« 2ストロークオイル・・・ | トップページ | 朝駆け・・・”鹿と猟銃” »

”デロルト・PHBH28”キャブレタ-、メインジェットの交換と、アイドリングとエアースクリュ―の調整

”アプリリアRS125”のキャブレターは数種類ありますが、私のRSはデロルト製”PHBH28”です。

メーカー出荷時のメインジェットは、”#128”が装着されてますが、この度”GIANNELLI製チャンバー”に換装する事で”#130”と”#132”の2つのメインジェットを用意し、私は換装直後から”#132”に交換していました。
K12
”#132”に交換し試走したところ、低回転域から高回転域(12,000rpm)まで淀みなく廻り、特別問題は感じませんでしたが、排気漏れやサイレンサー排気口からのオイル垂れが多いので、メインジェットに起因してる訳でもないでしょうが、少し落として”#130”へ交換して高回転までの伸びを試す事にしました。
K13
チャンバーをリプレイス品に換装してもメインジェットの変更をせず、標準?の”#128”のままでも好調な方もおられるようですし、試しに#130に変更したら高回転域がどの様に変わるか確認してみます・・・

デロルト製”PHBH28”のメインジェットは、キャブレター底部にあるフロートボウルナット(ドレンボルト?)にセットされています。
M1
青〇で囲った一番下の部品がフロートボウルナットで、キャブレターフロート室底部に捻じ込まれています。
赤↓がメインジェットで、そのフロートボウルナットに捻じ込まれセットされています。
因って、キャブレターからフロートボウルナットを緩め取り外せばメインジェットが交換できることになります。


そのメインジェットの交換は、ガソリンタンクを起こし(又は取り除く)、キャブレター上部よりアクセス、エアーフィルター側、リードバルブ側の各インシュレーターに接続されているホースバンドを緩め、キャブレター本体を回してキャブレター下部のフロートボールナットを外しメインジェットにアクセス、交換・・・と言う方法がよく取られる様です。
M6
赤←の辺りにホースバンドがあり、緩めればキャブレター本体が回せます。

しかし、私はホースバンドを緩めキャブレターを廻すのが面倒なので、カウリングの隙間から直接フロートボウルナットにアクセスする事にしました。

方法は、車体右側、サイドカウリングのこの僅かな隙間を利用します ・・・・
M92
黄色の矢印2ヶ所から少し手を入れる事が出来ます。

左のこの隙間からは、アイドリングやエアースクリューの調整もしてますが、拡大してみると・・・down
M113
黄←がアイドリング調整のノブです。時計回りにまわすとアイドリングが上がり、反時計回りにまわすと下がります。このノブは手で回せます
陰に隠れてますが橙←がエア-スクリュ-です。”PHBH28”の場合は時回りにまわすと薄くなり、反時計回りにまわすと濃くなります。
因みに・・・私はエアースクリュ―調整用のスタビドライバーはこれを使用しています。(ホームセンターで普通に売ってます)
S1
右側の空いてる所から何とか手を入れ、このドライバーで調整しています。

今回交換するメインジェットは見えているキャブレターの底部にあります。
M11
この隙間からキャブレターの望み、下を見ればキャブレター下部のフロートボールナットが見れます・・・eye
M2
赤↑がフロートボールナット・・・これを緩めるわけですが・・・sweat02

この僅かな隙間から右手を差し入れると・・・何とか人差し指と、中指の2本の指先でフロートボールナットに触れる事は出来ますが、スパナで緩めたナットをこの2本の指先で何とか取り外す事が出来ても、外したナットを捩じ込むにはこの2本の指先では少し難しいです・・・sweat01

そこで何とか親指まで掛からないかと思案して・・・think
このチェーンカバーを外しますdown
M12
黄色く囲った部分が手を入れキャブレターにアクセスする所です。
赤く四角に囲んだ部分がチェーンカバーで、青←2個のM6のボルトで止まっています。

そして今回、用意したのは・・・down
M4
14㎜のロングのコンビネーションレンチ(片目片口レンチ)と、5mmの六角棒レンチ、そして上記の手持ちのメインジェット・・・
直前に行った100金でたまたま有った長めのこのコンビネーションレンチ・・・以前、チェックした時にサイズは14㎜だったはず・・・そんな勢いでを購入してしまいました。(賢明な方は100金でなくボルトの頭を舐めないしっかりした工具を購入しましょう~^^)
キャブレターまで少し距離があるのでレンチは長めのものでないと回しづらいと思います。
ラチェット式のメガネスパナも便利だと思います。ただ、最後に締め込む時の力加減が慣れないと少しムヅイかも・・・

棒レンチでボルトを緩め、チェーンカバーを外したところ・・・down
M111
カバーが無くなったぶんもう少し手が入れれそう・・・scissors

もう一度キャブレターの底部を望み込みます・・・downeye
M112
人差し指、中指と親指3本で触れる事が出来るようになりました。これで外したフロートボールナットを何とか指で回して取り付けれそうです。

