« 朝駆けで撮った画像の回想・・・ロード(道) | トップページ | 朝駆けで撮った画像の回想・・・”巡った風景とRS”編 »

”排気デバイス”の清掃と”プラグチェック”・・・

”RS125”の排気デバイス(バルブ)を清掃しました・・・(記録用にアップします。)

前回、清掃したのは4ヶ月前の去年の末、12月29日でした。
その時の走行距離・・・13,630キロ(2,000キロ走行で清掃)

今現在の走行距離・・・16,689キロ

前回の清掃から、3,000キロ走行してます。・・・(今年に入って3,000キロ走ってる事になりますね)

作業内容はこれまでと変わりないので省略しますが、記録用に画像はアップします。

因みに作業内容は↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-6e88.html


タンクを外した状態・・・
H1
さすがに購入後1年半、14,000キロ走ると少しずつ細かいところが汚れて来てます・・・sweat01
H2
購入直後、キャブレターのフロートからガソリンが漏れていた事以外は特に故障も無く、順調と言っていいのかもしれません。当たり車両なのか意外と丈夫??なのか・・・

それでも、ドライブチェーンはノンシールへ、チェーンローラーはDRC製へ、エアーフィルターはデイトナターボフィルターへ、バランスギヤは金属へ、ウォーターポンプオイルシール・インペラ、アイドルギヤ、ギヤオイル等々の消耗品は交換しています。
H3

クーラントリザーバータンク、バッテリー、バッテリーケースを外し、排気バルブを確認・・・
H4

排気バルブのケーシングとワイヤー接続部のラバーキャップが劣化?してひび割れて来てます。ワイヤーの取り回しも真っ直ぐでなく多少無理がある感じ?
H5
ラバーキャップについては、実は少し前にカウルの隙間からチェックした時にうすうす気が付いてはいたのですが、改めて間近で見るとしっかりひび入ってますねsweat01

このラバーキャップは、去年の4月に走行距離7,000キロで購入後初めて排気バルブを清掃した時にやはり切れていたので交換しましたが、定期的に交換が必要の様です。
因みに・・・ラバーキャップ パーツNO.AP0860460
 購入価格2014年4月当時 ¥2,100(税抜)

今回は、予備品を購入していませんのでガスケット共々そのまま再使用します。


キャップを外して、手でソレノイドのワイヤー部分を引っ張って動作確認・・・downH991

バルブが閉じた状態・・・down
H6

半開した状態・・・down
H8

全開した状態・・・down
H7

手で動かしたところ、動作初期に”ズルッ”と多少引っ掛かった状態でしたが、その後は問題なく動く状態でした。

取り敢えずバルブを外してみると・・・
H9
オイルが纏わり付いてます。このオイルが多少固まって動きはじめがズルッと引っ掛かり気味?だった様です。ただ、エンジンが温まったら多少は良くなる気もしないではありません・・・

表面の濡れたオイルを拭き取る取った状態。
H91
裏面・・・
H92

バルブを抜き取り・・
H93

ケーシング内もチェック・・・
H94

因みに前回・・・
M93

更にこれまでの様子・・・左から、4月29日(7,000キロ)、6月14日(9,150キロ)、10月5日(11,721キロ)
上側(シリンダー側)・・・
Zzz34
下側(排気側)・・・
Zzzz4

今回が特に汚れてたと言う事でもない様です。
ただ、チャンバーを社外品に換装してから、2ストオイルの銘柄をいろいろと試していたのでその影響も確認したい事もありましたが、それほど問題も無さそうでしたが多少ねっとりしてる気もします。
2ストオイルに関しては・・・
”MOTUL510-2T”(JASO FD) ⇒ ”ELF-MOTO2-TECH”(JASO FD)
へと試しましたが、最近また ”MOTUL710-2T”へ戻して様子を見ています。
    

何はともあれ・・・ワコースのエンジンコンディショナーと耐水ペーパー掛け・・・
H95

綺麗にしたところでケーシングに組み付け・・・
H96

H97

表面に2ストオイルを付け・・・
H98

装着・・・
H991
気休めに・・・ラバーキャップにシリコングリスを塗り込んで軽く拭き取っておきました・・・

以上で排気バルブの清掃は終了・・・後日走ってみましたが快調の様でした。それはまた今度・・・


ついでに各部をチェック・・・

先日、交換したバッテリーの液面チェック・・・(開放型ですから)
H992
新しいだけあってか?当然の事か?液面は全く変化なし・・・


スパークプラグもチェック・・・
前回交換したのは今年の1月24日、バッテリーの不具合からエンジンが掛からずプラグに問題があった訳では無さそうでしたが交換・・・
走行距離は14,000キロ辺り・・・”NGK・BR10EG”から熱価を落として”NGK・BR9EG”へ

