« 朝駆け・・・秋吉台の山焼き後のカルストロードへ | トップページ | ”RS”と”X4”で朝駆け・・・その後は門司港レトロ散策・・・ »

金属バランサーギヤ換装後の、”ギヤオイル”の交換・・・

今年の1月9日から11日に掛けて、樹脂製バランサーギヤを金属製のバランサーギヤに交換しました。
B1
その際に、ギヤケースを開ける事から当然の事にギヤオイルを交換していますが、それから2ヶ月経過し走行距離が1,000キロを越し、金属製バランサーギアも馴染んだと思われるのでギヤオイルを交換する事にしました。

金属製バランサーギヤ交換時の総走行距離・・・約13,900キロ
今現在・・・14,944キロdown
Oi98

まず、暖気しギヤケース内を幾らか暖めたところでエンジン停止、ドレンボルトを抜きオイルを抜きます・・・
Oi1


Aaa抜かれている(使用されてた)オイルは・・・
”CASTROL SYNTRANS” 
75W-90 GL-4+( 全化学合成油)
ショップさんで手配して頂いた物です。

もともと去年の同じ時期に、
”CASTROL UNIVERSAL” 
75W-90 GL-3,4,5(部分合成油)
をショップさんで教えてもらって入れたところ、これが調子が良かった記憶があったので同じものを入れようと思ったのですが、ショップさんでたまたま在庫が切れてたのでグレードの高いこちらを入れて頂きました。

使用感は、この寒い時期にも係わらず硬くも無く、ギヤの入りも違和感ななく良好でした。
始動しエンジンが暖かくなる前は少しクラッチの切れが悪い?感じがしないでもありませんでしたが、もともとキレがそれ程いいバイクでもなさそうだし、この寒い時期だけ致し方ないのかもしれません。

今回のギヤオイル交換は、自分としては使用頻度の高い、”MOTUL TRANSOIL-Expert”を入れるので判断できるかどうかは判りませんが比較してみようかと思ってます。
Oi91
入ってたオイルを抜き取った後は、気休めにこのオイルを少し入れそのまま抜きます。
Oi92
”MOTUL TRANSOIL-Expert”の色って、この様に金色?(黄色?)の色をしています。色だけ見ると何だか他の物を腐食させそうな怪しそう~~な色ですが、これまで何度か使用しましたが特に悪影響は無さそうです・・・sweat01

ドレンボルトに付着した鉄粉の様子・・・eye
Oi2
付着している鉄粉の中に何やら大き目な金属片が・・・後でじっくり観察します。

角度を変えて・・・
Oi3
今回は1,000キロの割に少し多いのか・・・?

さっき取り除いた大き目の金属片・・・eye
Oi4

拡大します・・・
Oi5
裏側・・・
Oi7
何時もは3,000キロ前後でオイルを交換していますが、今回は樹脂製バランサ-ギヤを金属製に交換した事から、そのスラッジ等が出る可能性を含めて早目に交換する事にしました。
その確認方法の一つとして、ドレンボルトに付着した鉄粉等の確認をしたのですが、ただ金属製バランサーギヤは組み替える前に、自ら角部の当たりを見る為にヤスリを当ててみましたがヤスリでは歯が立たないくらいしっかり焼きが入った物だったので、代わりにハンドラッパーで全てを撫でてみましたが、ハンドラッパーの砥石も片減りするくらいの硬度の焼きとバリも無い綺麗な仕上がりのギヤでした。
それを踏まえて、このむしり取れたような金属片は材質的なものを含めてバランサギヤの物ではないと思われます。(バランサーギヤの硬度から考えてこの様な金属片にはならないと思います)
何か?と問われても返答も出来ません・・・、ケース内にある金属と言えばあとはクラッチの部分ぐらいしか思い尽きませんが、取り敢えず取り除く事が出来たのと、1,000キロでの交換による確認の甲斐があったと前向きに考える事にします。
因って・・・次回も早めの交換で確認するかもしれません。

