« 朝駆け、角島の水仙・・・ | トップページ | 2ストロークオイル・・・ »

チャンバー交換後の排気漏れ・・・?

チャンバーをジャネリに換装して、高回転までの吹き上がりは見違えるようになり走る事が楽しくなりはしましたが・・・dash

気になる事も少しづつ出てきました・・・sweat01

その一つに・・・サイレンサーの排気口からはオイル垂れが見て取れます。eye
J3
黄色い←の様に120キロ走ると排気口から下に伝ってサイレンサーを固定してあるブラケットまで垂れています。coldsweats01

サイレンサー排気口からのオイル垂れは、純正チャンバー・サイレンサーでは皆無と言えないながらも、2ストオイルを”MOTUL710”にしてからは殆ど無いに等しかったのですが、換装後はこの様にオイル垂れが発生していている事を考えれば、純正チャンバーの2次エアー還元システムによる再燃焼?がそれなりに効を奏していたのでしょうか??

ジャネリは確か触媒が付いているはずですが、高回転まで素直に回る事を思えばこの程度での走行距離でここまで垂れる事がジャネリやアローで普通なのかどうかは判りかねますが多少の手間は仕方ないかもしれませんね・・・取り敢えず帰宅後は拭き拭きして対応していますcoldsweats01

因みに・・・2ストオイルのオイルポンプの吐出量は標準の合いマーク位置に合わせています。また、低回転から高回転12,000rpm当たりまで素直に回っている事を考えれば燃調も特別悪くは無い状態だと思います。



そしてもう一点・・・チャンバー換装後、朝駆けで120キロ前後を3週連続で走行しましたが、1週目くらいからカウル内のエンジン下をチェックしていると何かチャンバーに垂れてました・・・eye
C1

何処からかエンジン下を見てみると・・・オイルの垂れと言うか廃ガス漏れ?が見て取れました。eye
T91
どうもチャンバーの接続部の様ですが細かい事は判りません・・・sweat01

その後、走っても垂れている範囲が広がる事も無く様子を見る事に・・・

ショップさんにバッテリーの件で訪問した際にこの件を話したところ、ジャネリのチャンバーに付属していたガスケットが厚めだったので、落ち着いた所で増し締めした方が良いかもしれません・・・と言う事だったので週末の朝駆けの後に汚れの清掃と増し締めを実行しました。

チャンバーフランジ部のボルトの増し締めをする為にアンダーカウルを外します。
U1
ここで、チャンバーが見えてきます。
よく見るとアンダーカウルの断熱材に触れている所の塗装が少し剥げてますが簡易塗装だけに致し方ありません・・・それ以外は今のところ綺麗に維持されています。

そして、アンダーカウルが取れて良く見えるようになった排気口の下を覗くと・・・eye
C2
左側は最初に見て取れたシミですが、右側はカウルがある時は気が付きませんでしたがクランクケースのガスケットの線に沿って排気ガスが漏れ伝ってます・・・sweat02
C8
排気口に接続してあるフランジからか?、それともフランジのパイプ部分に差し込みスプリングで固定しているチャンバーとの接続部か?
C4
どうもフランジの取り付け部分のようにも見えますが・・・?
C9

取り付け部の上部は見た目異常なさそうです・・・
C3
取り敢えず、ここでフランジの固定ボルトを増し締めしてみましたが、左側はしっかり効いてましたが、右側が若干締まった所を見ると幾らか緩んでいたかもしれません・・・

この日は汚れた所を綺麗に拭き取り、カウルを戻して作業終了・・・。


その翌日、交換した廃バッテリーの処理をお願いする為にショップさん持ち込んだ際、この状況を相談したところ・・・2ストバイクの場合は社外チャンバーに換装すると絶えず廃ガス漏れと追いかけっこになる事は止む負えないそうで、いろいろと手を尽くしても少なからず出て来るそうです。
”今度、漏れた所を一度見せて下さい”と事でした。
チャンバー換装時には、自分でするなら気休めでも耐熱液状ガスケットの塗布をする事を考えてましたが、ショップさんに依頼する時にそこまでお願いしていませんでした・・・、どうもこの度は耐熱液状ガスケットは使用しておらず、また液状ガスケットを使用しても完全に止まらず、いずれ発生する事も多々あるそうです。


