照明器具

季節により照明時間を変えています・・・

我が家では照明時間を季節により変えています。
S1
理由は水温管理がしやすい秋から冬、春に掛けては照明器具の点灯時間を長めに、どうしても水温が上がりやすくそれに伴い水槽内の調子が落ちる夏場は短くしています。
S2
夏場は帰宅し、エアコンを室内に回し始める16時半から17時に点灯し、23時に消灯の6時間ですが、涼しくなる10月、そして11月に掛けて徐々に早めに点灯し、点灯時間を長くしていってます。
S3
水槽用クーラーを設置していればこの様な作業をしなくともよいかも知れませんが、水槽用のクーラーを設置しない我が家では、どうしてもヒーターを使用する冬場の方が水温の管理が断然し易い状況です。
S4


そして、11月の今現在は・・・15時半に第一弾を点灯・・・down
R1
第1弾と言うのは2系統の内の1つ目、15時半にグランドソーラーⅠのメタハラのみを点灯します。
上の画像はその点灯直後・・・

メタハラは最初は暗いですが徐々に明るくなります、上の画像の点灯直後から数分経過した頃には少し明るさが増してきます・・・down
R2

数分後、更に明るくなり・・・down
R3
このメタハラのみの照明のまま30分~60分点灯します。

そして、その後に第2弾・・・グランドソーラー1のツイン管36W2本を点灯し、それと共に両サイドのヴォルテス30×2基も点灯し・・・down
R4
この状態で22時まで・・・
そして、22時過ぎた所でメタハラを消灯し、時間を置いて23時にグランドソーラーのツイン管とヴォルテス2基を消灯・・・
以上、これから来年の春過ぎ、水温が維持しにくくなる5月過ぎまでこの状態で行きま~~す。
点灯時間も長くなり、水草の育成もそれに伴い調子が上がってくれることを願います・・・
S5

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

グランドソーラーⅠのメタハラ球を交換しました・・・

秋になり気温も下がり、水温が安定して来たので照明器具の状態をアップする為に球を交換です。

夏場は気温が高く水温も上がるので、それに伴って水草や生体の調子も崩すことから私は敢えて球を交換する事は避けてますが、冷却用ファンが取り外せるこの時期からは照明器具のメンテナンスを兼ねて球を交換し性能を引き戻します。

そして先日、レッドフェアリーさんにお願いしていた、90cm水槽で使用中のグランドソーラーのメタハラ球が入荷していたので引き取りに行きました。

交換したメタハラ球は、ADA製 NAMH-150W です。

M1
グランドソーラーにはメタハラ以外にも36Wツイン管が2基付いていますが、ツイン管の方は今回は純正NAランプを使用せず、家電量販店でパナソニック FLP36EX-D(クール色:6700K)を1基台だけ購入し2基中の1基だけ交換しました。同時点灯した時の違いを見てみます。

M2

メタハラ球を交換する時の注意点は、素手で触らず必ず手袋を使用する事です。
交換するためには、グランドソーラーの本体に付いているマイナスに切っているネジを2本外すだけですが、思ったより大きな部品として外れるので注意します。
球をはめ込む時は片側から軽く且つしっかり押すようにはめ、片側が入ったところで反対側を差し込み確実にはまっている事を確認して終わりです。
その際にはメタハラ球自体の上下の向きに注意して下さい。突起がある方が上(本体側)になり水面下を照らす方に突起を向けない様に・・・
球を取り付けたら先程外したカバーを取り付けて終わりですが、出来れば取り付ける前にカバーに付いているガラスを綺麗にすると良いと思います。
M3
このグランドソーラーを我が家の水槽に取り付けたのは今年の5月ですが、実は店舗で使用していた中古品の購入でした。よって、店頭では1年近く使用していたと思われますのでこの度の交換と相成りました・・・

36Wツイン管のもう1本の方ですがこちらはもう暫く様子を見て交換します。
そして、両脇あるヴォルテスは交換せずまだまだ引っ張るつもりです・・・^^

M4
交換して気分も一新、明るい気分にもなりました~~^^
見えてるファンもそろそろ取り外しですね!