ギヤオイルの注ぎ口・・・
Oi8
クラッチを切って再度確認・・・
Oi9
クラッチハブ?の葉先が一部見えます・・・
実は以前、この葉先が影響のないであろう程度の極ほんの少しですが欠けた部分を見ました。その時もオイルにその小片らしきものが混じってた事がありました。
Dsc_4421
これ?がそれかどうかは判りませんが・・・sweat01



新しいドレンワッシャーをセットし、ドレンボルトを締めます・・・
Oi93

新しいギヤオイルを注ぎ・・・
Oi96
最初に500~550cc入れたところで、エンジンを廻し直ぐに停止、しばらく放置・・・これを繰り返し・・・
今回は最終的に、規定量通り600cc入れたところでオイルポット窓の半分までになりました。

抜いたオイルの量をチェック・・・
Oi94
オイルを抜いた後に、新しいオイルを少し入れ抜いたのと、洗浄したパーツクリーナーの液が混入し、もともと入っていた量より多くなってますが、それを考慮しても大よそ規定量の600cc入ってたともわれます。

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 朝駆け・・・秋吉台の山焼き後のカルストロードへ | トップページ | ”RS”と”X4”で朝駆け・・・その後は門司港レトロ散策・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
金属片、気になりますね。
ギアオイルはモトレックスのギアオイルを使用しています。
以前、ヤマハのギアオイルを使用した事があるのですが、クラッチのキレが悪いように感じ、粘度指定の合っているモトレックスに切替ました。
変えてからはキレも良くなりましたね。
ただ個体差なのか、私のRSは長時間走っているとキレが悪くなってしまいます。(200km以上)
私の場合は、あまり距離が延びないので春と秋に定期的にギアオイルを替えていますが、それでも長時間後の症状は変わりません。

投稿: kaminari5656 | 2015年3月 7日 (土) 11時41分

強固な鉄製バランサーギア見てると、何だか樹脂製が怖くなってきました(・・;)
走行中に破損、走行不能ならまだいいんですけど、最悪リアタイヤがロック!って事もあり得ますからね。

今後、鉄製への変更も検討しなきゃいけませんね(^^;;

投稿: azuyuzu | 2015年3月 7日 (土) 17時39分

☆:kaminari5656さんはモトレックスですか!^^
モトレックスの2ストオイルも良さそうで気になっているのですが、ギヤオイルも好感触となるとますます気になりますね!^^
この寒い時期のクラッチは、朝の始動後の最初の繋ぎはキレが悪い事も影響してかやはり遠目に感じます。
ただ、温まるとそこまでではなくなります。
私の場合は、かなり遠目に設定してあるせいか距離を走り込んだら丁度よくなって来る気がします。
それがキレが良い悪いと言う事かどうかは判りませんが、どの状態でも(エンジン始動時でも停止時でも)ニュートラルには良く入る状態であることは確かです。
私が最近使用しているギヤオイルに限ってはどれも良い感じです。
最初の頃に試した”MOTULギヤ300”だけは少し硬かったイメージがありましたが、それもバイクに慣れた今入れるとまた違った感じがするかもしれません・・・^^;

投稿: ゾフィ | 2015年3月 7日 (土) 20時59分

☆azuyuzuさん、金属バランサーギヤに換えて今のところ悪い所は感じません。
逆に各ギヤで高回転数までしっかり引っ張っていく時の伸びがスムーズなのは、このギヤのおかげかもしれないと思う事が多くなりました。
(実は3つの桁になるまで結構引っ張れるエリアがあるので・・・^^;)
明らかに樹脂と金属とではギヤケースから聞こえる音が違う事が徐々に分かって来ました。
高回転で速度を上げて流してると”キィ~~ン”と僅かですが金属音を感じます。
樹脂の時は少し軽い”カラカラ?”みたいな音だった気がします。
それに実は、金属バランサーギヤを組み込む前に、真ん中の軸受部を親指と中指で輪を作り支えて、圧縮空気を歯車部に当て廻した時に低回転から高回転になる時に”ビュ~~ン”と言う綺麗な音を立ててスムーズに廻った事も確認しました。
バランスも凄く良かったし、硬度も高くバリも無くかなり作りの良いものだと思いましたよ。