更にその翌日、通勤にバイクを使用した際にふと見てみると・・・eye
H1
僅か20キロの走行でも漏れが見て取れました・・・coldsweats01

そして、この仕事帰りにショップさんに・・・dash


見て頂き相談した結果・・・後日、ショップさんでフランジ部のガスケットが用意出来次第、耐熱液状ガスケットと併用し装着し直してみる事になりました~~


何処まで止まるかどうかは判りませんが、こんな事なら打ち合わせ時に耐熱シリコンガスケットの併用をお願いしとけば良かったです・・・coldsweats01


因みに・・・いろいろと液状ガスケットのタイプはあるようですが・・・
4647_1_ll
パーマテックス耐熱シリコンガスケット・ウルトラカッパ―
これを使用されている方が多いい様です・・・一応購入しとくかな~~?


ともあれ、順調そうに見えても先日のバッテリー交換の件いい、悩みは続きそう・・・・・despair

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 朝駆け、角島の水仙・・・ | トップページ | 2ストロークオイル・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

サイレンサーからの漏れは、使用回転域や、オイルポンプからのオイル供給が何らかの原因で低回転でも多く供給されている等…いろいろありますょね〜

自分のRSはサイレンサー形状が違うタイプで垂れはほぼありません。

オイルは同銘柄で添加剤使用(ZOIL)です。
使用回転は、6000rpm以下は使ってないかもです⁈
通常、距離走らないので4速から上は殆ど使いません。

フランジとエキパイの接続部分からの排気漏れは、やはり黒い垂れ跡ありますょ。
接続部分に液体パッキン塗れば多少は止まると思われます。
しかしこの接続タイプのチャンバーはたとえ国産チャンバーであっても漏れます。NSR250でjha製使用してたのですが、接続部分に鉄製ガスケットがあり、ガスケット新品に交換しても漏れは止まりませんでした。
結局は硬化系のシール剤使用してましたが整備性は良くないですょね〜

2stは排気漏れとの戦い⁈ですょ(笑

0コンマ1秒争う訳じゃ無いので、これでいいかと思ってます(^o^)
参考になるかわかりませんが、個人的見解でした。(^^;;

投稿: azuyuzu | 2015年2月 5日 (木) 20時44分

☆azuyuzuさん、ありがとうございます!^^
サイレンサーの漏れ・・朝駆けする時の使用回転域は3,000~11,000強まで広く使用しています。
ブリッピングも結構使いますし、換装してからこの最近速度が乗って当然の事4ストバイクほどではありませんがエンブレも強めになる時があります・・・^^;
それにサイレンサーの形状も少なからずありそうですね。
オイルポンプの吐出量は出来れば触りたくない所もあるので走りによりどの程度違うか見てみます。
リプレイスチャンバーにして高回転の抜けが良いので垂れは仕方ない所はあるんでしょうね。。。

やはりフランジ部廻りは少なからず排気漏れあるんですね~、ことRSに対して私だけの悩みでないのが判り安心いたしました~
ショップさんでも同じこと言われてました・・・、2ストバイクをリプレイスチャンバーに換装すれば必ず起こり得る現象だし、これまで散々いろいろと試しましたが一時的に止まってもいずれは漏れて来るので致し方ないところ・・・私が換装依頼を持ちかけた時からこうなる事も予想されてた様です。
ショップさんにあまり無理を言ってもいけないのでこの度はお願いしますが、これからは自分で対応しようと考えてます。
排気漏れとの戦いは致し方ないと改めて判り、今後の対応の仕方を考える心積もりが出来ました。
やはり、今現在同じRSに乗っておられる方のお話は納得できるものがあり、大変有難く感謝致します。^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月 5日 (木) 22時20分

多少の排気漏れは致し方ありませんが、今の状態ではサイレンサーのグラスウールがすぐダメになってしまい、うるさくなってしまうような気がします。今の走りで燃え切るオイルを探してみてはいかがでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2015年2月 6日 (金) 07時37分

☆通りすがりさん、コメント有難うございます!(^^)
仰るとおり、私もサイレンサーからの垂れがこれだけあると消音材が早く痛まないかな~、と気になってました。(^_^;)
土地柄、家の回りは回せませんが、少し走ればかなり回せる走りが出来るエリアになりますが、710より良く燃焼できるオイルの推奨品があれば教えて頂ければ幸いです。
ジャネリの同じサイレンサーの方はどうされてるのかとても気になります・・・