H993
交換後、2,600キロ走行した状態になります。
朝駆けして、帰宅する時には家の近くでは車も多くなり高回転を維持しにくくなります。その為に比較的燻ぶった状態で家にたどり着く事になります。
その影響もあるのか、プラグのアース側周辺電極は真っ黒?
H994
今現在は、エンジンを廻せる状況下では12,000回転まで機嫌よく廻っている状態で高回転域は問題なさそうな状況です。よって、中心電極の碍子部は比較的焼けてるかな?・・・
中・低回転域(中・低速)では、5,000~6,000回転で走行していると燻ぶるのは相変わらずですが、それ以下の回転域ではトルクは薄くても問題なく廻っている状況です。
H995

もっと明るい太陽光の下で見ると・・・
H996
やっぱり、中心電極の碍子部とアース側中心電極は多少焼けてるようですが、周辺部は真っ黒です・・・

今現在は、メインジェット#130、エアースクリューはチャンバー換装時は全閉から3回転半戻しだったのが、3月頃?から3回転戻しと薄めの方向にしています。(RSは閉める、時計回りに廻すと薄くなります)
これから気温が上がり燃調も濃くなる方向に行くと思いますから、取り敢えずエアースクリュ―をもう少し薄めにして様子をみます。

プラグは電極間のギャップも問題なさそうなのでもう暫く使用する事にしました・・・


以上、このゴールデンウィークのメンテナンスは終了で~す。

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

|

« 朝駆けで撮った画像の回想・・・ロード(道) | トップページ | 朝駆けで撮った画像の回想・・・”巡った風景とRS”編 »

バイクの事・・・」カテゴリの記事

コメント

排気バルブワイヤーのキャップって直ぐ劣化しちゃいますよね〜
おまけにタダのキャップなのに高いし。
自分のはいつの間にか無くなってました(^^;;
只今代用品模索中です。
このキャップ外した状態でエンジンかけて上から見ると回転数に応じた排気バルブ自体の動きが良く確認できますょ。

投稿: azuyuzu | 2015年5月 6日 (水) 20時25分

☆azuyuzuさん、キャップは劣化しちゃいますね^^;
安ければ直ぐに購入するのですがあの価格では躊躇します・・・
キャップが無ければ確かに動きが見えますね!面白そうです^^
でも、上からってタンクを起こした状態でエンジンを掛けて覗き見るんでしょうか?

投稿: ゾフィ | 2015年5月 6日 (水) 21時04分

そうです、タンク起こした状態でエンジンかけます。
自分は頻繁にタンク起こしバッテリーにブースターケーブル繋いでエンジン始動してるので問題無いと思います。
燃料と負圧ホースの長さに個体差があるかもしれないので無理が無いか確認してください。

投稿: azuyuzu | 2015年5月 6日 (水) 22時45分

詳しいですね~。
僕には全く分かりません。
これほど分解して元に戻せるのかな~?と心配をします。(笑)

でも、自分でメンテナンスが出来るっていいですね。
大切に乗られてるのが分かります。
各部品はネットで購入ですか?

投稿: ななくま | 2015年5月 6日 (水) 22時46分

☆ azuyuzu さん、タンク起こした状態で掛けるんですね、以前エンジンが掛からない時に同じようにタンクを起こしてエンジン掛けた事はあります。
それ以来、家に止めている時はガソリンを少なめにしています・・・^^;
機会があればゴムキャップを外してバルブの動きをチェックして見たいですね!^^

投稿: ゾフィ | 2015年5月 6日 (水) 23時07分

☆ななくまさん、RSでは調子を維持しようと思えばどうしても排気バルブの清掃は必要になるので致し方なく・・・^^;
それ程分解してません、私も最初はどうなるかと思いましたが、何とか出来るようになりました。
部品は、バイクを購入したショップさんでも手に入ります。
ただ、在庫がない時はイタリア?からなので時間が掛かります・・・^^;
Rotaxのカートエンジンと共通の部品が幾らかあるのでその時はネットで購入してます。
それ以外でネットで購入しようとすると海外からネット購入になります。金額がまとまれば海外からの購入の方が安いのもこの手のバイクの特徴かも・・・^^;

投稿: ゾフィ | 2015年5月 6日 (水) 23時14分

メンテナンスの記事よく拝見してますが、本当に器用ですよね。
私もモンキーに凝ってた頃は4サイクルなので
簡単にばらしたりしてましたが、2サイクルは
大変みたいですね。

投稿: 084ライダー | 2015年5月 6日 (水) 23時34分

☆084ライダーさん、出来る事は限られていますがなんとか・・・^^;
4サイクルと違い、ヘッドにカムやバルブ等が無い分、2サイクルの方が構造が簡単でメンテナンス性は良いみたいですよ。
ピストン、ピストンリングの耐久性は4サイクルに比べ劣るので、自分で交換される方も多いようです。
私も挑戦したいところですが・・・ちょっと作業場が確保できません・・・^^;

投稿: ゾフィ | 2015年5月 7日 (木) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208238/61544681

この記事へのトラックバック一覧です: ”排気デバイス”の清掃と”プラグチェック”・・・:

« 朝駆けで撮った画像の回想・・・ロード(道) | トップページ | 朝駆けで撮った画像の回想・・・”巡った風景とRS”編 »