投稿: ゾフィ | 2015年3月 7日 (土) 21時15分

☆ azuyuzu さん、追伸です・・・^^;
ただ、樹脂製のギヤ・・・不安な部分も確かにありますが、私の場合は走行距離14,000キロ弱走った状態でも全く?問題ありませんでした。(ただ突然にいかれたって事も樹脂だけにあるかも・・・^^;)
走りの内容やメンテナンスに使用していたギヤオイル、交換頻度等色々な要素があると思いますが結構丈夫なものかもしれません。
ただ、樹脂と言う不安は完全には拭えないかもしれませんが、樹脂製歯車ってまったく無い話でもないそうです・・・^^

投稿: ゾフィ | 2015年3月 7日 (土) 21時28分

バランサーギアでググると何件かヒットしますね、ギア逝く時は突然なんでしょうね〜
鉄製と樹脂製の物は明かに歯数が違うので、歯が大きくて数の少ない樹脂製は動力伝達が雑でバラツキがあって、歯数の細かい鉄製はスムーズでダイレクトなイメージが湧きます。
rotaxがカート用を鉄製に変更したって事は、やはり壊れたんでしょうね。

投稿: azuyuzu | 2015年3月 7日 (土) 21時58分

☆:azuyuzuさん、壊れる方は結構ひどい状況になってるみたいですし、ここが壊れると後輪ロック?!・・・
カートと違い一般道を走りながらのバイクでは最悪命に係わる事も考えられるので心配にはなりますね・・・^^;
ただ、これに換装する上での作業の不手際で不具合が・・・と言うのも困りますが・・・^^;
伝達はダイレクトでスムーズ!って言われればそういう気も確かにしますが、正直私の感覚だけでなく他の方の多くの意見が聞きたい所でもあります。

カートショップでキャブレターのMJを購入する時に、樹脂製ギヤに不具合があっての金属製ですか?みたいな事をお聞きしましたが、私の行ったショップでは特にんな風には言われていませんでした。
何だか自然に換装に至った・・・みたいな雰囲気で、樹脂製ギヤの耐久力が事大きく問題視されての換装みたいな雰囲気は行ったショップさんでは感じられませんでした。
それに、かなり前からごく自然に使用してる雰囲気でもありました・・・^^;


投稿: ゾフィ | 2015年3月 7日 (土) 23時15分

はじめまして。バランサーギアの話題なので加わらせて下さい。
マニュアルによるとカートの樹脂バランサーギアのメンテ周期ですが、10時間毎に目視確認、少なくとも50時間毎に交換とあります。一般的なカートコースの一周平均速度が70km/h程度とすると、3500km程度が交換サイクルとなりますね。確かにカートは高回転を多用し、使用状況が過酷かと思いますが、固定ギアで周回するカートは車速に同調して比較的緩やかにエンジン回転が上下します。対して6速ギアのRSでは、ギアチェンジ毎にエンジン回転が瞬間的に変わりますから、バランサーには衝撃的な加減速モーメントがかかるのだと思います。その負荷はカートよりも過酷だと私は思っています。そんなパーツのメンテ周期がRSのマニュアルでは明確にされていないのは大きな疑問です。
RSではあらゆる重大トラブル(大半はミスで壊してますw)を経験していますが、金属化による安心感はやはり絶大です。交換後10000kmを走りました。ちなみにヤフオクで買ったエンジンも樹脂ギアが粉々でした。