 

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

我が家にも”アクアスカイ”が・・・

我が家の30cmキューブ用の照明を、ADA製LEDライト”AQUASKY”に変更しました。

あちらこちらでレビューの記事を拝見し、今年の夏用に我が家にもと思い立った時は欠品中で今日やっと手にすることが出来ました。

Aq1

30cmキューブはこれまでエーハイム3灯式を2基乗せてました。そして、夏場の水温上昇対策にファンを設置してましたが、今年は子供部屋にしたので耳障りなファンの設置は難しいのでどうするか考えあぐねた所、発熱量が少ないLED照明器具がADAからも新発売されてのでこれに決めました。
Aq2

開封してみました、これまでのLEDライトに比較すれば、スタイリッシュでお洒落です!
Aq3

これまでの30cmキューブの照明・・・
Aq4
水草育成を主にしているので光量を稼ぐ為に付属のライトスタンドは使用していません、これでは水面を覆ってしまい夏場は辛いです・・・
Aq5

この2基を取り去りアクアスカイを・・・
Aq6
明るいです!、色味は蛍光灯とは若干違いますがこれまでのLED器具よりは水草育成用の照明器具の波長の色合いに近い気がします。
光量も文句無さそう・・・
Aq7
この水槽は陰性水槽的な趣が強いですが、中景から後景に掛けて若干の有茎種を挿しているので水草育成の検証は少しは出来るのではないかと思っています。
Aq8

発熱量は器具の上面ではかなり熱くなってる様ですが、器具の下部から水面は殆ど熱を感じない気がします。
それにこの光量なら専用スタンドに乗せた距離からでも充分な光量・明るさを感じます。

これでこの夏場の水温対策は90cmともに終わりました、何とか乗り切ってくれることを祈ってます・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

照明器具の変更、”グランドソーラーⅠ”へ・・・

ゴールデンウィークも今日で終わりです・・・sad
特別どこへ行くともなく、ただひたすら子供部屋を作る為に部屋の模様替えに明け暮れた数日間でした・・・
水槽を解体し、本棚、タンス、机等の移動、且つ解体。テレビも2台移動しそれに伴いデジタル・CS・BS各ケーブルの室内配線の変更、パイプベッドを組んだりと大忙しでした。

そんな疲労もピークに差し掛かってる中、昨夜と今朝で90cm水槽の照明器具を変更しました。
90cm水槽のこれまでの照明は・・・、
S1_2
以前に記事にもしましたが、家にあった60cm用の照明器具をありったけ乗せてました。

そして今回、やっと当初から予定していた照明器具に変更する事が出来ました。
昨夜は気も逸り、その内の1台を設置してみました・・・
M01
グランドソーラーⅠです、今まで置いてあった照明3台を取り除き、以前この日の為に用意してあったパイプスタンドに取り付け、安定器を取り付け設置したりと意外と手が掛かったのでこの日はこれで作業はいったん中止、翌日作業を続ける事としました。
ちなみにグランドソーラーに付属している吊り下げワイヤーの留め金具が使いづらいと聞いていたので、ホムセンでこんなものを購入してみました。
M21
たまたまあった商品で、疑心暗鬼で購入してみましたが、思ったより便利でとても使い勝手がよかったですhappy01
M22
ワイヤーを下から通して上でパイプに掛け、下って来た所でまた器具に通してお終いです。
上下のワイヤーどちらも横のスライド金具をずらすことによってロックが外れ微調整できます。
これで微調整して、本来の付属している留め金具で余ったワイヤーの部分を止める事で二重の安全策を図ろうかと思ってます。
そして、グランドソーラーⅠを点灯して水槽を撮ってみましたdown
M1
蛍光灯とはまた違った趣で、メタハラ特有の陰陽というか影が出来、水面の揺らぎもはっきり判るほどでした。
M2
真ん中はメタハラと36Wツイン管でとても明るいのですが、先人の方々が仰る通り左右の明るさに多少難点があるようです。