投稿: ゾフィ | 2015年2月 6日 (金) 13時27分

根拠はありませんが、今のままでは3ヶ月もしたらバリバリ下品な排気音になってしまうことを危惧します。モチュールを使ったことはありませんが、例えば510にしてみるというのはいかがでしょうか?710は現在の使用状況からするとオーバースペックなのかもしれませんね。

投稿: 通りすがり | 2015年2月 6日 (金) 20時25分

☆通りすがりさん、ありがとうございます^^
このバイクを購入し、購入店(全国チェーン)で入れられていたオイルがサイレンサーから垂れていて、銘柄を聞いても返事がなかったので当時不安で自分でMOTUL710に変えたところサイレンサーからの垂れも無く、高回転まで素直に回ってたので使い続けてきましたが、言われてみれば確かに今の私の走りではオーバースペックな気がします・・・^^;
2次エアーシステムも撤去している現在ではオイルも見直してみる必要も充分あると思います。
710と510のテクニカルデータ―を比較してみると発火点等も低く設定されていたり、細かい事は理解しづらい記述もありますが、710のコンペテッションにも対応したスペックよりは街乗り等には適したタイプに感じました。
取り敢えず今タンクに710が半分近く入っているので、問題なさそうであればこれに510を継ぎ足し混合して使いつつ、様子を見て置き換える事も視野に入れようかと思います。
いままで不具合が感じられなかったぶんオイルの変更まで思いつきませんでした、貴重なご意見ありがとうございます。^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月 6日 (金) 23時05分

オイル垂れ原因…
何だかサイレンサー形状も一因の様な気がしてきました。
ノーマルチャンバー時、オイル垂れて無いのでしたら、やはり…
ノーマルチャンバーは内蔵触媒のせいでサイレンサーが異常に熱くなります。
この熱で今までオイルが燃焼されてたかもしれませんね、私は因みにこのサイレンサーのお陰で二度かなりの火傷しましたょ(≧∇≦)

自分のRSとの違いはサイレンサー出口。
パイプタイプなのでオイルが垂れても角度的にも出口の返し部分に溜まり排圧、風圧で飛んでしまうでしょうし、菱形タイプは形状的にサイレンサー本体へと流れやすいですよね。

投稿: azuyuzu | 2015年2月 6日 (金) 23時28分

☆azuyuzuさん、純正品の時は710に変えてからサイレンサーの排気口は、僅かな湿り気がある程度でオイル垂れは皆無でした。
今のジャネリのサイレンサーは、この寒い季節柄もあるのでしょうが、少々回しても本体は全く熱くなりません平気で手で触れます。
チャンバー自体も薄く出来てるせいか、高回転まで回して走ってるとかなり熱くなるんでしょうが、渋滞の街中を流して走ってる状況ではそれほど熱くなってません、家に帰っても直ぐにシートが掛けれるくらい・・・(^_^;)
その様な状況では、コンペティッションに対応できる様な高グレードのオイルはそれほど燃焼されてないと考えられるのでしょうか?
今、外気温が一番寒い時期だけに(10℃以下)排気されたら急激にガスも冷やされるのかもしれませんね?
純正のチャンバーは比較するとその点かなり高温になってたと思います。しっかり内部で燃やされてたんでしょうかね~
そう考えれば発火点や動粘度等を見ながらオイルに見直すのも良いかもしれない気がしてます。私の場合は何時も7000~8000回転以上で走ってるわけでもありませんし・・・(^_^;)
ただ、サイレンサーの形状もかなり影響がある気もします、アローは確かにパイプがついてますが、ジャネリはそのまんま流れて出てきてもおかしくない形状ですもんね~
同じサイレンサーを装着している方の話が是非聞かせて頂きたい所です・・・。
どの程度の垂れは仕方ないのか?、どの程度で消音材を巻き直してるのか?等々・・・

でも、昔は若い頃2ストバイクに乗っててもこんなに気にして走ってなかったです・・・(^_^;)

皆さんには、ド素人の質問ながらご丁寧にお答え頂き恐縮しております・・・(^_^;)

投稿: ゾフィ | 2015年2月 7日 (土) 09時24分

I am continually browsing online for ideas that can benefit me. Thank you!

投稿: Murray | 2015年2月22日 (日) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61075167

この記事へのトラックバック一覧です: チャンバー交換後の排気漏れ・・・?:

« 朝駆け、角島の水仙・・・ | トップページ | 2ストロークオイル・・・ »