を高めにして油膜を持たせてある・・・感じでしょうか?
他には、比較的に評判の良い”ELF-MOTO2-TECH”も、スペックから見れば”WAKO'S V2R”と似たような感じに見受けられます・・・

ただ・・・これらの数値を見れば、そのような事を正しく読めてるかどうかはともかく想像は出来そうですが、これらの数値に見えない添加物等も味付けにいろいろ加えられているでしょうから、実際には自ら乗り比べ比較して自分なりの基準を設けなければいけないんでしょうね・・・


今まで使用していた”MOTUL 710-2T”はこれまでは全くもって不安がないオイルでしたが、チャンバー換装後にサイレンサーからの多めの?オイル垂れと言う事態が発生しました。
たまに通勤にも使用する街乗り少しと、休日の朝駆けでは低回転からパワーバンドに入れ高回転までの使用状況ですが、チャンバーを替え排気の抜けが良くなったの事でシリンダーで熱せられた2ストオイル交じりの高温の排気煙が、チャンバーからサイレンサーを経由したところで急激に冷やされ、それが粘度の低い柔らかめのサラサラな、”Motul710-2T”な為にサイレンサーの出口で垂れている事も考えられるかもしれません。もう少し動粘度の高めな引火点の高いオイルでは症状が緩和されるかどうか??試してみる価値もありそうです。
ただ、サイレンサーからは垂れていますが、中のパンチングパイプはほんの少ししっとりしている程度でべたつき感はありません。(カラカラに乾いている方が良いのかどうかも判りませんが・・・)
これから暫くは、動粘度や引火点が違うオイルを使用する事でどの程度まで違った状況になるかいろいろと試してみたいと思います。
そして・・・チャンバーの換装と共に、メインジェットを#128から#132に上げましたが、低回転から高回転まで綺麗に回るのでも問題ないかとは思いましたが、#130や#128に戻して、各回転領域とサイレンサーからのオイルの漏れ等がどの様な状況になるかもオイルと共にいろいろ試してみたいと思います
ただ、・・・試したい事がたくさんあり過ぎて・・・今のわたしのスペックも越えてます^^;
時間も掛かりそうですし、そうこうしている内に違う箇所の不具合が出て来るかもしれず、今後どこまで試せるかは判りませんが、取り敢えず今回はオイルのあれこれでした~~


今回は、画像も少なく長い文章を書き連ねた為に誤記、記述間違いが多々あるかもしれません、後日、訂正・追記があるかもしれませんsweat01・・・ご容赦を・・・coldsweats01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« チャンバー交換後の排気漏れ・・・? | トップページ | ”デロルト・PHBH28”キャブレタ-、メインジェットの交換と、アイドリングとエアースクリュ―の調整 »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^)
今日は暖かい日でバイク日和です。
オイルの考察すごいですね。
私はヤマハのRSを使っています。以前はバイクに合わせて純正を使っていましたが、Agipの取扱店がなく、前オーナーさんがRSを使っていたので、今はこれを使っています。
純正のチャンバーではタレる事もなく、どちらかというとカラカラ状態ですね。チャンバーの中が真っ赤に焼けるほど高温になるので仕方ないかもしれません。

今日はチェーン交換をしました。以前のゾフィさんの記事を参考にさせて頂き、DIDのVX2にしました。
スチール色にしようかと思いましたが、シルバー、ゴールドとメッキ加工をした程、錆に強いとの事なので、ゴールドにしてみました。派手かなと思いましたが、着けるとナカナカいいですね。
これから少し様子を見に走ってきますね。
それでは、また。

投稿: kaminari5656 | 2015年2月11日 (水) 15時21分

☆kaminari5656さん、こんにちは!^^
こちらも朝は少し愚図ってましたが昼からは良い天気になりました!
ただ、家族サービスでバイクには乗れませんでした~^^;
それに、チャンバーからの排気漏れで少し走るだけで汚れてしまうので少し我慢してます^^;
”Agip”今回調べてみて良いオイルみたいなので一度使用してみたい所ですが売ってませんよね~^^;
ヤマハのRSも皆さん評判良いですよね~、私も一度使いたいと思ってます。
本当に純正チャンバーは良く焼けます、Motul710も良いオイルですが純正チャンバーの時にヤマハRSと比較してれば良かったです。
チェーンを交換ですか!私のチェーンは正直オーバースペックです^^;
”DID VX2”はシールチェーンにしてもフリクションロスはほとんど感じず、耐久性も充分なチェーンだと思います。
出来れば私も換装したいくらい!!^^
フルオレッドのRS125にゴールドチェーン似合言うと思います、また感想とバイクを見せて下さいね~^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月11日 (水) 22時08分