で、・・・翌日、今朝の事ですがその対策として照明器具の追加と配線の見直し等を行いました~
そして、こんな感じに・・・
M23
パイプスタンドにヴォルテスを左右2基追加です。
M24
これで左右の欠点を補いました。
と、言ってもショップで実践されてた方法をそのまんま参考にしただけですが・・・happy01
M31

水面右・・・down
M26
水面左・・・down
M25


左から見ると・・・down
M27
右から見ると・・・down
M28
中央部・・・down
M29
下から見上げると・・・down
M30
照明を変更した事により、タイマーの制御も2つに分けました。
グランドソーラーは安定器があるとはいえ100V6A以上に対応していないといけない様で、我が家のNT301では能力的に問題が発生する事もありそうなので、メタハラは他のタイマーへ変更。
ただ、グランドソーラーⅠはメタハラと36Wツイン管のコンセントが別々なので36Wツイン管とヴォルテスをこれまで使用してきたNT301で使用しました。
点灯のタイミングも少しずらして、メタハラが点灯した30分後にツイン管とヴォルテスが点灯するようにし、消灯時はその逆にメタハラ~ツイン管・ヴォルテスとしました。
これら、タイマーの配線廻りの変更も意外と手間で、取り敢えずこれで使用してみて次回の週末に良いようであれば、照明上部や水槽台下部の配線を見栄えのいいように止めていこうと思っています。

実はこのゴールデンウィークにはこの90cm水槽のフィルター4台も掃除してます。
その上、30cmキューブを移動、それに伴いメイン・サブフィルター2台の掃除し、40cmのフィルターは解体に伴い撤去とフィルターだけでもかなり手を焼きました・・・

その結果・・・以前60・40・30cmと3台の水槽があった水槽部屋は今は・・・down
S
立派な?子供部屋となりました~、3台水槽が並んでたとは思えません・・・
30cmキューブのみ辛うじて、このまま子供の部屋で維持していくつもりですが・・・子供だけに水槽を割らないように気を付けてね~・・・と心の中で祈ってます・・・

水槽解体に伴い、活着物がまた入れるところなくベランダのバケツへ・・・次回はよければその話題でも・・・

そうそう、最後にグランドソーラーⅠですが・・・実は新品ではありません、目を付けていた中古品を更に格安で頂くことが出来ました、何時もわがままをお聞き入れ頂き感謝しております有難うございました!^^

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

メタハラ・吊り下げ式ライト用スタンドの製作・・・

90cm水槽用にメタハラ用(吊り下げ式ライト)のライトスタンドを作ってみました。

作ったと言えば大袈裟ですネcoldsweats01
実は、ホームセンターで販売されているステンレスパイプを利用し、足りない部品は自作して補った次第です。
S2
購入したのはステンレスパイプで、販売されているサイズは大・小いろいろありますが、使用するのはφ19mmです。
本当はこれよりもう一回り小さいサイズでも良さそうですが、このサイズから上はエルボやチーズ、ソケットなど継ぎ手がいろいろと揃っていて、これ以下のサイズは継ぎ手類の種類が無かったのが一つ、そして、19mmのサイズは強度的にも充分な事と、これより大きいと見た目にもちょっと・・・大きすぎない!って感じでした。

ただ、問題があり、90cm水槽は我が家の狭い玄関に設置してある都合上、水槽台周りにはもうスペースが余りなく、壁などの梁を利用してパイプを固定するしかなさそうで、その為の都合の良い部材がホームセンターに無さそうだったので、固定用の金具は自作してみました。
S1
自作したのは梁の上で横に渡したパイプを受ける金具と、水槽台の横でパイプを垂直に受ける金具です。

まずは、最初にパイプを張る場所をスケールで寸法を取りながら仮止めしていきます・・・
S4
上部でパイプを横に受ける為の金具です。梁と言うには大袈裟ですね、化粧板の押さえみたいな物でしょうね、ここにタッピングビスで仮止めします。

