« 朝駆け・・・向津具半島の海・棚田・風車・奇岩・巨木、最後に沈下橋 | トップページ | ”アプリリアRS125”のブレーキキャリパー・・・ »

朝駆け・・・秋吉台~道の駅”萩往還”~長門

5月17日、日曜日・・・休日です・・・scissors

2~3日前までは天候不順だった週末の天気が前日の予報では一転して好天に・・・annoy

そして、この最近は下関北部から日置町近辺を走っていたので今回は東を目指そうと思ってた矢先に、兄から朝駆けの誘いがあり”萩往還”で落ち合う事に・・・

『”萩往還”って落ち合うには少し遠くない?coldsweats01』 と思ったら、なんでも手持ちのバイクの”HONDA X4”を車検に出したそうで、狂ってたらしい?燃調を調整し、マフラーをノーマルマフラーに戻したので少し高速道路も走りたかったみたいで、高速道路を走れないRSだけに待ち合わせを”道の駅・萩往還”って事になった次第です・・・sweat01

”道の駅・萩往還”を9時~9時半って事になり・・・自分は秋吉台で出来れば”カッコウ”の声を聴きながら少しまったりしたかったので、朝は6時半家を出て給油し出発・・・dash

広域農道”グリーンロード”を使います・・・
H1
前日は雨でこの日は晴天予報・・・、水蒸気を含んだ大気で、且つ放射冷却が予想される今朝は・・・しっかり霧が発生していますネsweat02
H2
因みに・・・霧と靄(もや)の違い
視程(見渡す事の出来る水平距離)が1キロ未満のものが”霧”で、1キロ以上10キロ未満のものを靄(もや)と言うそうです。
この日は視界が1キロ以上のところあり、未満のところありと駆けるエリアにより変化してました。
なんでも、華山の山頂では雲海も見れたそうです。(リンク貼り付させて頂きました)

菊川町から豊田町と朝霧の中を駆け、美祢の町に入った頃には視界も少しずつ開け、秋吉台に到着・・・

取り敢えず、展望台へ・・・
H3
ひらけた場所でカルスト台地を眺めるのも良いのですが、展望台の中に入って大地を眺めるのが意外とお気に入り・・・

なぜなら・・・柱が額の様に見え、キャンバスに描いた?絵のように感じます。
H4

春先に野焼きした台地も新緑が鮮やかになって来ました。
H5
それに綺麗な青空です。

因みに・・・今年の野焼き後の様子
Y4

展望台を出て、カルストロードを走り出します。下の画像は上と同じ場所から見たものです。
H7

緑の草原の中を走り・・・
H6
カッコウの泣き声を聞きに、”長者ヶ森”の駐車場へ・・・


そして、この駐車場で嬉しい再会が・・・happy01
K8
去年、この駐車場でお会いし談笑させて頂いた方に再会いたしました。(画像は去年のもの)
その時の記事↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-4783.html

その時は再会を楽しみにお別れしたのですが、それ以降はお会いできないまま・・・それでも何時かまたお会い出来るだろうと思ってましたが、振り返れば去年の7月の事だったんですね~sweat01
この日ようやくお会い出来て嬉しくて暫し談笑です。ブログも見て頂けてる様でお恥ずかしい限りですがこれからも宜しくお願い致します。
あの時はカッコウの泣き声を聞きに行ったのですが、この日も別れ間際に泣き声を少し聞く事が出来たと同時に、2匹(つがい?)のカッコウが頭上を飛び去る姿も見る事が出来ました。
気が付けば30分以上もお話ししてましたが、楽しい話は時間が過ぎるのも早いですね~
まだ、話し足りない所でしたが”萩往還”での待ち合わせ時間も押してきたので、又の再会を願いここを離脱です。
今度は何時お会いできるか判りませんが、出来れば早くお会い出来れば良いですね~~sign03

カルストロードは終点?大正洞の前をかすめて、杉ヶ峠~R400~雲雀峠~R262は萩往還へ・・・
R32に乗り、道の駅”萩往還”到着・・・
H8
駐車場に滑り込み、兄の姿が見えないので駅内を散策・・・
H9
萩だけに維新の志士たちの銅像が・・・吉田松陰・高杉晋作・久坂玄瑞・・・等々

山縣有朋・木戸孝義・伊藤博文
H91


品川弥二郎・山田顕義
H92

そして、駐車場で待っていたら・・・電話が・・
H93
どうもゲートを過ぎた反対側の駐車場にいたらしく慌てて移動sweat01・・・無事合流ですcoldsweats01

この後、萩・長門を経由して帰路に着くのですが、”ルートはお任せ!”って事なのでR191を避けた、以前から気になっていた、萩~三隅町の海岸伝いのルートを走る事に・・・

但し・・・これから先はソロでなく、兄と二人で駆ける時は基本立ち止まらずひたすら走る事になるので画像はありませんsweat01
よって、地図でそのルートだけでも・・・coldsweats01


その三隅町までは、大きく分けて二つのエリアに・・・
Map1_31
最初は、萩を流れる阿武川の河口から海岸伝いに西へ行き、三見の道の駅”さんさん三見”までの青く囲ったエリア・・・
後半は、三見から三隅町はR191と自動車専用道路・山陰道との合流地点に出る赤く囲ったエリア・・・