オイルグレードについて大変勉強になりました。

自分は、かなり香り重視です(笑

イタリア娘が、オバちゃんのスクーターと同じ残り香と言うのも…⁈

2st=サーキットのあの甘〜い香り!
ってのがもうジジィの考えなのでしょうね。(^^;;


投稿: azuyuzu | 2015年2月11日 (水) 22時37分

オイルの知識詳しいですね、良い勉強させて頂きました。
今日は曇りで少し寒かったですね。
私は孫の子守りで目が離せなく良い運動をしました。今週末は出動予定です。

投稿: 084ライダー | 2015年2月11日 (水) 23時29分

☆azuyuzuさん、オイルについてはギヤオイルもエンジンオイルも、これまで調子が良かったので余り気にしてなかったのですが、サイレンサーからのオイル垂れの事もあって調べてみました。
考え方が合ってるかどうかはともかく、自分も勉強になりました。
匂い!大事ですよね(^^)
サーキットでの経験はありませんが、10代の時は、GT380にスズキccisでなくカストロールのレーシングオイル的なもの入れてました。
いい匂いでした、当時の記憶が残っている世代たから匂いに対して執着があるのかな~f(^_^;
上2本のサイレンサーのパンチングパイプ外してましたが垂れなんか気にしてませんでしたけどね(^_^;)

投稿: ゾフィ | 2015年2月12日 (木) 08時15分

☆084ライダーさん、オイルは詳しいわけではななく、必要にかられて?仕方なく・・・(^_^;)
よって、調べはしましたが受け売りですよ。。

朝は愚図ってましたね
私も今日は家族サービスで、ずーと運転手してました・・・
今週末は土曜日は子供がタグラグビーの試合があり観戦ですが、日曜日あたり天気が良ければ朝駆けしたいです。(^^)

投稿: ゾフィ | 2015年2月12日 (木) 08時34分

私はアジップ2tを購入時から入れ続け
ジャネリに交換後からは、チャンバーからオイルが
吹き出してる状態です。

投稿: なごやん | 2015年2月12日 (木) 14時47分

☆なごやんさん、お正月以来?再度コメントありがとうございます。^^
なごやんさんはアジップですか!、今回調べた限りでは、数値上では”MOTUL710”に似たスペックで良さそうなオイルですよね~
粘度も”MOTU710”と同じ様に柔らかそうですし、レスポンス良さそう!チャンバー換装後は”吹き出してる!?”だなんて症状も似てますね^^;
それで、どの位使用されてるんでしょうか~サイレンサーの内部の詰まりってそんなに顕著に出てるかお聞きしたいところです。
シリンダーとチャンバーの接続部のフランジ部は排気漏れしてますか?
高耐圧液ガス併用されてるんでしょうか?同じ様な状況の様なのでお聴きしたいことたくさんあります^^
質問攻めになってしまい失礼します^^;、又、機会があれば是非教えて下さいませ・・・^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月12日 (木) 20時04分

I do like the way you have framed this difficulty plus it does give me personally a lot of fodder for thought. On the other hand, from what I have observed, I just simply hope when other feed-back stack on that men and women keep on issue and not get started on a soap box of some other news of the day. Yet, thank you for this fantastic piece and though I do not concur with the idea in totality, I value your perspective.

投稿: Benedict | 2015年2月22日 (日) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61105217

この記事へのトラックバック一覧です: 2ストロークオイル・・・:

« チャンバー交換後の排気漏れ・・・? | トップページ | ”デロルト・PHBH28”キャブレタ-、メインジェットの交換と、アイドリングとエアースクリュ―の調整 »