水槽台左側は垂直方向にパイプを受けるのでその金具を止めます
S5
これも一応、壁や上の金具からと距離を測りながら付けてます。

パイプをサイズに合わせカットしていきます、カットするのはパイプカッターを使用すると楽です。down
S3
今では100金でも安く売られています、我が家も普段よく使用しています。
水槽の配管廻りのエーハイム等のパイプをカットする時も大活躍です。

パイプをチーズ等の継ぎ手を利用して繋いでいきます。
S6
チーズは横にパイプ固定用のセットボルトが付いているタイプと、付いていないタイプがありますが付いている方が後々しっかりと固定できるのでそちらを選びました。
S7

突き出した部分は、目隠し用にいろいろなタイプのキャップも販売されています。
S9
突き出た部分は無くても良いのですが、後々目に入る光の目隠し用の板をセットしたい時の為です。

S8

全体的に、こんな感じになりました~・・・
S91

掛かった経費です・・・
  ステンレスパイプ φ19mm×1820mm  3本   計2,550円
  チーズ19mm(セットボルト付)         3個   計1,000円
  キャップ19mm(2個入り)             1袋     計    100円  
                                   合計3,650円

今回は玄関廻りと言う事もあり、明るく見栄えの良いステンレスパイプを使用しましたが、他にも、我が家も小型の水槽台を作る時に何度か利用しましたが、イレクターパイプを使用するという方法もあります。

で、照明器具ですか?・・・・まだですけど・・・何か!gawk

その内に・・・揃えていきます・・・・ボチボチと・・・・coldsweats01
  
  

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

”30㎝キューブ”の蛍光灯交換とレッドビーの様子・・・他

レッド・ビー水槽にしている30㎝キューブ水槽の照明の球を交換しました。annoy

前回交換したのは何時の事でしょうか~・・・かるく1年以上いや、たぶん2年以上は交換していませんcoldsweats01

我が家の30㎝キューブの照明は、エーハイム3灯式のライトを2台使用しています。
今回はその内の1台を交換しました。これまで使用していた球は興和12000Kの8Wを3本でした。
K31
上は交換した後の画像です。

今回交換した球は・・・down
K33
真ん中の”テクニカ・レフクリアー 8W”の1本と、上下の”興和12000K”の2本です。
これらは買い置きがあったんで迷わず交換・使用しましたが、一度にこの3本を変えると軽く3000円を超えますdespair、考えようによっては新品のエーハイム3灯式が購入できます・・・coldsweats02
勿論、エーハイムに最初から付いている蛍光灯に比べ明るいのは確かですが、球を交換するべきか、心機一転新品を購入するか苦渋の決断が必要になるかもしれませんね・・・think

点灯すると・・・down
K32
興和も勿論明るいのですがテクニカはまた違った明るさを感じます。12000Kと13000Kの差以外にもテクニカは波長を450nmにピークがあるせいなのか、高ケルビンの割にはただ青白いのとは違う気がします。でも興和もその辺りに波長のピークがある様です・・・では蛍光管内のコーティングのおかげ???think
なにはともあれ、交換した後の様子・・・down
K34
かなり明るくった気がしますよ~~
リセット後、コケが生えてたので、今までは球はあっても交換せずにあえて明るくないのを好んでましたが、そろそろ水槽内も落ち着いてきたのでここらで明るくしてパンチを与えてみます^^

ついでにこの水槽の生体、レッド・ビーの画像でも・・・
K35
ミクロソリウム・トライデントリーフとビーです
K392
このトライデントリーフから小株がかなり取れて、今ではこれのやや小振りな株を2つ作りました^^
他にも・・・
K36
K37
K391
K38
K39
次回は他の水槽の話題を取り上げる予定です、宜しければまたどうぞ~^^