画像は撮り忘れましたがこの後、フロートボールナットを緩めメインジェットもすんなりと交換終了・・・

注意する点は、チェーンカバーを取り除くとチェーンとドライブスプロケットが剥き出しです、ウェスを当てる事と、フロートボールナットはキャブレター底部のフロート室のドレンの役目?も担っているので緩めるとガソリンが漏れてきます。因ってここにもウェスを敷いときます。
メインジェットやフロートボールナットは真鍮?やキャブレター本体はアルミダイキャスト?等の柔らかい材質で出来てます、決して締め過ぎない様に・・・coldsweats01
そして・・・一番の注意点というか問題点は・・・私は男性の割には手が小さい方です。あまり手が大きい人はそんなに大きなスペースでもないので無理ですね・・・coldsweats01

以上でメインジェットの交換が終わり、次回は試走ですでね・・・



そして、週末の今日・・・

久々に快晴の天気!、朝は用事があったので夕方に少し駆けてきました・・・dash
S2
家の周りは夕方の買い物に出る車の渋滞を抜け、快走できる広域農道からやや山道へ・・・
S3
途中こんな所に寄りながら・・・(旧殿居小学校分校)

重兵衛茶屋の傍を抜け・・・
S4

山道を抜け・・・
S5

無事帰還・・・

メインジェットを#130にしましたが、#132の時とそれほど変わり映えしない気がします・・・

明日から天気は下り坂・・・出来れば明日の朝も少し駆けて様子を見てみます・・・


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 2ストロークオイル・・・ | トップページ | 朝駆け・・・”鹿と猟銃” »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
メインジェットの交換お疲れ様でした。
自分はキャブの清掃でバラした時に、フロートボールナットの締め付けが弱かったため、走ってから見るとガソリンが滲んでいました。
暫く走ってからチェックされるといいかもしれません。
こちらは、また大雪です。暫く走れそうにありません(T_T)

投稿: kaminari5656 | 2015年2月15日 (日) 12時02分

こんばんは。
14日は秋吉方面に出かけました。
山火事があったようなのでパトロールしてきましたが、鎮火して良かったです。
今日は曇りで暖かったのですが、バイクのメンテナンスと洗車をしていつでも出動出来るようにしておきました。

投稿: 084ライダー | 2015年2月15日 (日) 22時15分

☆kaminari5656さん、こんにちは。
キャブレターの掃除ですか~!
私はキャブ自体はバラした事がありません、戻せなくなりそうです・・・^^;
走行後は暫く締め付けのチェックを入れときます、ありがとうございますネ^^
北陸から東はかなりの雪みたいですね^^;
有難い事にこちらは好天に恵まれてます、天気も長くは持ちませんが贅沢は言えませんね^^;

投稿: ゾフィ | 2015年2月15日 (日) 22時20分

☆084ライダーさん、14日は天気良かったすでよね!
走りたくてうずうずしたし、用事が済んだ後にキャブレターチェックも含めて走れましたが、秋吉台まで行く時間はありませんでした。
山火事、知らなかったんですが後々聞いてビックリ!!
けっこう焼けてたんですね・・・・
去年も山焼き後に行きましたが、今年も出来れば近々行こうと思います。^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月15日 (日) 22時33分

メインジェット交換すばらしい。参考にさせて頂きます。(#128で今の所問題なく走っております)
マフラー出口からのOILは僕の状態でも出ております。
入口(エンジンとの接合)は交換当初漏れておりましたが、液体ガスケット散布組み付けで現状は漏れ漏れなくなりました。ただ、サイレンサーとの接続ボルト穴より少し排気漏れあり状態です。
RS125乗り少ないので色々情報交換させて頂きたいと思っております。

投稿: 青RSまー | 2015年2月15日 (日) 23時16分

☆青RSまーさん、コメントありがとうございます。
タルマクシ仕様に乗られてましたよね、^^
#128でも少し垂れてるんですか・・・^^;
多少は仕方のないところなんでしょうね、皆さんのご意見、有難くとても参考になります。
私は#130に落としたところ垂れは少し減った?様な気がします。
次回その辺りの事を少し触れようと思います。
メインジェットの交換、急ぐ必要もないでしょうがこれなら5分もあれば交換できますよ~、機会があれば試してみて下さい。
情報交換、これからも是非宜しくお願い致します。^^

投稿: ゾフィ | 2015年2月16日 (月) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61126768

この記事へのトラックバック一覧です: ”デロルト・PHBH28”キャブレタ-、メインジェットの交換と、アイドリングとエアースクリュ―の調整:

« 2ストロークオイル・・・ | トップページ | 朝駆け・・・”鹿と猟銃” »