そして、最初の三見までのエリア・・・down
Map111
地図の右側の黄色↓、玉江駅から小原海水浴場を過ぎた辺りの海岸線までを走るエリアは・・・初めは狭い町の路地を走り(通行人に注意が必要)、その先の海岸線に出ても道幅は車二台は離合できない道幅で狭いうえ、JR山陰線を道が何度も横切るので当然の事、踏切での一旦停止を余儀なくされます。
ただ、海岸線に出た所からは景観が凄く良くなり、綺麗な海岸と断崖?の景観は思わずまた見に来たいと思いました。
画像が撮れていないのが残念で、機会があれば撮影しに行こうかと思います。
ただ、大型バイクはそれなりに神経も使いそうですが・・・sweat01

そして、その先・・・
海岸線から山に入って行く赤↓のエリア・・・
Map1_2
かなりの酷道ぶりです・・・・coldsweats01sweat01
海岸線から入ったと思ったらけっこう登って行きます・・・それも車一台、軽自動車がギリギリ?の道です。sweat02
しかも、小さい石ころは転がっているわ、真ん中は苔生してるわ、折れた枝が路面に落ちてバキバキ言うわsign02、一速・二速で走ります・・・coldsweats01
自分はともかく、”HONDA・X4”で後ろを走ってる兄はさぞ大変な事が予想され、申し訳なく・・・
どこまで続くんだろうか??少し不安でしたがなんとか三見に出て一安心・・・coldsweats01
そう言えば・・・兄とは長門から一ノ俣温泉に出る山道を雨の中走って神経をすり減らした覚えもあります・・・coldsweats01

三見を過ぎて以降・・・
Screenshot_20150520203849
青色でつづった経路がそうです・・・

道の駅”さんさん三見”辺りに出てから三隅までは、多少の起伏と道幅の変化はあれどバイクで走っても楽しいエリアでした。

画像が無いのが残念ですが、後にショップさんでお聴きすると・・・三隅~三見の間はマスツーリングでも結構走るそうですが、三見から先の萩までのルートは走らないそうですsweat01
今回走ってみて納得・・・ですねcoldsweats01

三隅町を過ぎてからは”R191”へ出て、長門の仙崎港の駐車場で暫し休憩・・・・・
その後は、”みのりロード”~粟野川沿いを走り帰路へ
無事帰還し、走行距離200キロの朝駆け?でした~~

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 朝駆け・・・向津具半島の海・棚田・風車・奇岩・巨木、最後に沈下橋 | トップページ | ”アプリリアRS125”のブレーキキャリパー・・・ »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

早朝だから車が少ないにしても、霧やモヤの中の走行は怖くないですか?
しかし、天気の良い朝は気持ちが良いですね~。

今回は萩、長門へ200㎞と、よく走られましたね。
特に日本海沿いは海が綺麗で気持ちがいいでしょう。

しかし、狭く石や木の枝が落ちてる道は怖いですねsweat01
私には無理かもしれません(笑)。

僕も久しぶりに萩に出かけて見ようかな?と思いました。

投稿: ななくま | 2015年5月20日 (水) 08時36分

☆ななくまさん、霧やモヤは余りに濃い場合は怖いですが、このくらいならそれなりのペースで走れました。^^
それよりもヘルメットのシールドに着く水滴の方が視界をそこねて困りものです・・・^^;
個人的には阿武川ダムまで行きたかったのですがそれはまた次回の楽しみにします。^^
萩から三見までの道は海岸線までなら良いのですが、山の中は止めた方が良いですね^^;
250cc以下のオフ車ならお勧めです!^^

投稿: ゾフィ | 2015年5月20日 (水) 21時10分

自分はRSになってからは単独走行のみなのですが、大型バイクとのツーってどうです?
たまにイタ車ツーに誘われるのですが、流石にducatiと走るのは…
100km以下で走るのが逆に難しい?(笑
リッターバイクとRS125ではやはり厳しい所があるのでしょうか。

投稿: azuyuzu | 2015年5月20日 (水) 22時36分

☆azuyuzuさん、大型バイクとのツーと言っても義兄なので私に合わせてくれてるんだと思います。^^

スピードを3桁に乗せれる広域農道の様な道ではその気になればあっという間に離されますね~coldsweats01
100PSを超えるバイクの一瞬の加速なんて尋常じゃないです!^^;
(azuyuzuさんの方が実際に体感されてますよね^^)
でも、3ケタに乗せられない県道の様な一般道のワイディングだったら、それなりに付いて行けなくもなさそうです。
それに、そんな走行ばかりしてたら免許も体も無事ではすまない気もしますし・・・^^;
でも、ツーのする方が熱いSS系のバイクだったら・・・相手に気を使わせるかもしれませんね~~coldsweats01

どちらにせよ、125CCだけお相手次第な気がします。
RSの動力性能なら、250㏄バイクとのツーが気にならない方なら多分大丈夫ではないかと・・・

投稿: ゾフィ | 2015年5月20日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61609626

この記事へのトラックバック一覧です: 朝駆け・・・秋吉台~道の駅”萩往還”~長門:

« 朝駆け・・・向津具半島の海・棚田・風車・奇岩・巨木、最後に沈下橋 | トップページ | ”アプリリアRS125”のブレーキキャリパー・・・ »