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

30cmキューブ、照明強化

以前から微妙に気になっていた30cmキューブの照明を強化してみました。

これまでは、エーハイム・3灯式30(8W×3、計24W)が1台と、
コトブキ・スカイライトフリー(専用球14W)、もしくはGEX・クリアライトフリーCL345(専用球11W)のどちらかを乗せていましたが、コトブキ、JEX共にやはり暗いのが気になっていました、今回はエーハイム3灯式30をもう1台追加して計2台24W×2台、トータルで48Wにしてみました

002

水槽はこんな感じ~、
30p
そう言ったって、これを見ただけじゃ変わったかどうか判りませんね・・・coldsweats01

更に、以前から使用していたエーハイム3灯式30の球もそろそろ交換する頃なので、ついでに、8Wの交換球も購入しときました、”テクニカ・レフクリアーランプ8W”です
005
これまでは興和8W12000Kを使用してましたが、行きつけのショップ”アクアハウス・M-Brand”さんがこの度、テクニカ製品の地区代理店になり、製品を置く事となり店内の展示水槽で使用しているのを拝見してその明るさと、興和品に比べかなり安いのが気に入りました~
この蛍光灯の特徴は、”蛍光管内部の内面約半周部に反射膜コーティングがしてあり、下方へ効率良く反射させる事により、ランプ直下の明るさが30%アップした”とありました。
但し、その為取り付け時の向きに気をつけないといけません。

ついでに、我が家の他の水槽の照明の紹介も・・・

60cm水槽です
6s
アクアシステム・旧アクシーツインです、もうかれこれ4年くらい使ってるんでしょうか?
デザイン、性能共に気に行ってます。
但し、もともと36WのPL管2本(計72W)だったのを、55W2本にして計110Wとして使用してます。

40cm水槽です、(お見苦しい裏の部分をお見せしてるようでお恥ずかしいですが・・・coldsweats01
4s
旧アクシー450(27W)と、アクシーキュート600(36W)の2台、計63Wで使用してます
今は40cm水槽ですが、45cmの水槽にしても対応出来るようになりました。

一番お金が掛る照明器具だけに、壊れない限りこれで行くつもりで~す

↓一応ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エーハイム3灯式30、交換球購入他

昨日の事ですが、朝早くにクワガタの幼虫を取り出した事は前回の記事の通りなんですが、その日の夕方、Mブランドさんより”エーハイム30用の交換球が入荷しました”とメールを頂いてたので取りに伺いました。

この度お願いしてたものは、興亜の12000Kの8W交換球です。
Www
40、60cm水槽はこの間、電球交換しましたが30cmはまだでした。
結構いい値段なのですが、そろそろ暗くなってきたので奮発してみました。
とりあえず1本当初から付いてた赤色灯のみを変えて、後はリセットした時に交換しようかな~と思います。

隣にあるのは、クハラの溶岩石を砕いた底砂です。実は20cmベタ水槽は現在アクアソイルアマゾニアパウダーを使用してますが、これを取り払ってこの溶岩石サンドを敷こうかと思ってます。
実は昨日20cm水槽のPHを計ったところ、なんと5.0とゆう数字で、いくらなんでもチョット低すぎない?とゆうことで、”原因はなんだろ~”と考えるに確信はないですがソイル位しか思い当たらず、こうなったらやっぱり”リセット!”ですよね~・・・・・

つい先日、20cm水槽を鉢底ネットで2部屋に分けペアリングしたばかりですが、まだ落ち着かない所でリセットとなりそうで、ベタにはストレス掛けどうしになるな~と思います。
また、20cm水槽では2室化しても限界があるのでコトブキのダックス35と45の価格を調べて貰ってた矢先のことで、色んなところで話が同時に進んでた事になっちゃいました。

Mブランドのオーナーに相談したところ、
 オーナー ”ダックス60なら以前店で使用してた物がありますよ~”
 我輩    ”でも、そうするとライト買わなきゃいけないし、いまお金ないですよ~”
 オーナー  ”それなら、コトブキの2灯式でよければ、ここに使ってないのがあるよ~”
てな会話がありまして、商談成立、格安で譲っていただく事になり、用意でき次第、連絡頂くことにして帰りました。
どうも話の進み具合からして、30cmキューブより此方が先にリセットとなりそうです