投稿: ハンサムラミー | 2015年3月21日 (土) 00時07分

☆ハンサムラミーさん、ご訪問・コメント頂き有難うございます。

実は、私が金属バランサーに換装するきっかけを頂いたのはハンサムラミーさんです。
本来ならそちらのブログに訪問して感謝の気持ちをお伝えしなければならなかったのですが、私の様な”にわかRS乗りが”には何分敷居が高く感じてコメントを控えさせて頂いてました。
この様な良いパーツを教えて頂いた事に、改めて感謝の気持ちを込めて”有難うございます!”、と言わせて下さい。^^

金属バランサーギヤ換装時に、私の樹脂バランサーギヤには問題なかったのでホッとしたのは確かです。
ただ、私も出来るだけ永くRSに乗りたかったし、年間走行距離も10000キロ弱は走りたかったので、何時逝かれるか不安を抱える樹脂よりは安心できる金属に交換する事にした次第です。

そして、私が行ったカート屋さんで樹脂バランサーギヤの具体的な不具合が聞けるかと思って聞いてみたんですが、私の行ったショップさんでは特に問題があったような雰囲気でなく自然に換装したみたいなお話でした。

でも、換装後1000キロ以上走りましたが、走れば走るほど、高回転域を維持すればするほどスムーズに廻っている気がしてます。それに増しての安心感!^^

ハンサムラミーさんを始め、RS乗りの先輩の方のこれまでの創意工夫や情報、とても参考になり私のような乗り始めの者にはとても有難く、RSを何とか維持できてるのは皆さんの御蔭だと思っています。
そんな事から、私が悩み困った事、その中で皆さんのメンテナンスを参考にし、私なりにしてきた解決策?等を出来るだけ詳しく書き連ねてるのが正直なところです。
これからも、記事の中でご指摘、またご教授頂けることがあれば、甘えてばかりで申し訳ありませんがこれからも宜しくお願い致します。

投稿: ゾフィ | 2015年3月21日 (土) 20時50分

こんにちは。お返事ありがとうございます。
私の偶然の発見がゾフィさんのお役に立てたなら、こんなに嬉しい事はないです。
ニワカとご謙遜なさってますが、そもそもニワカとは大した知識も無いクセに通ぶってる半可通の事を示す言葉でして、バイクの事を誠実かつ緻密に表現なさってるゾフィさんには全く当てはまらないと思います。(上からみたいですみません…)

対して、3年前にリターンして、そこからバイクいじりを始めた私が達人のように見えてしまったなら、それこそがニワカそのものという事になり、反省しきりです。

私のバイクいじり記事は、素人が下手に手を出して苦悶する様子を笑っていただく事を目的として公開していますので、正しい知識を啓蒙できているとは夢にも思っていませんので、どうかお気軽に立ち寄って下さい。

投稿: ハンサムラミー | 2015年3月22日 (日) 10時03分

☆ハンサムラミーさん、私も一昨年リターンしたばかりで、若い頃はやりっぱなしだったのが、この年になってバイクに向き合うと細かい所まで目を向け維持しようとする自分がいたりして・・・こんなにのめり込むとは思いもよりませんでした。^^
特にRSは、何処のバイク屋さんでも気軽に扱って頂ける車種ではない様なので、自分で何とかしなければならない所もあり、サムライラミーさんがいろいろとトライされてるからこそ、私たちが失敗したり遠回りする事なく良い結果が出せてるんだと思います。
感謝しきれませんが、またブログの方にもお邪魔させて頂くと思います、これを機会に宜しくお願い致します。^^

投稿: ゾフィ | 2015年3月22日 (日) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61240330

この記事へのトラックバック一覧です: 金属バランサーギヤ換装後の、”ギヤオイル”の交換・・・:

« 朝駆け・・・秋吉台の山焼き後のカルストロードへ | トップページ | ”RS”と”X4”で朝駆け・・・その後は門司港レトロ散策・・・ »