そして夕食後、ベタの水槽のPHを少しでも上げとこうかと思い、昨日に続き1/3を換水してみました。
点滴で少しずつのつもりが少し早かったようである異変が・・・・・
ひぇ~~こりゃ困った事に・・・・・・・・

今、20、30、40cm換水中につき多忙でして、申し訳ありません、続きは又、明日にでも・・・・・・10時過ぎても換水終わらず~まだ1時間弱掛かるかな~


オマケ画像、昨日のエサは自家製ホウレン草でした、
最近、他の問題が多く、エビのネタに行けませ~ん、ごめんなさ~い
Eee

↓一応ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明器具、球換え

日曜に60cmのアクシー600ツインのタマを換えましたが、今朝仕事に行く前に40cmのアクシー450のタマを交換しました。
仕事から帰って交換すると、照明ついており、熱くてすぐ交換できないので朝、消灯してる内に実行です。

実は60cmは1年半、40cmもそれに近いぐらい交換してませんでした、
今回、両方とも購入後初めてです。
いざ交換してみると、やはり明るいですね~
”1年に1回は出来れば交換しましょう”とは、よく言いますが 実感しました。

変わり映えのない、40cm水槽の様子ですが、かなり明るくなったんですよ!
Ttt
前面少し上に漂ってるのは、相変わらずのサジタリアのランナーです、それに葉から出たミクロソリウムの子株を放り込んだところ、絡まってしまった~とゆう状態です。
これからどうしようか悩んでます、入れる水槽もないし、ミクロソリウムは水上葉にして観葉植物にすることに挑戦してみようか~などと考えてますが、夏場ならいいんでしょうが、冬にかけては難しそうで躊躇してるんです。

そして、60cmの水槽も明るくなったせいか、水草も気泡を上げてます。

モスSpローライマディアングロです
Sss
そして、ホシクサも気泡を、改めて照明って大事ですよね~
Ddd
ちなみに、アクシーツイン600使用してますが、アクシーの交換球はPL36W専用球なんですが、アクシー900用のPL55W専用球が入るんです。
それで、1本は36W球にしましたが、もう1本は・・・・・・・・・・・
トータル91Wになりました、と言えば・・・・・・・
わかる方にはわかると思いますが、決して懸命な方は真似をしないように!
責任とれませんよ~、   自分もある方にお聞きして自己責任で行ってます~

次は、30cmキューブのエーハイム30センチ用3灯式の交換です、
そろそろ1年、最近、暗くなりました~


Mmm

↓一応ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

40cm水槽用アクシー450ライトリフト自作

以前にも少し触れましたが、40cmの水槽の(我が家はコトブキレグラス400)照明器具を選ぶ時いいのがなく、光量が欲しくて45cmのアクシー450(27W)を選びましたがメーカーに(アクアシステム)
”ライトリフトは装着できますか?”と訪ねた所、
”40cmには無理です”との返事があり、
仕方なく自作することにしました。

工作機械を使ってアルミニウムを下記のように削りだし水槽の縁に取り付けました。
2007824_015_2
アクシー専用のライトリフトを取り付けたのが下のものです
2007824_024
これと同じ物を反対側にも取り付け、ライトを装着したのが下記です
2007824_025

40cmではアクシー450は少し大きく、専用ライトリフトは付かないようでしたので、その分外に専用ライトリフトが付くようにステーを制作した訳ですが、工夫したところは、ライトリフトの取り付け形状に出来るだけ合わせた事です。
これと同じ様な物をとりあえずもう1組作ってあり2個乗せれるようにもしてます。

本当はステンレスで作りたかったのですが、手頃な材料がなく、加工性が悪く時間的余裕がなく(仕事の合間に造ったのだヘヘツ・・・)、とりあえず腐蝕とゆう欠点はありますが軽量なアルミでの制作となりました。


↓一応ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみて下さい↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